プロジェクト リンク
EQT
MEDIA

BBS (参加メンバー限定)

趣旨説明
【Under the Sunってなに?】

【あなたもUnder the Sunに参加しませんか】

参加してくださる方は、上の「Under the Sunってなに?(趣旨説明)」の記事に参加表明のコメントを入れるか、あるいは参加表明エントリをTBしてください。

メールはこちらに
uts_home@excite.co.jp




プロジェクト参加メンバー
    現在119名

underground railroad
マイナス思考
希望をもちたい
ポラリス-ある日本共産党支部のブログ
にほん民族解放戦線^o^
鳥居正宏のときどきLOGOS
kimera25
ちろの はねっかえりブログ
どうする日本 北欧の福祉を日本へ
本当のことが知りたい!そして日本の未来を語りたい
プレカリアートのなく頃
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
社会民主主義者の声
poppoのブログ
競艇場から見た風景
花園はここにありました!
Saudadeな日々
PAGES D'ECRITURE
護憲+グループ・ごまめのブログ
そいつは帽子だ!
Meditations-現代の自省録。 現代人への金言集。
ricanikanmuri
老人党リアルグループ「護憲+」ブログ
音楽写真。音楽映像。photographer / Kaz tanaka
真silkroad?
ツァラトゥストラはこう言っている?
非国民通信
日本国憲法万歳
オヤバカ男の言いたい放題
津久井進の弁護士ノート
穴に向かって叫ぶ
風を変えよう
ICCで「人間の安全保障」
どこへ行く、日本。
関係性
tamyレポート
九条を考える
青山はここにありました~社会批判がてんこ盛り!!
星月夜
Lonesome-happy-days
高野 善道のブログ雑記帳
作図屋の独り言
アッテンボローの雑記帳
弱い文明。
そういちの平庵( ゚ ρ ゚ )ボーーーー
映画と出会う・世界が変わる
気まぐれな日々
楽我記画像メッセ
大津留公彦のブログ
正しい人のままで死なせてください。
アルバイシンの丘
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
★平和と健康★守ろう生かそう憲法9条25条
dr.stoneflyの戯れ言
観劇レビュー&旅行記と日記
Tomorrow is Another Happy
萌え萌え研究日誌
NHK独立運動
f t v 部炉具 -言葉の装い-
Some Kind of Wonderful
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
おにぎり的生活
川辺より
一滴の水
ペガサス・ブログ版
闘うリベラルのチャンネル
労働相談・JMIU博多協議会
日本国憲法擁護連合
ミクロネシアの小さな島・ヤップより
徒然気儘な綴方帳
エクソダス2005《脱米救国》国民運動
TONYの”あなたとJAZZとカクテルと・・・”
ヲシュレッター宣言
愚樵空論
あきおの日記
こんな日は、虹が出るんだ
真実のステートメント
とむ丸の夢
医療制度改革批判と社会保障と憲法
憧れの風
after 911
S氏の時事問題
妄想to悪口
カナダ de 日本語
考えてみよう
doll and peace
正直正太夫の時評
非国際人養成講座
Lovely Lovely
へっぶしんのニュースや日記
土佐高知の雑記帳
Cherchez la Cinemanie!!( 事件の裏に映画バカ有)
気韻頭日記
友だち一万人!
寝言日記
雑談日記(徒然なるままに、。)
反戦な家づくり
BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
北京でライフォ(≠2nd)!
Jovanniの"雨ニモマケズ"
かわうそ実記
世相春秋
独裁制をぶっこわそう!今こそ良識を持つ人は日本の民主化のために勇気を持って発言しよう
そぞろ日記
逍遥録 −衒学城奇譚−
小泉内閣の支持率が一桁台になるまで
華氏451度
はじめの一歩
再出発日記
Watermark
吾輩は猫である
BLOG BLUES
Les Chemins De La Liberte'
A tree at ease
tsurezure-diary-
晴耕雨読
toxandriaの日記
玄耕庵日乗
T.N.君の日記
以前の記事
最新のトラックバック
君よ永遠のうそをついてくれ
from BLOG BLUES
[政府の首脳は全員刑務所..
from 大津留公彦のブログ2
夏まつりが終わりました。
from 大津留公彦のブログ2
きっといいことがあるよ
from BLOG BLUES
ラジオは上杉隆、ニュース..
from 大津留公彦のブログ2
「プロメテウスの火」をコ..
from 大津留公彦のブログ2
ぴあ廃刊に想う、我がここ..
from BLOG BLUES
22人の期間工の挑戦(傍..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
あなたは原発推進ですか廃..
from 大津留公彦のブログ2
俺たちは部品じゃない、人..
from 大津留公彦のブログ2
ソニーは22人の雇い止め..
from 大津留公彦のブログ2
盛田 昭夫さんの教えをス..
from 大津留公彦のブログ2
「人間は忘れることによっ..
from 大津留公彦のブログ2
平成23年中島らもの祥月..
from BLOG BLUES
「旧体制の政治警察」とし..
from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
頑張れ!藤波心「反原発の..
from 大津留公彦のブログ2
制服向上委員会がフジロッ..
from 大津留公彦のブログ2
「原発の電気は安い」は本..
from 大津留公彦のブログ2
「スポーツの秋」---日替わりコラム by玄耕庵日乗
月が替わったと思ったら雨が続き、あの暑い夏はどこへやら。一気に秋の訪れを感じる今日このごろ、みなさん(以下略)

