プロジェクト リンク
EQT
MEDIA

BBS (参加メンバー限定)

趣旨説明
【Under the Sunってなに?】

【あなたもUnder the Sunに参加しませんか】

参加してくださる方は、上の「Under the Sunってなに?(趣旨説明)」の記事に参加表明のコメントを入れるか、あるいは参加表明エントリをTBしてください。

メールはこちらに
uts_home@excite.co.jp




プロジェクト参加メンバー
    現在119名

underground railroad
マイナス思考
希望をもちたい
ポラリス-ある日本共産党支部のブログ
にほん民族解放戦線^o^
鳥居正宏のときどきLOGOS
kimera25
ちろの はねっかえりブログ
どうする日本 北欧の福祉を日本へ
本当のことが知りたい!そして日本の未来を語りたい
プレカリアートのなく頃
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
社会民主主義者の声
poppoのブログ
競艇場から見た風景
花園はここにありました!
Saudadeな日々
PAGES D'ECRITURE
護憲+グループ・ごまめのブログ
そいつは帽子だ!
Meditations-現代の自省録。 現代人への金言集。
ricanikanmuri
老人党リアルグループ「護憲+」ブログ
音楽写真。音楽映像。photographer / Kaz tanaka
真silkroad?
ツァラトゥストラはこう言っている?
非国民通信
日本国憲法万歳
オヤバカ男の言いたい放題
津久井進の弁護士ノート
穴に向かって叫ぶ
風を変えよう
ICCで「人間の安全保障」
どこへ行く、日本。
関係性
tamyレポート
九条を考える
青山はここにありました~社会批判がてんこ盛り!!
星月夜
Lonesome-happy-days
高野 善道のブログ雑記帳
作図屋の独り言
アッテンボローの雑記帳
弱い文明。
そういちの平庵( ゚ ρ ゚ )ボーーーー
映画と出会う・世界が変わる
気まぐれな日々
楽我記画像メッセ
大津留公彦のブログ
正しい人のままで死なせてください。
アルバイシンの丘
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
★平和と健康★守ろう生かそう憲法9条25条
dr.stoneflyの戯れ言
観劇レビュー&旅行記と日記
Tomorrow is Another Happy
萌え萌え研究日誌
NHK独立運動
f t v 部炉具 -言葉の装い-
Some Kind of Wonderful
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
おにぎり的生活
川辺より
一滴の水
ペガサス・ブログ版
闘うリベラルのチャンネル
労働相談・JMIU博多協議会
日本国憲法擁護連合
ミクロネシアの小さな島・ヤップより
徒然気儘な綴方帳
エクソダス2005《脱米救国》国民運動
TONYの”あなたとJAZZとカクテルと・・・”
ヲシュレッター宣言
愚樵空論
あきおの日記
こんな日は、虹が出るんだ
真実のステートメント
とむ丸の夢
医療制度改革批判と社会保障と憲法
憧れの風
after 911
S氏の時事問題
妄想to悪口
カナダ de 日本語
考えてみよう
doll and peace
正直正太夫の時評
非国際人養成講座
Lovely Lovely
へっぶしんのニュースや日記
土佐高知の雑記帳
Cherchez la Cinemanie!!( 事件の裏に映画バカ有)
気韻頭日記
友だち一万人!
寝言日記
雑談日記(徒然なるままに、。)
反戦な家づくり
BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
北京でライフォ(≠2nd)!
Jovanniの"雨ニモマケズ"
かわうそ実記
世相春秋
独裁制をぶっこわそう!今こそ良識を持つ人は日本の民主化のために勇気を持って発言しよう
そぞろ日記
逍遥録 −衒学城奇譚−
小泉内閣の支持率が一桁台になるまで
華氏451度
はじめの一歩
再出発日記
Watermark
吾輩は猫である
BLOG BLUES
Les Chemins De La Liberte'
A tree at ease
tsurezure-diary-
晴耕雨読
toxandriaの日記
玄耕庵日乗
T.N.君の日記
以前の記事
最新のトラックバック
君よ永遠のうそをついてくれ
from BLOG BLUES
[政府の首脳は全員刑務所..
from 大津留公彦のブログ2
夏まつりが終わりました。
from 大津留公彦のブログ2
きっといいことがあるよ
from BLOG BLUES
ラジオは上杉隆、ニュース..
from 大津留公彦のブログ2
「プロメテウスの火」をコ..
from 大津留公彦のブログ2
ぴあ廃刊に想う、我がここ..
from BLOG BLUES
22人の期間工の挑戦(傍..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
あなたは原発推進ですか廃..
from 大津留公彦のブログ2
俺たちは部品じゃない、人..
from 大津留公彦のブログ2
ソニーは22人の雇い止め..
from 大津留公彦のブログ2
盛田 昭夫さんの教えをス..
from 大津留公彦のブログ2
「人間は忘れることによっ..
from 大津留公彦のブログ2
平成23年中島らもの祥月..
from BLOG BLUES
「旧体制の政治警察」とし..
from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
頑張れ!藤波心「反原発の..
from 大津留公彦のブログ2
制服向上委員会がフジロッ..
from 大津留公彦のブログ2
「原発の電気は安い」は本..
from 大津留公彦のブログ2
美しさとは何か byくま
阿弥陀くじで一番バッターになった「再出発日記」のくまです。
今回「お題は無し」ということなので、適当に書きます。

