プロジェクト リンク
EQT
MEDIA

BBS (参加メンバー限定)

趣旨説明
【Under the Sunってなに?】

【あなたもUnder the Sunに参加しませんか】

参加してくださる方は、上の「Under the Sunってなに?(趣旨説明)」の記事に参加表明のコメントを入れるか、あるいは参加表明エントリをTBしてください。

メールはこちらに
uts_home@excite.co.jp




プロジェクト参加メンバー
    現在119名

underground railroad
マイナス思考
希望をもちたい
ポラリス-ある日本共産党支部のブログ
にほん民族解放戦線^o^
鳥居正宏のときどきLOGOS
kimera25
ちろの はねっかえりブログ
どうする日本 北欧の福祉を日本へ
本当のことが知りたい!そして日本の未来を語りたい
プレカリアートのなく頃
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
社会民主主義者の声
poppoのブログ
競艇場から見た風景
花園はここにありました!
Saudadeな日々
PAGES D'ECRITURE
護憲+グループ・ごまめのブログ
そいつは帽子だ!
Meditations-現代の自省録。 現代人への金言集。
ricanikanmuri
老人党リアルグループ「護憲+」ブログ
音楽写真。音楽映像。photographer / Kaz tanaka
真silkroad?
ツァラトゥストラはこう言っている?
非国民通信
日本国憲法万歳
オヤバカ男の言いたい放題
津久井進の弁護士ノート
穴に向かって叫ぶ
風を変えよう
ICCで「人間の安全保障」
どこへ行く、日本。
関係性
tamyレポート
九条を考える
青山はここにありました~社会批判がてんこ盛り!!
星月夜
Lonesome-happy-days
高野 善道のブログ雑記帳
作図屋の独り言
アッテンボローの雑記帳
弱い文明。
そういちの平庵( ゚ ρ ゚ )ボーーーー
映画と出会う・世界が変わる
気まぐれな日々
楽我記画像メッセ
大津留公彦のブログ
正しい人のままで死なせてください。
アルバイシンの丘
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
★平和と健康★守ろう生かそう憲法9条25条
dr.stoneflyの戯れ言
観劇レビュー&旅行記と日記
Tomorrow is Another Happy
萌え萌え研究日誌
NHK独立運動
f t v 部炉具 -言葉の装い-
Some Kind of Wonderful
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
おにぎり的生活
川辺より
一滴の水
ペガサス・ブログ版
闘うリベラルのチャンネル
労働相談・JMIU博多協議会
日本国憲法擁護連合
ミクロネシアの小さな島・ヤップより
徒然気儘な綴方帳
エクソダス2005《脱米救国》国民運動
TONYの”あなたとJAZZとカクテルと・・・”
ヲシュレッター宣言
愚樵空論
あきおの日記
こんな日は、虹が出るんだ
真実のステートメント
とむ丸の夢
医療制度改革批判と社会保障と憲法
憧れの風
after 911
S氏の時事問題
妄想to悪口
カナダ de 日本語
考えてみよう
doll and peace
正直正太夫の時評
非国際人養成講座
Lovely Lovely
へっぶしんのニュースや日記
土佐高知の雑記帳
Cherchez la Cinemanie!!( 事件の裏に映画バカ有)
気韻頭日記
友だち一万人!
寝言日記
雑談日記(徒然なるままに、。)
反戦な家づくり
BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
北京でライフォ(≠2nd)!
Jovanniの"雨ニモマケズ"
かわうそ実記
世相春秋
独裁制をぶっこわそう!今こそ良識を持つ人は日本の民主化のために勇気を持って発言しよう
そぞろ日記
逍遥録 −衒学城奇譚−
小泉内閣の支持率が一桁台になるまで
華氏451度
はじめの一歩
再出発日記
Watermark
吾輩は猫である
BLOG BLUES
Les Chemins De La Liberte'
A tree at ease
tsurezure-diary-
晴耕雨読
toxandriaの日記
玄耕庵日乗
T.N.君の日記
以前の記事
最新のトラックバック
君よ永遠のうそをついてくれ
from BLOG BLUES
[政府の首脳は全員刑務所..
from 大津留公彦のブログ2
夏まつりが終わりました。
from 大津留公彦のブログ2
きっといいことがあるよ
from BLOG BLUES
ラジオは上杉隆、ニュース..
from 大津留公彦のブログ2
「プロメテウスの火」をコ..
from 大津留公彦のブログ2
ぴあ廃刊に想う、我がここ..
from BLOG BLUES
22人の期間工の挑戦(傍..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
あなたは原発推進ですか廃..
from 大津留公彦のブログ2
俺たちは部品じゃない、人..
from 大津留公彦のブログ2
ソニーは22人の雇い止め..
from 大津留公彦のブログ2
盛田 昭夫さんの教えをス..
from 大津留公彦のブログ2
「人間は忘れることによっ..
from 大津留公彦のブログ2
平成23年中島らもの祥月..
from BLOG BLUES
「旧体制の政治警察」とし..
from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
頑張れ!藤波心「反原発の..
from 大津留公彦のブログ2
制服向上委員会がフジロッ..
from 大津留公彦のブログ2
「原発の電気は安い」は本..
from 大津留公彦のブログ2
人はなぜ繋がりを求めるか--青年マルコの冒険(2) by McRash
(何故か寄席のお囃子風に音楽が流れ出す。Peter Gabrielの"San Jacinto"が出囃子とは…。そして高座に上がってくるのは、頭頂部の薄い蓬髪に無精ひげ、着物が似合いそうにない格好の、どこかうらぶれた大男。座布団の上に正座するとまずは深く頭を垂れて)

