プロジェクト リンク
EQT
MEDIA

BBS (参加メンバー限定)

趣旨説明
【Under the Sunってなに?】

【あなたもUnder the Sunに参加しませんか】

参加してくださる方は、上の「Under the Sunってなに?(趣旨説明)」の記事に参加表明のコメントを入れるか、あるいは参加表明エントリをTBしてください。

メールはこちらに
uts_home@excite.co.jp




プロジェクト参加メンバー
    現在119名

underground railroad
マイナス思考
希望をもちたい
ポラリス-ある日本共産党支部のブログ
にほん民族解放戦線^o^
鳥居正宏のときどきLOGOS
kimera25
ちろの はねっかえりブログ
どうする日本 北欧の福祉を日本へ
本当のことが知りたい!そして日本の未来を語りたい
プレカリアートのなく頃
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
社会民主主義者の声
poppoのブログ
競艇場から見た風景
花園はここにありました!
Saudadeな日々
PAGES D'ECRITURE
護憲+グループ・ごまめのブログ
そいつは帽子だ!
Meditations-現代の自省録。 現代人への金言集。
ricanikanmuri
老人党リアルグループ「護憲+」ブログ
音楽写真。音楽映像。photographer / Kaz tanaka
真silkroad?
ツァラトゥストラはこう言っている?
非国民通信
日本国憲法万歳
オヤバカ男の言いたい放題
津久井進の弁護士ノート
穴に向かって叫ぶ
風を変えよう
ICCで「人間の安全保障」
どこへ行く、日本。
関係性
tamyレポート
九条を考える
青山はここにありました~社会批判がてんこ盛り!!
星月夜
Lonesome-happy-days
高野 善道のブログ雑記帳
作図屋の独り言
アッテンボローの雑記帳
弱い文明。
そういちの平庵( ゚ ρ ゚ )ボーーーー
映画と出会う・世界が変わる
気まぐれな日々
楽我記画像メッセ
大津留公彦のブログ
正しい人のままで死なせてください。
アルバイシンの丘
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
★平和と健康★守ろう生かそう憲法9条25条
dr.stoneflyの戯れ言
観劇レビュー&旅行記と日記
Tomorrow is Another Happy
萌え萌え研究日誌
NHK独立運動
f t v 部炉具 -言葉の装い-
Some Kind of Wonderful
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
おにぎり的生活
川辺より
一滴の水
ペガサス・ブログ版
闘うリベラルのチャンネル
労働相談・JMIU博多協議会
日本国憲法擁護連合
ミクロネシアの小さな島・ヤップより
徒然気儘な綴方帳
エクソダス2005《脱米救国》国民運動
TONYの”あなたとJAZZとカクテルと・・・”
ヲシュレッター宣言
愚樵空論
あきおの日記
こんな日は、虹が出るんだ
真実のステートメント
とむ丸の夢
医療制度改革批判と社会保障と憲法
憧れの風
after 911
S氏の時事問題
妄想to悪口
カナダ de 日本語
考えてみよう
doll and peace
正直正太夫の時評
非国際人養成講座
Lovely Lovely
へっぶしんのニュースや日記
土佐高知の雑記帳
Cherchez la Cinemanie!!( 事件の裏に映画バカ有)
気韻頭日記
友だち一万人!
寝言日記
雑談日記(徒然なるままに、。)
反戦な家づくり
BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
北京でライフォ(≠2nd)!
Jovanniの"雨ニモマケズ"
かわうそ実記
世相春秋
独裁制をぶっこわそう!今こそ良識を持つ人は日本の民主化のために勇気を持って発言しよう
そぞろ日記
逍遥録 −衒学城奇譚−
小泉内閣の支持率が一桁台になるまで
華氏451度
はじめの一歩
再出発日記
Watermark
吾輩は猫である
BLOG BLUES
Les Chemins De La Liberte'
A tree at ease
tsurezure-diary-
晴耕雨読
toxandriaの日記
玄耕庵日乗
T.N.君の日記
以前の記事
最新のトラックバック
君よ永遠のうそをついてくれ
from BLOG BLUES
[政府の首脳は全員刑務所..
from 大津留公彦のブログ2
夏まつりが終わりました。
from 大津留公彦のブログ2
きっといいことがあるよ
from BLOG BLUES
ラジオは上杉隆、ニュース..
from 大津留公彦のブログ2
「プロメテウスの火」をコ..
from 大津留公彦のブログ2
ぴあ廃刊に想う、我がここ..
from BLOG BLUES
22人の期間工の挑戦(傍..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
あなたは原発推進ですか廃..
from 大津留公彦のブログ2
俺たちは部品じゃない、人..
from 大津留公彦のブログ2
ソニーは22人の雇い止め..
from 大津留公彦のブログ2
盛田 昭夫さんの教えをス..
from 大津留公彦のブログ2
「人間は忘れることによっ..
from 大津留公彦のブログ2
平成23年中島らもの祥月..
from BLOG BLUES
「旧体制の政治警察」とし..
from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
頑張れ!藤波心「反原発の..
from 大津留公彦のブログ2
制服向上委員会がフジロッ..
from 大津留公彦のブログ2
「原発の電気は安い」は本..
from 大津留公彦のブログ2
25歳--日替わりコラム(金曜日:T.N.君の日記)
 25歳は「青春」というには少し年を取っていて、むしろ青臭い青春に別れを告げ思慮分別を持たなきゃなーなどと思い始める年頃でしょうか。実に難しい年代設定と、気恥ずかしさと臆病さで相変わらず衒った文章になってしまう金曜コラムニストのT.N.君の日記です。

