プロジェクト リンク
EQT
MEDIA

BBS (参加メンバー限定)

趣旨説明
【Under the Sunってなに?】

【あなたもUnder the Sunに参加しませんか】

参加してくださる方は、上の「Under the Sunってなに?(趣旨説明)」の記事に参加表明のコメントを入れるか、あるいは参加表明エントリをTBしてください。

メールはこちらに
uts_home@excite.co.jp




プロジェクト参加メンバー
    現在119名

underground railroad
マイナス思考
希望をもちたい
ポラリス-ある日本共産党支部のブログ
にほん民族解放戦線^o^
鳥居正宏のときどきLOGOS
kimera25
ちろの はねっかえりブログ
どうする日本 北欧の福祉を日本へ
本当のことが知りたい!そして日本の未来を語りたい
プレカリアートのなく頃
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
社会民主主義者の声
poppoのブログ
競艇場から見た風景
花園はここにありました!
Saudadeな日々
PAGES D'ECRITURE
護憲+グループ・ごまめのブログ
そいつは帽子だ!
Meditations-現代の自省録。 現代人への金言集。
ricanikanmuri
老人党リアルグループ「護憲+」ブログ
音楽写真。音楽映像。photographer / Kaz tanaka
真silkroad?
ツァラトゥストラはこう言っている?
非国民通信
日本国憲法万歳
オヤバカ男の言いたい放題
津久井進の弁護士ノート
穴に向かって叫ぶ
風を変えよう
ICCで「人間の安全保障」
どこへ行く、日本。
関係性
tamyレポート
九条を考える
青山はここにありました~社会批判がてんこ盛り!!
星月夜
Lonesome-happy-days
高野 善道のブログ雑記帳
作図屋の独り言
アッテンボローの雑記帳
弱い文明。
そういちの平庵( ゚ ρ ゚ )ボーーーー
映画と出会う・世界が変わる
気まぐれな日々
楽我記画像メッセ
大津留公彦のブログ
正しい人のままで死なせてください。
アルバイシンの丘
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
★平和と健康★守ろう生かそう憲法9条25条
dr.stoneflyの戯れ言
観劇レビュー&旅行記と日記
Tomorrow is Another Happy
萌え萌え研究日誌
NHK独立運動
f t v 部炉具 -言葉の装い-
Some Kind of Wonderful
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
おにぎり的生活
川辺より
一滴の水
ペガサス・ブログ版
闘うリベラルのチャンネル
労働相談・JMIU博多協議会
日本国憲法擁護連合
ミクロネシアの小さな島・ヤップより
徒然気儘な綴方帳
エクソダス2005《脱米救国》国民運動
TONYの”あなたとJAZZとカクテルと・・・”
ヲシュレッター宣言
愚樵空論
あきおの日記
こんな日は、虹が出るんだ
真実のステートメント
とむ丸の夢
医療制度改革批判と社会保障と憲法
憧れの風
after 911
S氏の時事問題
妄想to悪口
カナダ de 日本語
考えてみよう
doll and peace
正直正太夫の時評
非国際人養成講座
Lovely Lovely
へっぶしんのニュースや日記
土佐高知の雑記帳
Cherchez la Cinemanie!!( 事件の裏に映画バカ有)
気韻頭日記
友だち一万人!
寝言日記
雑談日記(徒然なるままに、。)
反戦な家づくり
BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
北京でライフォ(≠2nd)!
Jovanniの"雨ニモマケズ"
かわうそ実記
世相春秋
独裁制をぶっこわそう!今こそ良識を持つ人は日本の民主化のために勇気を持って発言しよう
そぞろ日記
逍遥録 −衒学城奇譚−
小泉内閣の支持率が一桁台になるまで
華氏451度
はじめの一歩
再出発日記
Watermark
吾輩は猫である
BLOG BLUES
Les Chemins De La Liberte'
A tree at ease
tsurezure-diary-
晴耕雨読
toxandriaの日記
玄耕庵日乗
T.N.君の日記
以前の記事
最新のトラックバック
君よ永遠のうそをついてくれ
from BLOG BLUES
[政府の首脳は全員刑務所..
from 大津留公彦のブログ2
夏まつりが終わりました。
from 大津留公彦のブログ2
きっといいことがあるよ
from BLOG BLUES
ラジオは上杉隆、ニュース..
from 大津留公彦のブログ2
「プロメテウスの火」をコ..
from 大津留公彦のブログ2
ぴあ廃刊に想う、我がここ..
from BLOG BLUES
22人の期間工の挑戦(傍..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
あなたは原発推進ですか廃..
from 大津留公彦のブログ2
俺たちは部品じゃない、人..
from 大津留公彦のブログ2
ソニーは22人の雇い止め..
from 大津留公彦のブログ2
盛田 昭夫さんの教えをス..
from 大津留公彦のブログ2
「人間は忘れることによっ..
from 大津留公彦のブログ2
平成23年中島らもの祥月..
from BLOG BLUES
「旧体制の政治警察」とし..
from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
頑張れ!藤波心「反原発の..
from 大津留公彦のブログ2
制服向上委員会がフジロッ..
from 大津留公彦のブログ2
「原発の電気は安い」は本..
from 大津留公彦のブログ2
人口増加と戦争についての雑感 by ミクロネシアの小さな島・ヤップより
今日は8月15日です。(お約束の投稿日から1日遅れてしまって、すみません)
それで、戦争のことなどつらつら考えてみたのですけど、どうしても理解できないことがあります。それは、「どうして、世の中には戦争を仕掛けて平気な人々がいるんだろう?」ということです。