えー、皆様には初めてお目にかかることになろうかと思いまして、折角ですから顔と名前と覚えていっていただけると嬉しいかな、なんて思っておりますが、この後のお目当てをお楽しみに、どうか一席、歯を食いしばって辛抱してお付き合いをいただければと思います。

あたしの名前…あそこにめくりがございますが、なんだかローマ字むっつでM、c、R、a、s、h、ってありますよね、McRashって言います。こんな見るからにむさ苦しいおっさんですんで、見た目のことは覚えていただかなくて結構ですが、まぁともかく一席お付き合いの程を願っておきますが。

「なんとか、着きましたねぇ…船頭さん、ありがとうございました」

「人はなぜ繋がりを求めるか」号なんてぇ名前の渡船が船着き場に着きました。船頭のluxemburgさんと、乗客の青年マルコ。降りてくると、その前にはなぜかタクシープールなんぞがあったりしまして。





世界各国のいろんな車種、いろんな運転手、それぞれの自由裁量での料金設定。実に様々なタクシーが並んでます。
スイッチ一つでニトロが炸裂し、ものすごい加速を見せるプジョー406を駆るヨーロッパ系のちょいワルっぽい青年やら、同様にものすごい改造を密かに加えられた、アメリカン・イエローキャブを豪快に操る黒人女性やら、はたまた古ぼけたボルボが絶妙の味を醸し出す北欧系のおじさんやら。

そんな車列のなかに、一台のスバル・インプレッサ、それも旧型、見た目はラリーカー・レプリカ。明らかにタクシーには似つかわしくないんですが、そんなことはさておいて。
乗っているのは蓬髪に無精ひげ、あまり客商売やっているようには見えない…なんだかあたしみたいですね、そんな外見の大男。
そんな大男のインプレッサが、タクシープールの先頭になっていまして。日本のタクシーと同じで、法規上客引きはできないようなので、マルコ青年、とりあえずそのインプレッサに乗り込みました。

この型のインプレッサのラリーカーといえば、ブリティッシュ・アメリカン・タバコが日本では展開していない555煙草のロゴが大々的に入っていたものですが、ラリーカー・レプリカっぽいこのタクシー、運転手がノンスモーカー…車内の目立つところに大々的に禁煙と書いてある!、だもんで、カラーリングだけは現代のスバル・インプレッサWRカーに近いものになっていたりするんですが、閑話休題。

