プロジェクト リンク
EQT
MEDIA

BBS (参加メンバー限定)

趣旨説明
【Under the Sunってなに?】

【あなたもUnder the Sunに参加しませんか】

参加してくださる方は、上の「Under the Sunってなに?(趣旨説明)」の記事に参加表明のコメントを入れるか、あるいは参加表明エントリをTBしてください。

メールはこちらに
uts_home@excite.co.jp




プロジェクト参加メンバー
    現在119名

underground railroad
マイナス思考
希望をもちたい
ポラリス-ある日本共産党支部のブログ
にほん民族解放戦線^o^
鳥居正宏のときどきLOGOS
kimera25
ちろの はねっかえりブログ
どうする日本 北欧の福祉を日本へ
本当のことが知りたい!そして日本の未来を語りたい
プレカリアートのなく頃
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
社会民主主義者の声
poppoのブログ
競艇場から見た風景
花園はここにありました!
Saudadeな日々
PAGES D'ECRITURE
護憲+グループ・ごまめのブログ
そいつは帽子だ!
Meditations-現代の自省録。 現代人への金言集。
ricanikanmuri
老人党リアルグループ「護憲+」ブログ
音楽写真。音楽映像。photographer / Kaz tanaka
真silkroad?
ツァラトゥストラはこう言っている?
非国民通信
日本国憲法万歳
オヤバカ男の言いたい放題
津久井進の弁護士ノート
穴に向かって叫ぶ
風を変えよう
ICCで「人間の安全保障」
どこへ行く、日本。
関係性
tamyレポート
九条を考える
青山はここにありました~社会批判がてんこ盛り!!
星月夜
Lonesome-happy-days
高野 善道のブログ雑記帳
作図屋の独り言
アッテンボローの雑記帳
弱い文明。
そういちの平庵( ゚ ρ ゚ )ボーーーー
映画と出会う・世界が変わる
気まぐれな日々
楽我記画像メッセ
大津留公彦のブログ
正しい人のままで死なせてください。
アルバイシンの丘
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
★平和と健康★守ろう生かそう憲法9条25条
dr.stoneflyの戯れ言
観劇レビュー&旅行記と日記
Tomorrow is Another Happy
萌え萌え研究日誌
NHK独立運動
f t v 部炉具 -言葉の装い-
Some Kind of Wonderful
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
おにぎり的生活
川辺より
一滴の水
ペガサス・ブログ版
闘うリベラルのチャンネル
労働相談・JMIU博多協議会
日本国憲法擁護連合
ミクロネシアの小さな島・ヤップより
徒然気儘な綴方帳
エクソダス2005《脱米救国》国民運動
TONYの”あなたとJAZZとカクテルと・・・”
ヲシュレッター宣言
愚樵空論
あきおの日記
こんな日は、虹が出るんだ
真実のステートメント
とむ丸の夢
医療制度改革批判と社会保障と憲法
憧れの風
after 911
S氏の時事問題
妄想to悪口
カナダ de 日本語
考えてみよう
doll and peace
正直正太夫の時評
非国際人養成講座
Lovely Lovely
へっぶしんのニュースや日記
土佐高知の雑記帳
Cherchez la Cinemanie!!( 事件の裏に映画バカ有)
気韻頭日記
友だち一万人!
寝言日記
雑談日記(徒然なるままに、。)
反戦な家づくり
BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
北京でライフォ(≠2nd)!
Jovanniの"雨ニモマケズ"
かわうそ実記
世相春秋
独裁制をぶっこわそう!今こそ良識を持つ人は日本の民主化のために勇気を持って発言しよう
そぞろ日記
逍遥録 −衒学城奇譚−
小泉内閣の支持率が一桁台になるまで
華氏451度
はじめの一歩
再出発日記
Watermark
吾輩は猫である
BLOG BLUES
Les Chemins De La Liberte'
A tree at ease
tsurezure-diary-
晴耕雨読
toxandriaの日記
玄耕庵日乗
T.N.君の日記
以前の記事
最新のトラックバック
君よ永遠のうそをついてくれ
from BLOG BLUES
[政府の首脳は全員刑務所..
from 大津留公彦のブログ2
夏まつりが終わりました。
from 大津留公彦のブログ2
きっといいことがあるよ
from BLOG BLUES
ラジオは上杉隆、ニュース..
from 大津留公彦のブログ2
「プロメテウスの火」をコ..
from 大津留公彦のブログ2
ぴあ廃刊に想う、我がここ..
from BLOG BLUES
22人の期間工の挑戦(傍..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
あなたは原発推進ですか廃..
from 大津留公彦のブログ2
俺たちは部品じゃない、人..
from 大津留公彦のブログ2
ソニーは22人の雇い止め..
from 大津留公彦のブログ2
盛田 昭夫さんの教えをス..
from 大津留公彦のブログ2
「人間は忘れることによっ..
from 大津留公彦のブログ2
平成23年中島らもの祥月..
from BLOG BLUES
「旧体制の政治警察」とし..
from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
頑張れ!藤波心「反原発の..
from 大津留公彦のブログ2
制服向上委員会がフジロッ..
from 大津留公彦のブログ2
「原発の電気は安い」は本..
from 大津留公彦のブログ2
大人のオススメ本「ルバイヤート」-ゲストコラムニスト早雲さん
 晴耕雨読の早雲こと玄耕庵、素楽のおやじでございます。親友のTN君をはじめ皆様には愚息が大変お世話になっているとのこと、先ずは御礼申し上げます。

