プロジェクト リンク
EQT
MEDIA

BBS (参加メンバー限定)

趣旨説明
【Under the Sunってなに?】

【あなたもUnder the Sunに参加しませんか】

参加してくださる方は、上の「Under the Sunってなに?(趣旨説明)」の記事に参加表明のコメントを入れるか、あるいは参加表明エントリをTBしてください。

メールはこちらに
uts_home@excite.co.jp




プロジェクト参加メンバー
    現在119名

underground railroad
マイナス思考
希望をもちたい
ポラリス-ある日本共産党支部のブログ
にほん民族解放戦線^o^
鳥居正宏のときどきLOGOS
kimera25
ちろの はねっかえりブログ
どうする日本 北欧の福祉を日本へ
本当のことが知りたい!そして日本の未来を語りたい
プレカリアートのなく頃
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
社会民主主義者の声
poppoのブログ
競艇場から見た風景
花園はここにありました!
Saudadeな日々
PAGES D'ECRITURE
護憲+グループ・ごまめのブログ
そいつは帽子だ!
Meditations-現代の自省録。 現代人への金言集。
ricanikanmuri
老人党リアルグループ「護憲+」ブログ
音楽写真。音楽映像。photographer / Kaz tanaka
真silkroad?
ツァラトゥストラはこう言っている?
非国民通信
日本国憲法万歳
オヤバカ男の言いたい放題
津久井進の弁護士ノート
穴に向かって叫ぶ
風を変えよう
ICCで「人間の安全保障」
どこへ行く、日本。
関係性
tamyレポート
九条を考える
青山はここにありました~社会批判がてんこ盛り!!
星月夜
Lonesome-happy-days
高野 善道のブログ雑記帳
作図屋の独り言
アッテンボローの雑記帳
弱い文明。
そういちの平庵( ゚ ρ ゚ )ボーーーー
映画と出会う・世界が変わる
気まぐれな日々
楽我記画像メッセ
大津留公彦のブログ
正しい人のままで死なせてください。
アルバイシンの丘
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
★平和と健康★守ろう生かそう憲法9条25条
dr.stoneflyの戯れ言
観劇レビュー&旅行記と日記
Tomorrow is Another Happy
萌え萌え研究日誌
NHK独立運動
f t v 部炉具 -言葉の装い-
Some Kind of Wonderful
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
おにぎり的生活
川辺より
一滴の水
ペガサス・ブログ版
闘うリベラルのチャンネル
労働相談・JMIU博多協議会
日本国憲法擁護連合
ミクロネシアの小さな島・ヤップより
徒然気儘な綴方帳
エクソダス2005《脱米救国》国民運動
TONYの”あなたとJAZZとカクテルと・・・”
ヲシュレッター宣言
愚樵空論
あきおの日記
こんな日は、虹が出るんだ
真実のステートメント
とむ丸の夢
医療制度改革批判と社会保障と憲法
憧れの風
after 911
S氏の時事問題
妄想to悪口
カナダ de 日本語
考えてみよう
doll and peace
正直正太夫の時評
非国際人養成講座
Lovely Lovely
へっぶしんのニュースや日記
土佐高知の雑記帳
Cherchez la Cinemanie!!( 事件の裏に映画バカ有)
気韻頭日記
友だち一万人!
寝言日記
雑談日記(徒然なるままに、。)
反戦な家づくり
BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
北京でライフォ(≠2nd)!
Jovanniの"雨ニモマケズ"
かわうそ実記
世相春秋
独裁制をぶっこわそう!今こそ良識を持つ人は日本の民主化のために勇気を持って発言しよう
そぞろ日記
逍遥録 −衒学城奇譚−
小泉内閣の支持率が一桁台になるまで
華氏451度
はじめの一歩
再出発日記
Watermark
吾輩は猫である
BLOG BLUES
Les Chemins De La Liberte'
A tree at ease
tsurezure-diary-
晴耕雨読
toxandriaの日記
玄耕庵日乗
T.N.君の日記
以前の記事
最新のトラックバック
君よ永遠のうそをついてくれ
from BLOG BLUES
[政府の首脳は全員刑務所..
from 大津留公彦のブログ2
夏まつりが終わりました。
from 大津留公彦のブログ2
きっといいことがあるよ
from BLOG BLUES
ラジオは上杉隆、ニュース..
from 大津留公彦のブログ2
「プロメテウスの火」をコ..
from 大津留公彦のブログ2
ぴあ廃刊に想う、我がここ..
from BLOG BLUES
22人の期間工の挑戦(傍..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
あなたは原発推進ですか廃..
from 大津留公彦のブログ2
俺たちは部品じゃない、人..
from 大津留公彦のブログ2
ソニーは22人の雇い止め..
from 大津留公彦のブログ2
盛田 昭夫さんの教えをス..
from 大津留公彦のブログ2
「人間は忘れることによっ..
from 大津留公彦のブログ2
平成23年中島らもの祥月..
from BLOG BLUES
「旧体制の政治警察」とし..
from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
頑張れ!藤波心「反原発の..
from 大津留公彦のブログ2
制服向上委員会がフジロッ..
from 大津留公彦のブログ2
「原発の電気は安い」は本..
from 大津留公彦のブログ2
NHKの再放送は最高そう! をよろしく--by luxemburg
 Under the Sunで「NHKの再放送は最高そう」という企画をやらせていただいています。
 コメントを書いていただいてもいいですし、もしその番組を見て自分のブログに感想などを書いているときにはTBなどを入れていただければ、と思っています。せっかくこういうUnder the Sunという集まりがあるのだから、見てどう思ったなどの感想をワイワイやるのもたのしいのでは。
 で-MEDIA-のサイトのお知らせもかねて、今回のコラムは私が実際に見たものの中からいくつかピックアップして書きます。