さすがにロールバーまでは入れてませんが、そもそも決して大きなボディではないためにリアシートの居住性がタクシーとしては少し難のあるインプレッサ。
マルコ青年、なんとか乗り込んで、「Under the Sunまで行きたいんですが」とタクシーの運転手に問えば、返ってきた答えがこんな感じ。

「あんだざさん? ーと、行けるかどうか解らんよ? それでもいいかい?」
頼るよすがのないマルコ青年、頭を抱えつつ出発を諾ったんですが。

「…運転手さん、そんなんでよくタクシーの運転手なんてやってられますね」
「お客さん、ナイト・オン・ザ・プラネット、って映画見たことないかい?
 あの映画見れば、まぁあたしでもタクシーの運転手くらいできるかなぁ、ってな気分にもなるわねぇ。TAXIシリーズ見ちゃったら、ちょっと違う方向に行きそうだけどさ」
「運転手さん、あれでしょ? もしかして、Under the Sunなんて知らないんじゃないです?」
「バカ行っちゃいけねぇ。こないだ行ってきたよ? ただ…あそこはあちこち移動するからねぇ。こないだはあっちから行けたんだけどなぁ…今日はどうなるやら」
「…出来の悪い漫才やってるんと違うんだから」
「おあとがよろしいようで」
 まだ発進してないからいいようなものの、下げまでやった噺家が高座の上で頭を垂れるように深々と頭を垂れる運転手。

――しばらくお待ちください――(幕間で運転手に教育的指導)

――お待たせいたしました――(なぜか、あちこち痣ができてしまった運転手。ハンドルを握り、クラッチを踏んでギアをローに入れ、インプレッサを発進させつつ)

「そんでお客さん、わざわざUnder the Sunへ行くって物好きですなぁ、何をしようってんで?」
「何でも、ブログパラダイスだ、って聞いたから…どんなところなのかな、って思って」
「あぁ、自分の目で見てみよう、ってそれ大事ですわねぇ。自分で体験することが一番理想的だろうけれど、そうできないとしても、見聞して、自分におきかえて想像することで、大分近づける、っていうしね」
「そういうもの、なんですか? あそこの渡船の船頭さんも、何か近いことを言っていたような気がしますが…」
「結局のところ、あたしはあたしにしかなれないし、お客さんもお客さんにしかなれない。その決定的に同一化できない違い、それこそが人の個性ってやつじゃぁないですかね?」
「個性、ですかぁ…でも、個性なんて、なまじ強ければ苛められたり爪弾きにされたり、却って都合悪いんじゃないです?」
「そうとも限らないよ? だって、強烈な個性を貫き通せば、その個性は賞賛されたりするでしょ。尤も、個性を認め合う下地のないところだと、個性は邪魔だ、っていうことにされてしまうんだろうけれどね。でもさ、…お客さんご自身の個性がない、としたら、あぁた、どうなると思います?」
「僕に個性がないとしたら…ですか?
 うー…僕って、僕である必要あるんだろうか、って疑問になるのかなぁ…」
「そういうこと。各々の個性があるからこそ、あたしはあたしでなくちゃいけないし、お客さんもお客さんでなくちゃいけない、ってことになる。そうした違い、個性を認め合うことは、自分と相手と、お互いを認め合う大前提なんじゃないかな?」

「それと、Under the Sunと、どんな関係が…?」
強引な展開で少しついていけなくなった様子のマルコ青年、説明を求めるように言葉を挟みます。

「一口に説明しろ、って言われても、ちと難しいかな。
 でもさぁ。誰もが同じ方を向いて、同じこと考えてる、ってんだったら、軍隊式でいいわけでしょ。一糸乱れぬ規律、ってやつ。上官の命令には絶対服従、号令一下斉一な動作…ここに、個性が入る余地ってないと思わない?」
「…そう、ですね。…って、もしかして…?」
「そういうこと、軍隊ってのは、中身が人間であるにもかかわらず、人間性ってやつを一切排除しないと成立しないの。実はあたしもちょこっとばっか、軍人の真似事みたいなことをしてたことがあってね。解ってはいたけれど、やっぱりそういうところに嫌気が差して、で、今はタクシー転がしてるわけ。」