 「青春」と聞いて真っ先に僕の脳裏に浮かび上がるのは、植村直己の『青春を山に賭けて』という本です。彼がマッキンリーで遭難しテレビで彼の名前を知った僕は、中学生の読書感想文用の学校図書で「植村直己の物語」を読みました。そこで「植村直己は心の底から湧き上がる夢を持っていた。彼の夢はとてつもなく大きくて、そしてとても素敵な夢だと思った。けれども彼の夢はなぜあんなにも切迫感で一杯なんだろう。切迫感ゆえに彼は遭難してしまったのではないか。夢に生き夢に散った彼の物語は僕に勇気を与えてくれるけれども悲しい。」と感想を書いた記憶があります。その後、『極北を駆ける』や『北極点グリーンランド単独行』などを読み漁り植村直己の魂の濃さに圧倒され、また、エスキモーの人々との交流や犬や生き物に寄せる愛情、厳しい天候を嘆く等身大の植村直己に、中学生のときに誰かの書いた本で感じた切迫感に追われる植村直己という印象はなくなっていました。とはいえ最近読んだ妻への手紙は恥ずかしくて半分までしか読めませんでしたが。



 大学生の時分、たまたま北極圏を単独徒歩で横断した大場満郎さんの講演を聞きました。百姓だった彼は突然30を前にして、植村直己への憧憬から自分も植村さんみたいに生きたい、何かしたいという衝動にかられ、そうだ北極圏単独徒歩横断をしようと決意します。衝動を抑えられずに植村さんに会いに行き興奮気味の大場さん。植村さんはそうかそうかと話を聞いて、「それならこのダウンを持っていきなさい」とグリーンランド犬橇横断したときのダウンを下さった。これが大場さんの冒険のお守りだったと話していました。
 凄いなー。僕も植村直己の生き様に強い憧憬と勇気を与えられるけれど、その心境に近づきたいと思わせる植村直己はやっぱ凄いなーと、下宿でゴロゴロしながら彼の本を読み直していました。

 僕の青春は本当にたいしたことないのですが、大学の授業よりも競技スキーにはまっていました。小学生の頃スキー場が近かったこともあり競技スキーをしていましたが、東北の大学に進学したこともあり、もう一度やってみたくなったのでした。運動には走る、泳ぐ、跳ぶ、投げる、蹴るなど色々あるけれど、滑るという運動はスキーぐらいしかなく、競技スキーともなると足裏や全身を通じて感じ取る感覚をもっと研ぎ澄まして運動に連動しなくてはいけないのでとても奥が深いスポーツです。しかしいい成績を出すにはそれなりに道具にお金をかけなくてはいけないのが玉に瑕。だから学生時代は色々なアルバイトをして活動費を捻出していました。もっとお金があったらもっといい物もいい練習環境も手に入れたかったけれど、自分でアルバイトしたお金で精一杯やりくりし、地元の人の好意に支えられ、部員同士で協力し合ってやるそういう環境で競技スキーをやることに凄く充実感を感じていました。

 でも、だんだん勉学が忙しくなると部活動も引退しなくてはならず、そろそろ将来をまじめに考えなきゃと進路のことに悩むようになりました。そこで参考にと先輩達を見て、ふとなんでみんな卒業すると恋人と別れちゃうんだろうという疑問が湧きあがりました。当時、『子供を持つと夫婦に何が起こるか』(草思社)なんていう本に感化されていたこともあり、まず進路を考えるときにそのこと、つまり結婚を抜きには考えることが出来なくなりました。結婚という枠の中でお互いがやりたいことを実現できるように相談し、方向を模索していく方が現実的なのではないかと思うようになり、学生の分際で結婚してしまったのです。結婚式は僕の実家で双方の両親と兄弟だけで盛大に行い、翌日はみんなでピクニックに出かけました。長期休暇にはどちらかのお家に帰省してお互いの両親と色々な話をしました。

 25歳の頃は、妻を一人東北に残し単身大阪に出てきた頃です。それまでは結婚しているとは言え両親の仕送りを当てにしていたので、それからは僕が妻に仕送りをしなくてはいけません。我儘を許してくれた両方の両親に心の中で頑張りますと宣言した25歳でした。
 そして妻は、T.N.君の日記とUnder the Sunを心から応援してくれています。
 あー恥ずかしいー。 退却ー。
[PR]
by uts_home | 2006-05-12 01:45 | コラム
<< 25歳のころ-連載コラム6回目 七歩の詩(5)--日替わりコラ... >>
トップ

プロジェクト ホーム
by uts_home
   新着情報


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑各種ランキングに参加しています。投票、よろしくお願いします。
カテゴリ
検索
人気ジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