 さて、先日、miyauさまからゲスト・コラムニストの指名を受まして、内心うろたえましたが、おやじの見栄で「快諾」したしだい。しばし駄文におつきあい下さい。







 この詩集、「ルバイヤート」に出会ったのはかれこれ40年ほども前のこと。当時の私は「キュウ・テイダイ」になんとか滑り込んで、初めて家を離れ下宿生活を送っていた。暇をもてあまし、岩波100選などというものを一度に全部買い込んでは日に5,6冊も読むなどと無茶な読書をしていた頃のことだ。

 一体読書などというもの、自然に包まれて育った健康なよい子のすることではない。その点せがれの素楽はよい子に育ってくれた。私の自慢である。 話が逸れてしまった、暇を持て余しているとはいえ、なぜにこんな乱読をしていたかと言えば、一つの強迫観念からである。





 当時、私は理屈が勝ち、情緒的な人間ではなかった。感情、感動というものがあまりないと回りの人間には思われていたようだ。幼少の頃の友人達は私を面と向かっては「博士」と呼んでいたが、心の中では「ロボット」、機械のようだと思っていたものも多かったようだ。 

 私は、自分自身の価値体系というものを持ち合わせていなかったのである。この点はいまだに怪しいのであるが。感情、感動も勿論有ったのだが、それが周りの人間に通じるかどうか自信が無く、表現が遠慮がちになることが多かった。 まあこんなことは、世慣れていない若者にはありがちなことである。また、私はまだ人生をはじめたばかりで、価値体系はおろか、守るべきもの、大切なものをまだ持っていなかっただけなのであった。

 しかし当時の私は、このことが人としてあるまじきことにおもえ、脅迫観念となっていた。そして、自前の「リンリ」「テツガク」を持とうと焦っていた。

 そこで、ソクラテス、プラトン、アリストテレスから始まって、ニーチェ、キェルケゴール、ソシュール、実存主義、構造主義など手当たり次第に読みあさった。哲学事典、歴史書、キリスト教、仏教などの宗教書などを紐解きはじめたのもこの頃である。

 この頃、老子、論語、孫子、史記、プルターク英雄伝、などと前後して手に入れたのが、「ルバイヤート」である。老子、孫子、プルターク、そしてオマル・ハイヤームはそのずっと手元に置くことになる。



解き得ぬ謎



チューリップのおもて、糸杉のあで姿よ、

わが面影のいかばかり麗しかろうと、

なんのためにこうしてわれを久遠の絵師は、

土のうてななんか飾ったものだろう?




若き日の人生への懐疑、後のイスラム哲学史上最も鮮明な唯物主義無神思想家の出発である。



魂よ、謎を解くことはお前には出来ない。

さかしい知者の立場になることは出来ない。

せめては酒と盃でこの世に楽土をひらこう。

あの世でお前が楽土にいけるときまってはいない。




造化の神を「さかしい知者」と言い切ってしまうオマルである。

ついでに、来世も否定してしまう。



生きてこの世の理を知り尽くした魂なら、

死してあの世の謎も解けたであろうか。

今おのが身にいて何もわからないお前に、

あした身をはなれて何がわかろうか?




生きのなやみ



地を固め天のめぐりをはじめたお前は

なんという痛恨を哀れな胸にあたえたのか?

紅玉の唇や蘭麝の黒髪をどれだけ

地の底の土の小宮にいれたのか?



神のように宇宙が自由に出来たらよかったろうに、

そしたらこんな宇宙は砕きすてたろうに。

何でも心のままになる自由な宇宙を

別に新しくつくり出したろうに。



若き日の謎を解くためにひたむきに真理を求め学問に没頭してゆく。

しかし、やがて、人間の自我にはかかわりなく、彼の生まれる前からそして彼の死後にも永劫に存在する自然の客観的リアリティーの認識、すなわち唯物論的自然観へと到達する。



われらの後にも世は永遠に続くよ、あゝ!

われらは影も形もなく消えるよ、あゝ!

来なかったとてなんの不足があろうあゝ!