宗教、信条、経済、民族などの違いだけで戦争が起きるものではない、というのは、よくわかりました。少なくとも19世紀以来、世界で起きた戦争を振り返って分析してみると、裏には必ず「仕掛け人」がいることがわかります。インターネットの普及のお蔭で、専門分野の研究者でもなく情報の中心にいるわけでもない私のような人間には以前なら知りようもなかった情報が、その気になれば(玉石混交とはいえ)簡単に手に入るようになりました。それらを自分なりに追求しているうちに、やはり戦争というのは「仕組まれた」出来事なのだという確信を持つにいたりました。世界を震撼させている昨今のテロリズムやテロリストも、ちゃんと裏があって仕組まれているのだということに、世界の多くの人が気づき始めています。

それでは誰が仕組んでいるんだということになりますが、インターネット情報などをちょっと突っ込んで検索すると色々出てきますから、ここでは論じません。また戦争を仕掛けているだろうと思われる人(達)の呼称も色々あるようですが、ここでは仮に「戦争仕掛け人」と呼んでおくことにします。それで、この拙稿で少し考えてみたいのは、その「戦争仕掛け人」の頭の中なのです。考えても仕方のないことかもしれないのですが...



少なくとも19世紀までの戦争は、戦って負傷したり死んだりするのは、参加した(させられた)兵士にほぼ限定されていました。それが20世紀も30年くらい経つと、武器を持たない一般市民まで大量に殺戮されるようになりました。それと同時に、20世紀に入って世界の人口が爆発的に増加しているという事実があります。私が若かった頃には40億人代だった世界の人口が、いまでは軽く65億人を超えています。

世界の人口という、とってもよく出来たサイトがあります。それによりますと、
世界の人口は、1分に150人、1日で20万人、1年で8千万人、増えています。
世界中で、1年に6千万人が亡くなり、1億4千万人が産まれます。
***
世界の人口は200年間で6倍に、40年間で2倍にと急上昇しています。

ということです。

ちなみに日本の人口は、
日本の人口は1億2776万人。
毎日2911人が産まれ、2970人が亡くなっています(H17総務省&厚労省)

となっています。世界の爆発的な人口増加に対して、日本の人口はこれから激減が心配されています。

それはともかく、世界の人口から、もう少しデータを引いてみましょう。

《世界人口の推移》
137億年前   宇宙誕生  
※宇宙の大きさ=半径が137億光年!
 46億年前   地球誕生  
※この頃、地球に大きな星がぶつかり、その衝撃で月が出来たらしい。
 40億年前   海が出現  
 39億年前   生命誕生 
  9億年前   多細胞生命誕生 
  5億年前 
※酸素が増え、オゾン層ができて、紫外線がさえぎられ、地上に生物出現。
7千万年前   恐竜の時代、哺乳類出現。
400万年前   猿人出現。 
※石器を使うようになり、100万年位前、アフリカから各地に広がり、10万年前、新人出現。火を起こし、弓矢や釣り針を使い、各地に広がり、黒い人から、白い人や黄色い人も。
BC8000年   100万人
※農耕と牧畜が広がり、貧富ができ、アメリカ大陸にも人が渡る。
BC2500年   1億人  
BC0年      2億人   1億人増えるのに2500年
1000年     3億人   1億人増えるのに1000年
※チンギスハンが大帝国を作り 
1650年     5億人   2億人増えるのに650年
※ベルサイユ宮殿が出来 
1800年    10億人   5億人増えるのに150年
※産業革命と欧米列強の植民地侵出があって 
1900年    20億人  10億人増えるのに100年
※石油が使われ始めて 
1960年    30億人  10億人増えるのに60年
1974年    40億人  10億人増えるのに14年
1987年    50億人  10億人増えるのに13年
1999年    60億人  10億人増えるのに12年

地球という有限な乗り物の上でこんなに爆発的に人口が増えると、すぐに破綻をきたすのは誰が見てもわかります。なぜこんなに人口が増えつづけるのでしょうか?

