プロジェクト リンク
EQT
MEDIA

BBS (参加メンバー限定)

趣旨説明
【Under the Sunってなに?】

【あなたもUnder the Sunに参加しませんか】

参加してくださる方は、上の「Under the Sunってなに?(趣旨説明)」の記事に参加表明のコメントを入れるか、あるいは参加表明エントリをTBしてください。

メールはこちらに
uts_home@excite.co.jp




プロジェクト参加メンバー
    現在119名

underground railroad
マイナス思考
希望をもちたい
ポラリス-ある日本共産党支部のブログ
にほん民族解放戦線^o^
鳥居正宏のときどきLOGOS
kimera25
ちろの はねっかえりブログ
どうする日本 北欧の福祉を日本へ
本当のことが知りたい!そして日本の未来を語りたい
プレカリアートのなく頃
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
社会民主主義者の声
poppoのブログ
競艇場から見た風景
花園はここにありました!
Saudadeな日々
PAGES D'ECRITURE
護憲+グループ・ごまめのブログ
そいつは帽子だ!
Meditations-現代の自省録。 現代人への金言集。
ricanikanmuri
老人党リアルグループ「護憲+」ブログ
音楽写真。音楽映像。photographer / Kaz tanaka
真silkroad?
ツァラトゥストラはこう言っている?
非国民通信
日本国憲法万歳
オヤバカ男の言いたい放題
津久井進の弁護士ノート
穴に向かって叫ぶ
風を変えよう
ICCで「人間の安全保障」
どこへ行く、日本。
関係性
tamyレポート
九条を考える
青山はここにありました~社会批判がてんこ盛り!!
星月夜
Lonesome-happy-days
高野 善道のブログ雑記帳
作図屋の独り言
アッテンボローの雑記帳
弱い文明。
そういちの平庵( ゚ ρ ゚ )ボーーーー
映画と出会う・世界が変わる
気まぐれな日々
楽我記画像メッセ
大津留公彦のブログ
正しい人のままで死なせてください。
アルバイシンの丘
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
★平和と健康★守ろう生かそう憲法9条25条
dr.stoneflyの戯れ言
観劇レビュー&旅行記と日記
Tomorrow is Another Happy
萌え萌え研究日誌
NHK独立運動
f t v 部炉具 -言葉の装い-
Some Kind of Wonderful
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
おにぎり的生活
川辺より
一滴の水
ペガサス・ブログ版
闘うリベラルのチャンネル
労働相談・JMIU博多協議会
日本国憲法擁護連合
ミクロネシアの小さな島・ヤップより
徒然気儘な綴方帳
エクソダス2005《脱米救国》国民運動
TONYの”あなたとJAZZとカクテルと・・・”
ヲシュレッター宣言
愚樵空論
あきおの日記
こんな日は、虹が出るんだ
真実のステートメント
とむ丸の夢
医療制度改革批判と社会保障と憲法
憧れの風
after 911
S氏の時事問題
妄想to悪口
カナダ de 日本語
考えてみよう
doll and peace
正直正太夫の時評
非国際人養成講座
Lovely Lovely
へっぶしんのニュースや日記
土佐高知の雑記帳
Cherchez la Cinemanie!!( 事件の裏に映画バカ有)
気韻頭日記
友だち一万人!
寝言日記
雑談日記(徒然なるままに、。)
反戦な家づくり
BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
北京でライフォ(≠2nd)!
Jovanniの"雨ニモマケズ"
かわうそ実記
世相春秋
独裁制をぶっこわそう!今こそ良識を持つ人は日本の民主化のために勇気を持って発言しよう
そぞろ日記
逍遥録 −衒学城奇譚−
小泉内閣の支持率が一桁台になるまで
華氏451度
はじめの一歩
再出発日記
Watermark
吾輩は猫である
BLOG BLUES
Les Chemins De La Liberte'
A tree at ease
tsurezure-diary-
晴耕雨読
toxandriaの日記
玄耕庵日乗
T.N.君の日記
以前の記事
最新のトラックバック
君よ永遠のうそをついてくれ
from BLOG BLUES
[政府の首脳は全員刑務所..
from 大津留公彦のブログ2
夏まつりが終わりました。
from 大津留公彦のブログ2
きっといいことがあるよ
from BLOG BLUES
ラジオは上杉隆、ニュース..
from 大津留公彦のブログ2
「プロメテウスの火」をコ..
from 大津留公彦のブログ2
ぴあ廃刊に想う、我がここ..
from BLOG BLUES
22人の期間工の挑戦(傍..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
あなたは原発推進ですか廃..
from 大津留公彦のブログ2
俺たちは部品じゃない、人..
from 大津留公彦のブログ2
ソニーは22人の雇い止め..
from 大津留公彦のブログ2
盛田 昭夫さんの教えをス..
from 大津留公彦のブログ2
「人間は忘れることによっ..
from 大津留公彦のブログ2
平成23年中島らもの祥月..
from BLOG BLUES
「旧体制の政治警察」とし..
from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
頑張れ!藤波心「反原発の..
from 大津留公彦のブログ2
制服向上委員会がフジロッ..
from 大津留公彦のブログ2
「原発の電気は安い」は本..
from 大津留公彦のブログ2
2006年を振り返って-ミクロネシアの小さな島・ヤップより
今回のお題をいただいてから、ハッと気がつきました。
「年の終わりにその1年を振り返るという習慣を、わたしはいつやめてしまったのだろう...」

元来あんまり後ろを振り向かず、わがまま一杯ノーテンキに生きてきたsuyapでございますので、ここで付け焼刃的に一年をマトメようってのも無理だしぃ、今回はちょっと大きく出させていただくことにしました。それで、ちょろっと「わが人生を振り返って」みたいと思います。とはいっても、ここでわたしのオトコ(オンナ)遍歴などを振り返って披露するつもりはございませんので、その筋の方々はご安心を(笑)。とまあ、軽めのスタートをきりながら...