さて、親王ご誕生も自民党総裁選もあまり興味が持てないし、格差社会はあまりに肌で感じ過ぎて気が滅入るだけだし、好きなスポーツのことでも書こう。スポーツの秋、たまには楽しくスポーツ観戦でもして、日常の憂さを晴らすのも一興では?
それにしても「ハンカチ王子」を巡る一連の報道は、いただけませんでしたなぁ~。



今年、それほどサッカーに興味のなかった僕が、急に熱を入れてサッカーを観戦しだした。郷土にJリーグのチームが出来たからだ。母体が企業チームでないチームは資金もなく、地域リーグ・JFL時代にも少し見ていたので閑散としたグラウンドでの試合などを思うにつけ、Jリーグ昇格なんてあるのだろうかと半信半疑だったが、この春からJリーグのマークをユニフォームに付けてイレブンがピッチを駆け回っている。戦績は悪いが、観戦に行った時の勝率は中々良いので満足している。毎節ドキドキしながら楽しんでいる。離れて住んでいる家族間での会話も増え、Jリーグ効果を実感している(今更Jリーグですか?という声も聞こえてきそうですが)。なんとなく生活意識が、試合日程を中心に、という風に変わってきていることも面白い。心の底から応援できるチームがあるのは幸せなことだなぁ、と今まで味わったことのない楽しさを実感している。
これからJリーグ昇格を目指す地域もまだまだ沢山あり、こんな楽しさが大都市圏以外に住む人々にもっともっと感じてもらえたら、楽しい国になるんだろうなぁ、と思う。

「サッカーの強い国は滅びる」、元航空自衛官で仲が良かった会社の同僚の口癖だった。自衛隊時代の教官が事ある毎にそう言っていたらしい。同僚は甲子園には出られなかったが福岡の強豪校の主将だったので、もっぱら野球びいきでダイエーホークスを応援していた。僕は西武ライオンズのファンなので、独身寮の部屋でしこたま飲みながらのパ・リーグ談義が面白かった。
当時はサッカーにそれほど興味がなく、「そんなもんかいなぁ」などと前後不覚になった頭で柿の種をかじりながら思っていた。ドイツ・ワールドカップでは散々な結果を残した日本、まだ滅びないのか訊いてみたいところだが、社会の階層化が進むとイギリスの労働階級みたいにパブで集って延々サッカー談義をする人間が増えるんだろうか?それはそれで楽しそうやけど。社会保障さえしっかりしてくれるんなら、そっちの階層で文句ないけど。「スポーツなんてガス抜き」とか「大事な政策発表はNFLのスーパー・ボウルの日、目くらまし」とか言われても、楽しいスポーツ観戦を否定する気にはなれない。

