プロジェクト リンク
EQT
MEDIA

BBS (参加メンバー限定)

趣旨説明
【Under the Sunってなに?】

【あなたもUnder the Sunに参加しませんか】

参加してくださる方は、上の「Under the Sunってなに?(趣旨説明)」の記事に参加表明のコメントを入れるか、あるいは参加表明エントリをTBしてください。

メールはこちらに
uts_home@excite.co.jp




プロジェクト参加メンバー
    現在119名

underground railroad
マイナス思考
希望をもちたい
ポラリス-ある日本共産党支部のブログ
にほん民族解放戦線^o^
鳥居正宏のときどきLOGOS
kimera25
ちろの はねっかえりブログ
どうする日本 北欧の福祉を日本へ
本当のことが知りたい!そして日本の未来を語りたい
プレカリアートのなく頃
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
社会民主主義者の声
poppoのブログ
競艇場から見た風景
花園はここにありました!
Saudadeな日々
PAGES D'ECRITURE
護憲+グループ・ごまめのブログ
そいつは帽子だ!
Meditations-現代の自省録。 現代人への金言集。
ricanikanmuri
老人党リアルグループ「護憲+」ブログ
音楽写真。音楽映像。photographer / Kaz tanaka
真silkroad?
ツァラトゥストラはこう言っている?
非国民通信
日本国憲法万歳
オヤバカ男の言いたい放題
津久井進の弁護士ノート
穴に向かって叫ぶ
風を変えよう
ICCで「人間の安全保障」
どこへ行く、日本。
関係性
tamyレポート
九条を考える
青山はここにありました~社会批判がてんこ盛り!!
星月夜
Lonesome-happy-days
高野 善道のブログ雑記帳
作図屋の独り言
アッテンボローの雑記帳
弱い文明。
そういちの平庵( ゚ ρ ゚ )ボーーーー
映画と出会う・世界が変わる
気まぐれな日々
楽我記画像メッセ
大津留公彦のブログ
正しい人のままで死なせてください。
アルバイシンの丘
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
★平和と健康★守ろう生かそう憲法9条25条
dr.stoneflyの戯れ言
観劇レビュー&旅行記と日記
Tomorrow is Another Happy
萌え萌え研究日誌
NHK独立運動
f t v 部炉具 -言葉の装い-
Some Kind of Wonderful
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
おにぎり的生活
川辺より
一滴の水
ペガサス・ブログ版
闘うリベラルのチャンネル
労働相談・JMIU博多協議会
日本国憲法擁護連合
ミクロネシアの小さな島・ヤップより
徒然気儘な綴方帳
エクソダス2005《脱米救国》国民運動
TONYの”あなたとJAZZとカクテルと・・・”
ヲシュレッター宣言
愚樵空論
あきおの日記
こんな日は、虹が出るんだ
真実のステートメント
とむ丸の夢
医療制度改革批判と社会保障と憲法
憧れの風
after 911
S氏の時事問題
妄想to悪口
カナダ de 日本語
考えてみよう
doll and peace
正直正太夫の時評
非国際人養成講座
Lovely Lovely
へっぶしんのニュースや日記
土佐高知の雑記帳
Cherchez la Cinemanie!!( 事件の裏に映画バカ有)
気韻頭日記
友だち一万人!
寝言日記
雑談日記(徒然なるままに、。)
反戦な家づくり
BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
北京でライフォ(≠2nd)!
Jovanniの"雨ニモマケズ"
かわうそ実記
世相春秋
独裁制をぶっこわそう!今こそ良識を持つ人は日本の民主化のために勇気を持って発言しよう
そぞろ日記
逍遥録 −衒学城奇譚−
小泉内閣の支持率が一桁台になるまで
華氏451度
はじめの一歩
再出発日記
Watermark
吾輩は猫である
BLOG BLUES
Les Chemins De La Liberte'
A tree at ease
tsurezure-diary-
晴耕雨読
toxandriaの日記
玄耕庵日乗
T.N.君の日記
以前の記事
最新のトラックバック
君よ永遠のうそをついてくれ
from BLOG BLUES
[政府の首脳は全員刑務所..
from 大津留公彦のブログ2
夏まつりが終わりました。
from 大津留公彦のブログ2
きっといいことがあるよ
from BLOG BLUES
ラジオは上杉隆、ニュース..
from 大津留公彦のブログ2
「プロメテウスの火」をコ..
from 大津留公彦のブログ2
ぴあ廃刊に想う、我がここ..
from BLOG BLUES
22人の期間工の挑戦(傍..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
あなたは原発推進ですか廃..
from 大津留公彦のブログ2
俺たちは部品じゃない、人..
from 大津留公彦のブログ2
ソニーは22人の雇い止め..
from 大津留公彦のブログ2
盛田 昭夫さんの教えをス..
from 大津留公彦のブログ2
「人間は忘れることによっ..
from 大津留公彦のブログ2
平成23年中島らもの祥月..
from BLOG BLUES
「旧体制の政治警察」とし..
from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
頑張れ!藤波心「反原発の..
from 大津留公彦のブログ2
制服向上委員会がフジロッ..
from 大津留公彦のブログ2
「原発の電気は安い」は本..
from 大津留公彦のブログ2
負けらんない--日替わりコラム(金曜日:T.N.君の日記)
 日替わりコラム金曜日のT.N.君の日記です。皆さん一流の文章家だし、気合入っているしで緊張しまくりでございます。