前回の記事にも書きましたが、わたしは今をときめくアベシンゾーさんと同世代でございます。いつまでたっても成長しきれないオトナコドモな精神性も共有している世代かもしれません。そんなわたしが思春期まっ盛りの華やかなりしころ、漠として持ってしまったのが「世界がいつ終わるともしれない不安」でした。それは、はっきりした意識としてではなく精神の基底に静かに淀む闇として、今でもわたしの存在の核の部分に横たわっています。この不安な闇を、ここでは仮にプーと呼ぶことにします。




小学生の頃、将来の夢はと聞かれて「公務員」と答えていたほど堅気に育ったわたしの人生が変調を来たしたのは(笑)、このプーが心に住みついてからでしょうか。何かをしゃかりきにやっている間は良いのですが、ちょっと躓いたり、ふっと暇になったりすると、プーが顔をもたげます。「あんたの理想どおりに世の中が進んだこと、一度だってなかったじゃない?」って。

1960年6月、日米安保条約に反対する学生・民衆が大勢で国会のまわりに押し寄せました。それに対して、アイゼンハワー大統領来日までに安保条約を通して格好をつけたかったアベシンゾーさんのお祖父さまは、警官隊を国会内に導入し、多数の怪我人、逮捕者を出し、そして女子学生が1人殺されました。

10年後の安保改訂時期に備えて、安保反対運動、ベトナム戦争反対運動が学園紛争とともに全国に広まりましたが、なぜか運動はバラバラに遮断され、セクト抗争に埋没し、「戦争はイヤだ」「米軍基地はいらない」「平和憲法を護ろう」という、人として当たり前の思いを持った多くの良識ある人々が運動の方向性を失い、政治を語ることから離れていきました。そして日米安保条約は、当たり前のことのように改訂強化されました。

♪ 友よ、夜明け前の闇の中で
♪ 友よ、戦いの炎を燃やせ
 (1968年 岡林 信康)

から

♪ 若かったあの頃 何も怖くなかった
♪ ただ貴方のやさしさが 怖かった
 (1973年 かぐや姫)

へと若者の歌も変わっていきました。
1960年代後半に♪友よ♪と歌い上げた先輩たちも、それに続くわたしたちも、1970年代から80年代にかけて個人的な仕事やシアワセ、自己実現の追及にとそれなりに忙しく過ごし、頑張れば収入もそこそこついてきました。海外旅行ブームが起こり(起こされ)、グアム・ハワイは日本から気軽に行けるアメリカとして日本人観光客であふれるようになりました。

1980年代後半~90年代前半頃までは「一億総中流」意識とまでおだてられ、なんだか日本や日本人が本当に豊かになった気がして、好きな趣味に熱中したり海外旅行も相変わらず盛んでお土産もよく売れました。でも、それと同時にオーム真理教とか統一教会とか、創価学会とか、おかしなセクト(カルト)が密かに触手を伸ばしていた時代でもありました。それに、仕組まれたのかヒョウタンからコマか、自民党が一時野に下るという事態もおき、おおっと思ったのも束の間、政界大混乱と瞬く間の社民党フェイドアウト。そして1995年のサリン事変と一連の騒動・・・大手証券会社や銀行の倒産・・・バブル崩壊後の長引く不況・・・

次に来たのが1998年「国旗国歌法」
以後の事態は書くのも憚られる「日本国憲法」蹂躙への道。

今また、わたしの心のプーが囁いています。
「ほら、わかったでしょ。この世の道はこうなると決まってるのよ。あんたの思うような『理想の世の中』なんて夢でしかないのよ」と。

でも、もうわたしは神田川を歌いません。「あの頃」にはまだ時間があったけど、もう今は日本にも地球にも時間がない、わたしにも時間がないのが、わかっているから。

声が枯れてかすれ果てても、身はボロボロにやつれ老いさらばえても、たとえ軍靴で踏みつけられようとも、♪友よ♪と心の連帯を叫び続けたいと思います。60年安保以降、巧妙に仕掛けられた敵の分断工作から我々を護るのは、この心の叫びだと思います。闇夜の山猫の唸りです。月夜の狼の遠吠えです。同じ心の闇プーを持つものの唸り声・叫び声は、山や谷を渡り、海を越え、どんな障壁をも突き抜けて繋がっていくのです。
[PR]
by uts_home | 2006-11-30 22:01 | コラム
<< 七歩の詩(13)--日替わりコ... 四阿日誌#5:自由と民主主義と... >>
トップ

プロジェクト ホーム
by uts_home
   新着情報


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑各種ランキングに参加しています。投票、よろしくお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