自然界では、食料が豊富にあって環境の条件が整えば、生物の数は増えます。そして増えつづけた結果、食料が欠乏し環境のバランスも崩れて、その生物の数は減少(ときには絶滅)していきます。私の身近な環境である熱帯の海中でオニヒトデの栄華盛衰を見ていても、それはわかります。人類にも同じことが起きるのでしょうか?

もう20年も前になりますが、ある理想家と戦争の話をしていて、その人が「戦争や原爆の被害も、長い地球や人類の歴史の流れからみると、『掃除』なんだよ」と言うのを聞いて仰天しました。涙ながらに原爆の被害や戦争の非人道性を訴えても、「おセンチだけじゃ、世の中は変わらないし変えられないよ」と言われました。その人は決して戦争を肯定していた訳ではないのですが、おセンチ(感情)のレベルでの思考や行動には限界があることを、そのときの会話で教わったような気がします。

それで、「戦争仕掛け人」たちのことを考えてみます。まあ、ご本人たちは自分のことをあからさまに戦争屋とは思っていないでしょうが、彼らは全世界に影響を及ぼす力を持っていて実際にそれを行使している人たちです。しかし、この人たちも普通に食べ、眠り、いつかは死ぬ有限の人間にはかわりありません。ただ、その持てる金と力によって、世界を将棋の駒のように操って動じない人たちでしょう。

肝ったまの小さい人間なら夜も眠れないくらい悩み畏れるような仕掛けも、彼らはワイン・グラス傾けながら命令できるのかもしれません。いったい、どういう頭の構造になると、そんな太っ腹なことができるのでしょうか?あくまで自分は将棋のプレイヤーとして、大きなテロや戦争を仕組んでも罪の意識も良心の呵責も感じないのかもしれません。おそらく教養も知識も豊富にある人たちでしょうから、「大局的な見地から、自分の判断は地球を救うし、自分も儲かる」と、むしろ大まじめに胸を張って、「神の前に潔白」だと信じているのかもしれません。

でも、その人たちは自分自身を「掃除」される側に置いて考えたことは無いと思います。有限な肉体を持った存在でありながら、全知全能の神にでもなったつもりで、世界を自在に動かそうとするその自信は、どこか歪で滑稽です。

人類も他の生物同様、食料確保と種の繁栄を求めて、他の生活圏を持つグループ(それを国といっても民族といっても村といってもかまいませんが)との抗争を繰り返してきたのは事実です。でも、もう地球はギッチン・ギッチンに開拓しつくされ、面としての拡張は望めませんし、資源も有限であることは、誰の目にも明らかになりました。

こういう現状を踏まえた上で、いま「戦争仕掛け人」たちは何を考え、どこを目指しているのでしょう?彼らに、そして彼らが「粛清」した後の地球に、将来はあるのでしょうか?

スマートな「戦争仕掛け人」たちは、もしかして自分は将棋板の外にいるプレイヤーだと思っているのかもしれません。だから自由自在に駒を操って自分の思い描く方向に世界を持って行こうとする。しかし、どんなに彼らが頑張っても、肉体を持つ人間である以上、彼らも板の上に乗っかっている将棋の駒のひとつでしかないことは明らかです。有限な将棋板(地球)の上の駒でしかない分際で、何でも出来ると錯覚した彼らの勘違いから、世界はどんどん悪い方向に転がっているような気がします。

この有限な地球で、有限な物質世界から無限にリターンを生み出そうとする自由競争を是とした市場主義がまかり通る限り、いつかは(近い将来)破綻します。産まれてこのかた「世界はまっすぐ前に進んでいる」と思いこんで生きてきた頭を冷やし、限られた板=地球の上で、他の生物を粛清することなく折り合って生きていく方法を、駒のひとつひとつが考え行動できるようになるかどうかを、もしかしたら、どこかのほんとうの全知全能の存在は試しているのかもしれません。これはファイナル・トライアルです。そしてインターネットというツールは、そのために与えられたギフトだと、私には思えるのです。

いま地球上には65億以上の駒がいます。それらの駒が、自分も駒のひとつであることを自覚して知恵を絞り、ひとつの駒としての実存の叫びを上げると、流れが変わるのではないでしょうか?駒のひとつとしては、少なくともそういう希望を持って生きたいと思います。そして、いまだに「戦争仕掛け人」たちのプロパガンダに踊らされて、自分が将棋板の中の小さな駒に過ぎないという自覚ができない「戦争仕掛け人の傭兵部隊あるいは予備軍」には、努めて自覚を促すように努め、さもなくば、「戦争仕掛け人」からの補給線を断ち、彼らの自然淘汰を待ちましょう(笑)。

以上、2006年8月15日を迎えての、つたない思索でございましした...
[PR]
by uts_home | 2006-08-15 12:38 | コラム
<< 「 身 体 」―日替わりコラム... 愛と憎しみのラプソディ・序――... >>
トップ

プロジェクト ホーム
by uts_home
   新着情報


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑各種ランキングに参加しています。投票、よろしくお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