行くからとてなんの変わりもないよ、あゝ!




短い人生への歎きではある。しかしその根底にある自然観、生命観は厭世に流れない、徹底した現世肯定、環境への適応を説く。



時はお前のために花の装いをこらしているのに、

道学者の言うことなどに耳をかたむけるものでない。

この野邊をを人はかぎりなく通って行く、

摘むべき花は早く摘むがよい、身を摘まれぬうちに。




彼の懐疑、無常観は学問が進むにつれても解消せず、生長し、深められて宇宙的広がりを持つに至った。精神は物質から生じたものであり、生命が物質の燃焼であることも知った。物質そのものは壺となり瓦となって変転を繰り返すのに、個我の生命だけは一度死ねば永遠に帰ってこないこともた知った。有と無の現象を知り、変転の本質を知り、宇宙の法則を知った。

 しかし認識が深まれば深まるほど、自我の認識の限界を知らざるを得なかった。



 ここで、私の思考は脱線する。 

 生命の必要条件は「局所」的なエントロピーの減少である。宇宙全体はエントロピー増大、つまり平均化、無秩序化へ向かう、つまりはネガティブ・フィードバックのループ内にある。

 その中で、物質、エネルギーの流れのゆらぎが局所的にポジティブ・フィードバックを生じさせた。局所すなわち外界と区分される特異点である「場」はエネルギーと物質を外界から取り込みその「場」固有の常数で定められるスペクトルを持って発振し続ける。外界には、廃熱、廃物を捨てる。「場」の存在は必ず外界(環境)を変え、外界の変化は常数を変え、発振のスペクトルを変化させる。

このように、「生命」である「場」は非定常開放系であるといえる。



 一つの生命である細胞が多数集まり、各々の置かれた「場」に応じた機能を分担し、生物というオーケストラのパートを務める。

 多様なスペクトルを持つ、多様な楽器で演奏される調べ自体がある時自意識を持った。自我とはこの様なものであろうか?

 生命は変化であり、変化を止めれば何も存在しない。すなはち、非定常、無常ということは生命にとって最も本質的な属性である。



 生命は、変化を止めたとき、また局所性を失ったとき、環境に帰る。

まさに、自己同一性を保つためには変化し続けなければならない、という矛盾を根底に抱えているのが生命である。

 生命にとっての敵は、平均化である。平均化に抗い続ける特異点が生命で有るからである。しかしいつかは必ず抗いきれず環境に吸収される。

 

 もう一つの生命の特徴は、局所性とは矛盾するかのようではあるが、常に外界とやりとりをせずには存続できないと言うことである。物質の供給、エネルギーの供給が絶えれ、廃熱、廃物を外界に捨てられなければまた環境に吸収され生命は消え去る。



この「生命」の特質は、生命である人間の創り出す集団についてもまた当てはまるのではないか?

 グローバル化は人間の局所的な集団である「コミュニティー」にエントロピー増大による「熱死」をもたらすのではないか?

 市町村合併などは「局所性」を喪失させ、地域の生命を奪っているだけではないのか?

 地域社会への物質、エネルギーの供給は絶たれてしまうのか?



 局所的なエントロピー減少である生命は、外界のエントロピーを増大させ続ける。全体のエントロピーを増大させるための、いわば攪拌機が「生命」なのだろうか?

部分的な秩序を創ることでかえって全体の平均化、無秩序さを増やしているだけなのか?



などと、オマルを読みながら果てもなく脱線し続ける。

40年前、30年前、...そして現在もオマルの生き様にふれるたびに新たな思いが励起される。



最後に



人生はその日その夜を歎きのうちに

すごすような人にはもったいない。

君の器が砕けて土に散らぬまえに、

君は器の酒のめよ、琴のしらべに!




オマル・ハイヤームは、1040年頃ペルシャのホラサン州の州都で生まれた。このころ日本では後朱雀天皇の御代、摂関政治の盛期で藤原道長の息子頼通が関白を勤めていた。

セルジュク帝国のマリク・シャアに主席天文学者として仕へたりしている。

「代数学問題の解法研究」(3次方程式の一般解法)「ユークリッドの”エレメント”の難点に関する論文」、気象学、恒星表、インド算法による平方および立方根の求め方の正確度を検した書などの著作が知られる。思想、哲学に関する著作は残されていないが、「ルバイヤート」、「ノールズナーメ」によって片鱗が知られる。

ルバイヤートはルバイイイの複数形で、古代ペルシャの4行詩のことである。


[PR]
by uts_home | 2006-06-11 00:02 | コラム
<< お嬢さまへの招待状――日替わり... 「次のお題」 >>
トップ

プロジェクト ホーム
by uts_home
   新着情報


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑各種ランキングに参加しています。投票、よろしくお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