 僕は信州の僻地で育ちました。僻地も僻地、ベビーブームの時でしたが1学年16人しかいませんでした。3歳で保育園に通園し、中学を卒業するまで12年間、ずーっと同じクラスメートと過ごしました。さぞいじめなんかなく、みんな仲良く少年時代を過ごしたのねと思われるかもしれません。確かにいじめはあまりなかったし、上級生をお兄ちゃん、お姉ちゃんと呼んで、兄弟のように遊んだりしていました。小学生の頃は楽しかったのですが、だんだん自我らしきものが芽生えて来ると、とても窮屈に感じるようになりました。部活なんかで後輩を不条理にしごいている同級生を見て、「止めろよ」と言っても、「お前だって昔よくやってたくせによ」と言われて返答に窮し、真剣10代しゃべり場みたいな疑問を抱いても、それを友達と分かち合える気がしませんでした。気になる女の子もいたけれど、こんな狭い世間で好きもへちまもないだろうと切り捨てていました。ある意味僕は鼻持ちならない自意識過剰野郎だったのです。だからずーっと悶々とした中学時代を過ごし、早く高校に行きたい、もっと広いところに行きたいと思い続けていました。




 実家から高校に通うには朝6時のバスに乗っても1時間目に間に合いません。帰りも4時半を過ぎると家に帰ることが出来ませんでした。だから僕は高校の近くの寮に入って学校に通いました。親元を離れての一人暮らしや1学年400人にも及ぶ人に圧倒されて萎縮している子もいましたが、僕は新しい世界が嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。
 隣の席に座った奴は、テストの点がいいだけでなくかなりの読書家で、学校の勉強以外にもなんでも良く知っていました。前に座った女の子はバイオリンを習っていてコンクールでも入賞するような子でした。同級生の英語の発音はまるでラジオから聞こえてくるような発音でしたし、先輩の話や友人との何気ない会話が刺激的で毎日が驚きの連続でした。すげーなー、すげー奴っていっぱいいるな。いろんなところに秀でた奴がいるんだな。俺も負けてらんないな、テストでいい点を取るとかじゃなく、なんか人間的に負けらんないなと思いました。そんな訳で、一生懸命背伸びをして過ごした16歳でした。その後、なんとなく自分のポジションを見つけて、したりしなかったりの気まぐれな背伸びでしたが、目一杯刺激的に高校生活を送りました。そういう凄い奴らからの刺激が僕の礎を作ってくれているように思います。

 僕は鼻持ちならない自意識に触れると、昔の自分を思い出して穴があったら入りたくなる程恥ずかしくなるけれど、凄い奴らのいる世界を求めて挑戦する人には心からエールを送りたいです。僕自身も、すごい人にたくさん出会い、もっと深みのある人に出会い、卑屈になることなく圧倒される感性を大切にしたいと思っています。そしてやっぱり自分は凡人だと自覚して、負けらんないなとちょっぴり背伸びしながら、「僕のものさし」を求めて、再び自分を試したいと思っています。勝ちたいとか、打ち負かしたいとか、ざまあみろっていうような競争じゃなくって、自分も負けらんないなという切磋琢磨に身を置いていきたいなと思います。

 けれど最近、多様性だとか言われてるけれど、「ものさし」が「効率とか要領」という本当に限定された「ものさし」しかなくなってしまい、みんながそれに一直線に並んでいるように思えてなりません。僕が圧倒された凄さとは、もちろん「世の中本当に要領のいい人はいるなー」というのもあったけれど、「なんだ、この正義感は」「なんちゅうユーモアだ」「凄い洞察力だなー」「たまげた粘り腰だな」と、必ずしも要領のよさではなかったし、何よりも、「なんだこの人の懐の深さは」というヒューマニズム溢れる人に圧倒されてきました。圧倒される価値が沢山あったから、負けらんないと自分の価値を見出そうと思えたし、その甲斐があると信じれたように思います。自分が年を取ったせいなのか、効率というたった一つのものさししかない昨今、何に負けらんないのかを見失い、負けらんないと克己することに、とても虚しさを感じてしまいます。

 みんな頑張ってる。頑張らないと自らの価値が消えてしまう、そう思ってみんな頑張っている。一つの価値に支配された「蜘蛛の糸」をどうにかしないと、頑張っても頑張ってもみんな消えてしまう運命にあります。頑張り甲斐のある社会とはアメリカンドリームなんかじゃなくて、色々なものさしで人を評価できる、そういうものさしをたくさん含んだ社会なんじゃないかと思います。
    ブログランキング・にほんブログ村へ 
       ↑よければクリックお願いします↑

Under the Sunの趣旨運営方針にご賛同くださる方は、下記記事にTBあるいはコメントをお寄せください。
『降り注ぐ太陽の下、誰もが幸せに暮らせるように』

[PR]
by uts_home | 2006-04-14 00:00 | コラム
<< 「春」の思い出-抵抗の「出発点... 七歩の詩(2)--日替わりコラ... >>
トップ

プロジェクト ホーム
by uts_home
   新着情報


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑各種ランキングに参加しています。投票、よろしくお願いします。
カテゴリ
検索
人気ジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