茨木のり子「ハングルへの旅」の中に在日韓国人詩人崔華国の「荒川」という詩が載っています。たそがれの荒川の岸辺にいて朽ちた伝馬船に寝ころび眼を閉じていると、風がむかしの母や姉のささやきを運んでくる、という詩の後に次のハングルの言葉が続きます。

サララ
サララ
チャララ
チャル チャララ
サワラ
サワサワ

チャラ
チャル チャラ

意味は良く分からない、けれどもなんか春のせせらぎのような美しい響きがしてきませんか。実はこの詩はカタカナのすぐ下に日本語訳がついている。訳は以下の通りです。

生きるのだ
生きるのだ
育つのだ
立派に育つのだ
闘うのだ
がんばれ がんばれ

おやすみ
安らかにおやすみ

驚いたことに一つも擬音が使われていません。それでいて読むと全てが擬音の様に聞こえます。実際、ハングルは美しい言葉です。でも、韓国映画やドラマを見ると、喧嘩をする場面は多いし、激音や濃音が多用されているので、みんな怒っているように聞こえるので「汚い言葉だ」と言う人もいるのです。私は女のひとの発音を聞いていると、「アンニョン!」「……ケチョ?」「……ピヨ」……なんか小鳥のさえずりのように聞こえてきたりもします。

ハングルは美しい言葉だと、私は思います。ーー皆さん、そう思いますか。思った方は手を上げてください。





……あっ、やっぱりそうは思わない、という方は何人もいますね。そうか残念です。でも違うという方がいて当然ですよね。

美しさとはなんでしょうか。

大学には美学という学問がありました。絵を描く学問ではありません。哲学科の隣に研究室があったのです。美しさとは極めて哲学的な問題なのでしょう。

7月20日、安倍信三という人が「美しい国へ」という本を出しました。

美しい国へ、とはどういうことなのか。bogusnews さんが「【新刊】「美しい国へ」─安倍晋三」 のなかでまだ本を読まないうちから、みごとな解釈をされています。
「正式に合衆国に加盟して52番目の州になることでパックス・アメリカーナの庇護の下に入り、世界に君臨する警察国家の一部だという誇りをもつこと」
中国でも韓国でもアメリカのことを「美国」と書くのに、なぜか日本では「米国」なんですね。安倍さんはずっとアジアのことを気にかけてきた方ですから、当然この題名がそう読まれることは意識していたでしょう。だから「52番目の州へ」というのもあながち言いがかりではないでしょう。

安倍さんがもう一つこの題名で気にかけていたのは、「美しさ」を押し付けたいということだったのではないでしょうか。帯のあおり文句にはこうあります。「自信と誇りのもてる日本へ」。もちろん「私はもっているよ」ということを書いたエッセイではありません。次期首相と目されている人がこの時期に出す本なのです。まだ読んでいませんが、「国民のみんさん持ちましょうね」ということを書いているのは明らかです。「美しい国だから、愛し、守ろう、自身と誇りを持とう」そんなメッセージが、表紙を見るだけで伝わってきます。内容なんてどうでもいいのです。本屋に寄ってそういう表紙を見るだけで、充分なのです。

でもそのメッセージの間違いは明らかです。
美しい国かどうかは一人ひとり違うのだし、
もし美しい国だとしても、必ずしも自信を持たないといけないとか、
愛され、守られなければいけないとか、そういうものではないのです。
美しい女性なら、実感としてもっていることなのではないかと思います(^^;)

これを書いた後、
……ちょっと気になったので、本屋によって買ってきました。
……もういけません。最初から突っ込みどころ満載です。30分だけ読んで、読むのを封印しまた。一言二言ではすみそうも無いのですが、映画ファンとして許せないのは、名作「ミリオン・ダラー・ベイビー」をナショナリズムを煽るために利用していることです。誰か映画ファンの方の本格的な反論を期待したいものです。

私自身は「平和」という言葉を美しいと思っているし、「平和」を愛しているし、「平和な国」を守りたいと思っています。それは一人ひとりの価値観です。一人ひとりの決意の現れです。何故そう思う様になったかは、また次の機会に(^^;)
[PR]
by uts_home | 2006-07-24 00:35 | コラム
<< トゥーテ・ビアンケ(白いツナギ) なぜ人は繋がりを求めるのか--... >>
トップ