野球といえば、去年四国アイランドリーグという野球の独立リーグが降って湧いたように発足した。熱心な観客ではなく、発足以来十数回足を運んでいるに過ぎず心苦しいが、リーグは採算ラインに遠く及ばない観客動員数が続き、1年目は赤字。2年目の今年は観客数が半減しているという厳しい状況だ。所属選手をプロ野球に上げるのが目的の育成リーグらしいが、球場にスカウトらしき人影が見られることは稀だ。大学野球レベルに達してない、と初見で感じたが、その感覚は今も変わらず、いつまでリーグが存続していけるのか、甚だ心もとない。四国四県それぞれに置かれたチームの、地元チームの成績が振るわないのも腹立たしい。
しかし元西武の石毛代表の心意気やよし、なのでなんとかうまく軌道に乗って欲しいと思っているが、いかんせん野球が下手。僕の一番お気に入りは着ぐるみのマスコット・・・今年はドラフトにかかる選手が出てくるでしょうか・・・?

さてさて、秋から冬にかけての花形と言えばラグビーとアメリカンフットボールだが、僕は大学生のアメフトが好きだ。いよいよリーグ戦が開幕し、これから2週間に1度わくわくさせて貰えるのかと思うと楽しみでしょうがない。
下手な詩?を2年前のリーグ戦天王山となる一戦の前に作った。
緻密な戦略と肉弾戦。屈強な男達が、各々の持ち場でしっかりと仕事をこなし
少しずつ少しずつ前に向かって進んでいく。1ヤード、1ヤード。
いかに敵の裏をかくか。いかに勇気を持って前に進むか。
進ませないぞ、と体を張る男達。敵の戦略を読む。右か?左か?前か?後ろか?
激しいタックル。己の肉体が痛むことなどまるで厭わない、大きな勇気。
1ヤードも進ませるかと、ヘルメットの中の目は揺らぎない闘志に満ちている。

タッチダウン!その歓喜!フィールドもスタンドも噴き上げるような興奮に包まれる。
このクソのような人生で、こんなにも熱い瞬間があり、熱い男達がいる。
そしてまた1ヤード前進するため困難な任務を全うすべく、
そしてまたそれを阻止すべく、男達は再びフィールドに散るのだ。幾度も、幾度も。
試合に勝つために。己に勝つために。
そして試合終了の笛がなっても、終わることない戦いに勝つために・・・

スポーツの世界なら、熱狂してもいい。陶酔してもいい。そう思う。ゲームセットの声がかかれば、試合終了のホイッスルが吹かれれば、それは終わるからだ。その時間、観客は目の前で繰り広げられる劇を固唾を呑んで見守り、声を嗄らし、目一杯楽しめばいい。
そうしちゃいけない場面でそうしないように、スポーツの世界で充分にそういう欲求は消化すればいい。巧妙に体よく絞り込まれた争点に目を眩ませられて熱狂してしまうのはいただけない。
選挙も勝ち負けがハッキリして楽しい小選挙区制に変わってしまったのは、やっぱりよろしくなかったんじゃないかなぁ~。

いかんせん、退屈で味気ないところもある人生に、華を添えるのは酒とバラとスポーツ観戦と思っているので、こんなしょうもないコラムになってしまいました。すみません。m(_ _)m
[PR]
by uts_home | 2006-09-15 00:47 | コラム
<< 今節コラムについて 次節コラムのお題です >>
トップ

プロジェクト ホーム
by uts_home
   新着情報


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑各種ランキングに参加しています。投票、よろしくお願いします。
カテゴリ
検索
人気ジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