「ずいぶんな転進ですねぇ。でも、軍人さんって給料いいですよね。それに比べて、タクシーなんて…っちゃ失礼ですけど、苦労のわりに実入りの少ない商売…」
「結局さ、人間性のないところに人を集めるためには、お金で釣るしかないわけ」
「どうして、ですか?」
「景気回復景気回復ってニュースは騒いでるけどさぁ…実際どうよ」
「んー…啄木じゃないけど、じっと手を見る、っていう感じですよね」
「だろ? そういう世相の時は、お金のためなら自分の人間性捨てても仕方ない、っていう人も多くなってしまう。この資本主義の現代、生きていくためにお金はなくてはならないものの一つだからね」
「確かに、お金ないと、たとえば自給自足するにしたって、その前段階の準備をしようにも、簡単にはいかないですもんね」

「そうさなぁ。農家やるなら農地と種苗と農機具がいる。漁師だったら最低でも釣り道具がいる。世は並べて斯くのごとし、あたしらだって車と免許がいる商売ですしね」
「それにしちゃ、妙に趣味に走った車の選択してませんか? タクシーだったら、こう…もっと違う車種の選択があるんじゃ…」
「これだと小型タクシー枠に入るから料金も少し安くなるし、お客さんにもメリットだと思いますがねぇ…すこーし、大柄な人には窮屈かもしれないけど。
 それにね、見た目は速そうだけど、中身は1500ccの、一番経済的なやつだから。あたしとおんなじで、見かけ倒しってやつ」
 笑うに笑えなくなって、言葉を飲み込むマルコ青年。構わず言を継ぐ大男。

「こんなのは、個性なんていえないけどさ…見えるところ見えないところ、それぞれのオリジナルがあるわけでさぁ。そうしたなかから、この人とはやっていける、この人とはやっていけない、って、各々の考えで取捨選択するものでしょ、人付き合いっての」
「ちょっと極論の気もしますけど…そうかもしれないですね」
「共通点も相違点もあるから、人間関係って成り立つんだと、あたしゃ思うんですわ。共通点のところで共感して、相違点のところで相手に敬意を持ち、自分の足りないところを補うんじゃないかなって」
「全く同じだったら、人間関係って成り立たないんですか?」
「人が完全な存在であれば、成り立つのかもしれないけど…神ならぬ人の身、っていうでしょ? 不完全なんだから、全く同じ相手とはお互いを補いあえないし、ただつるむことはできるけれど、それよりも深く、繋がることはできないんじゃないかな」
「なんか、意味わかりません…」
「さっき、あたし共感と敬意、って言ったでしょ? いい人間関係には、必ず共感と敬意が存在すると思うんですよ。そりゃ勿論お互い人間で不完全だから、悪い面に直面することだってありますわ。でも、そこに共感と敬意があれば、あばたもえくぼになるし、この人に言われたんだから、あたしも気をつけなきゃな、っていう気持ちにもなるでしょ」
「嫌な相手に言われたら、却って意地になったりしますもんね…」
「鏡だって、自分の視線で普通に見えない自分の正面を映し出すから身だしなみのチェックができるんであって…自分の視線と全く同じように見えるんだったら意味がないでしょ? 全く同じ相手を見ても、自分の欠点も長所も解りゃしないから、人間関係になりようがないってことなんですよ」
「…それとUnder the Sunと、何の関係が?」
「最近のニッポなんとか、って国のニュース、見たことないかなぁ。あそこの国じゃ、時の政権に反対意見を言う人間が抵抗勢力で非国民だとかレッテル張りされて、どんどんマイノリティに追いやられてるでしょ」
「そういえば、何かそんなニュースやってましたね…」
「違いを認めようとしないで、一つの方向性を押しつけようとするとき、そこに人間性が介在する余地なんてなくなるの。さっきの軍隊の話と一緒ね。でも、そんな世の中が人間にとって生きやすいはずはないから、じゃあお互いの違いを認めあって、その上で人間性を人間の手に取り戻そう、っていう動きが出てきたんだけど…いかんせん多勢に無勢、時の権力が一寸力を揮えば容易に吹き飛ばされちまうし、権力の側に取り込まれた野犬がしつこく噛みついて、その対応に手を取られたりもしちゃう」
「何だか、それって茨の道じゃ…」
「易々と手に入る楽園なんてないってことじゃないかなぁ? あたしだって、今はこうしてタクシー転がして、ある程度好きなように生きることで人間性を取り戻してますけどね…代わりに収入が日々の生活ができるぎりぎりまで追い詰められたりしてますよ」
「やっぱり、権力の側についた方が楽なんじゃ…」
「きっと楽だろうね。でも、それじゃあ人間じゃいられなくなるって、あたしゃ直感的にそう思っちゃったし、実際に権力の側についた生活をしてみて、やっぱり耐えられなかった」
「運転手さん…何だか、損な性格してませんか?」
「そうかもしれないけど、それだって個性だ、ってあたしゃあ割りきってますわ。人生をやり直すことはできませんから、精一杯、自分のやりようで生きるしかないでしょ」
「それを言っちゃおしまいじゃ…」
「そうかもしれんけどね…」