 グローバル化というとアメリカというイメージがあるけれども、企業の側は国の枠組みを超えて、あちらこちらの経済に入り込もうとする。EUなども例外ではなく、「民間にできることは民間で」という詐欺師のささやきに欺されそうになることが多いようだ。
 そういう中でドイツの番組が扱った、水道民営化の問題が「BS世界のドキュメンタリー」で放映された。イギリスなどでは水道管などの設備が古く、漏水などはひどい場所では50%(なんと水の半分が失われる)を超える。それでも、新規の水源開発と漏水対策のいずれがトクか、という論理で企業は動く。ドイツにおける民営化でもリストラは当たり前、むしろリストラのためだけに民営化したような状態で、一応福祉国家であれば失業対策のコストは一種の外部不経済として公共部門の出費となる。
 民間であれば配当がどうしても必要で、当座の配当を捻出するために結局どんどん水道料金は上がり、長期的な視点に立てなくなる。イギリスでは下水処理場の半分以上を閉鎖して、そこに住宅建設をする。だから何かあると下水の処理能力をオーバーしてしまい、イギリスの川の魚は、環境ホルモンによりどんどんメスばかりになっているという。民間の至上命題は利潤だから、水道より儲かることがあれば、結局施設を売り飛ばしてしまうのだ。公共とは何なのか、「民間でできることは民間に」とは一体どういうことなのか、考えさせられる番組だった。

 一般的には、公共財は「市場の失敗」の一つで、民間では供給できないものとされている。たとえば、通る船が等しくサービスを享受し、料金の徴収の方法など思いつかない灯台の建設なんて民間ではできない。国防サービスや生活道路などもそういっていいだろう。水道料金は払わない人を排除することができるから民間でもできるといえばできる。高速道路などもそうかもしれない。
 しかし、民間にゆだねるというのは、資源配分を市場原理にゆだねるということである。市場原理においては、他者が競争に自由に参入できること、逆に退出すること、極端にいうと「そのサービスがなくなってもかまわない」という選択がなされるものでなければならない。たとえばポケベルサービスが時代に合わなくなってなくなるならそれでよい、という判断がなされるなら市場原理にゆだねられる。
 メールの時代だから郵便はなくなってよい、不可欠のインフラではない、というのなら郵便は完全に民営化してよいだろう。それなら「民間にできることは民間に」であって、イギリスの水道会社のように施設を売っぱらってもかまわないことになる。

 仮にそこまで認めたとしても民営化にはさらに問題がある。水道事業などは他社の参入はきわめて困難だ。民営化のメリットである他社の参入、競争、市場原理というメカニズムが働かない状態で、所有だけを私的にする。最初から「市場の失敗」の一つである「独占」をわざわざつくる。独占企業は、表向きは規制がありつつも、資産の売却、独占価格の設定、品質の低下、株価操作など好きなことができる。民営化=効率的というのは、競争と市場原理が働く場合であって、民営化したら自動的に効率化することはあり得ない。民間企業は利潤を最大化しようとする以上、サービス低下できるなら迷わずそれを選ぶ。


 「クローズアップ現代」で扱われた保育園民営化の問題、これも料金徴収が可能だから「民間にできることは・・・」に当てはまる。もちろん民間は企業の論理で行動するから、誰も使わない牛肉を給食で食べさせるかもしれない。経験豊かな保育士さんはコストがかかるので、リストラ。しかし、親はこれではいけないことに気がつく。やがてVIP保育園が登場するだろう。ふんだんにお金をかけてオーガニック給食を出し、豊かな保育環境を享受できる一部の子供だけが通える保育園。
 「民間にできる・できない」という問題とは別に、民間がやるとサービスの性質自体が変わってしまう、そういう問題を保育園民営化で考えさせられた。
 我々が、お金持ちの子供でも貧乏人の子供でも等しく健康で安全、豊かな環境が子供に与えられるべきではないのか、それは不可欠のインフラなのではないのかと決断すれば、「国民の手でやるべきことは国民に」となる、そんなことを考えた。




 外部不経済
 市場原理に任せればたとえば公害を垂れ流して安い製品を生産するのは企業の合理的な行動となる。そういうやり方では市場が最適な資源配分を約束してくれない、いわゆる「市場の失敗」の一つの例。
[PR]
by uts_home | 2006-08-28 00:00 | コラム
<< 四阿日誌#2:違う、という素敵... 七歩の詩(11)--日替わりコ... >>
トップ

プロジェクト ホーム
by uts_home
   新着情報


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑各種ランキングに参加しています。投票、よろしくお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