 急にがくんとスピードが落ち、遂には停車してしまったタクシー。頭をかいて、しまった、という表情の運転手。
「いけねぇ、ガス欠だ。おまけに道路もおしまいだわ。
お客さんごめんなさいね、ここまでだわ。Under the Sunまでは着かなかったけれど、ほら、一寸外見てご覧なさいな」

「おいおいおっさん…あんたそれでもプロの運転手かい?」
 毒づきながらも、言われて外を見るマルコ青年の眼前には、道が途切れて、見渡す限りの草原と森林。上空を覆う厚い雲に切れ間ができて、ほんのわずかだが青い空が広がり始めていた。
「まだUnder cloudだけどさ、青い空が見えてきたってことはUnder the Sunも遠くないさ。だいたい、冒険旅行にタクシーで楽をしよう、って了見が間違ってらぁ。頑張って歩きな」
 悪戯っぽい笑みを向けて、悪怯れずに客商売としてはとんでもないことを言いきる運転手。タクシーの車内に掲示されている乗務員証には、「徒然気儘な綴方帳タクシー」「McRash」と所属・氏名が書かれてたんですわ。

「あぁ、お代は今の問答でいいよ。Good luck, bon voyage」
 自動ドアを操作してマルコ青年を下ろすと、青年の旅の無事を祈って声をかけつつ、今度はトランクと給油口を開けて自分も車を降りる運転手。少々疲れたような、でも青空に心が浮き立つ様子で歩き出したマルコ青年を見送りながら、トランクからポータブルのガソリン専用タンクを引っ張り出して、ガソリンを補給するとガソリンスタンドへと向かうのでございます。
「料金も燃料もスピードも、メーターはよく確認しましょう」

(高座の上で深く頭を垂れると、立ち上がってすたこらさっさと高座を降りていくおっさん)

----

何だか、のっけから石を投げられそうな小咄でごめんなさい。ない知恵絞ってluxemburgさまのコラムのプリントアウトを読み込みながら、どう続けようか、と思案したあげく、結局あたしにはこんな小ネタまみれのシベリアか北極圏かと見紛うばかりの極寒の小咄しかできませんでした。

皆様には、どうか前回のluxemburgさまや週明けのそらさま、あるいはその後に続かれる皆様のコラムをお目当てにしていただければ…と願いつつ、あたしは退却いたします。

余談の余談。本当のあたしはタクシー運転手ではありません。普通車二種免許の持ち合わせがございませんので。
[PR]
by uts_home | 2006-06-23 00:00 | コラム
<< 人はなぜ繋がりを求めるか--青... 人はなぜ繋がりを求めるか--青... >>
トップ

プロジェクト ホーム
by uts_home
   新着情報


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑各種ランキングに参加しています。投票、よろしくお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