プロジェクト リンク
EQT
MEDIA

BBS (参加メンバー限定)

趣旨説明
【Under the Sunってなに?】

【あなたもUnder the Sunに参加しませんか】

参加してくださる方は、上の「Under the Sunってなに?(趣旨説明)」の記事に参加表明のコメントを入れるか、あるいは参加表明エントリをTBしてください。

メールはこちらに
uts_home@excite.co.jp




プロジェクト参加メンバー
    現在119名

underground railroad
マイナス思考
希望をもちたい
ポラリス-ある日本共産党支部のブログ
にほん民族解放戦線^o^
鳥居正宏のときどきLOGOS
kimera25
ちろの はねっかえりブログ
どうする日本 北欧の福祉を日本へ
本当のことが知りたい!そして日本の未来を語りたい
プレカリアートのなく頃
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
社会民主主義者の声
poppoのブログ
競艇場から見た風景
花園はここにありました!
Saudadeな日々
PAGES D'ECRITURE
護憲+グループ・ごまめのブログ
そいつは帽子だ!
Meditations-現代の自省録。 現代人への金言集。
ricanikanmuri
老人党リアルグループ「護憲+」ブログ
音楽写真。音楽映像。photographer / Kaz tanaka
真silkroad?
ツァラトゥストラはこう言っている?
非国民通信
日本国憲法万歳
オヤバカ男の言いたい放題
津久井進の弁護士ノート
穴に向かって叫ぶ
風を変えよう
ICCで「人間の安全保障」
どこへ行く、日本。
関係性
tamyレポート
九条を考える
青山はここにありました~社会批判がてんこ盛り!!
星月夜
Lonesome-happy-days
高野 善道のブログ雑記帳
作図屋の独り言
アッテンボローの雑記帳
弱い文明。
そういちの平庵( ゚ ρ ゚ )ボーーーー
映画と出会う・世界が変わる
気まぐれな日々
楽我記画像メッセ
大津留公彦のブログ
正しい人のままで死なせてください。
アルバイシンの丘
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
★平和と健康★守ろう生かそう憲法9条25条
dr.stoneflyの戯れ言
観劇レビュー&旅行記と日記
Tomorrow is Another Happy
萌え萌え研究日誌
NHK独立運動
f t v 部炉具 -言葉の装い-
Some Kind of Wonderful
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
おにぎり的生活
川辺より
一滴の水
ペガサス・ブログ版
闘うリベラルのチャンネル
労働相談・JMIU博多協議会
日本国憲法擁護連合
ミクロネシアの小さな島・ヤップより
徒然気儘な綴方帳
エクソダス2005《脱米救国》国民運動
TONYの”あなたとJAZZとカクテルと・・・”
ヲシュレッター宣言
愚樵空論
あきおの日記
こんな日は、虹が出るんだ
真実のステートメント
とむ丸の夢
医療制度改革批判と社会保障と憲法
憧れの風
after 911
S氏の時事問題
妄想to悪口
カナダ de 日本語
考えてみよう
doll and peace
正直正太夫の時評
非国際人養成講座
Lovely Lovely
へっぶしんのニュースや日記
土佐高知の雑記帳
Cherchez la Cinemanie!!( 事件の裏に映画バカ有)
気韻頭日記
友だち一万人!
寝言日記
雑談日記(徒然なるままに、。)
反戦な家づくり
BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
北京でライフォ(≠2nd)!
Jovanniの"雨ニモマケズ"
かわうそ実記
世相春秋
独裁制をぶっこわそう!今こそ良識を持つ人は日本の民主化のために勇気を持って発言しよう
そぞろ日記
逍遥録 −衒学城奇譚−
小泉内閣の支持率が一桁台になるまで
華氏451度
はじめの一歩
再出発日記
Watermark
吾輩は猫である
BLOG BLUES
Les Chemins De La Liberte'
A tree at ease
tsurezure-diary-
晴耕雨読
toxandriaの日記
玄耕庵日乗
T.N.君の日記
以前の記事
最新のトラックバック
君よ永遠のうそをついてくれ
from BLOG BLUES
[政府の首脳は全員刑務所..
from 大津留公彦のブログ2
夏まつりが終わりました。
from 大津留公彦のブログ2
きっといいことがあるよ
from BLOG BLUES
ラジオは上杉隆、ニュース..
from 大津留公彦のブログ2
「プロメテウスの火」をコ..
from 大津留公彦のブログ2
ぴあ廃刊に想う、我がここ..
from BLOG BLUES
22人の期間工の挑戦(傍..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
あなたは原発推進ですか廃..
from 大津留公彦のブログ2
俺たちは部品じゃない、人..
from 大津留公彦のブログ2
ソニーは22人の雇い止め..
from 大津留公彦のブログ2
盛田 昭夫さんの教えをス..
from 大津留公彦のブログ2
「人間は忘れることによっ..
from 大津留公彦のブログ2
平成23年中島らもの祥月..
from BLOG BLUES
「旧体制の政治警察」とし..
from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
頑張れ!藤波心「反原発の..
from 大津留公彦のブログ2
制服向上委員会がフジロッ..
from 大津留公彦のブログ2
「原発の電気は安い」は本..
from 大津留公彦のブログ2
「“息苦しさ”の一歩手前」by華氏451度
「トマよぉ、いるか?」
 築後20年以上経つらしい、かなりくたびれたマンションの1階の片隅。半ば開け放された窓から野良猫ムルが首を突っ込んで呼ぶと、トマシーナ(通称トマ)がすっ飛んで来た。
「あ、兄貴。こんばんは~。何か元気ないけど、どうしたの」
「今日は全然、食い物にありついてなくてさぁ。腹が減って腹が減って。シャケ弁の残りか何かあったら、ちょいと戴こうと思ってさ。華氏に聞いてみてくんない?」
「うーん。今はダメだと思うよ。机に向かって頭抱えちゃってるから。下手に近寄らない方がいい雰囲気」
「頭抱えてる? なーんでまた」
「Under the Sunのコラムの日だっていうこと、ころっと忘れてたんだって。で、慌てて唸ってるわけ」
「相変わらずバカだなぁ、おまえんちの華氏の奴。……頭抱えて唸ったって、何も出て来やしないから諦めろって言ってやんな。無から有は生じない。これ、天地開闢以来の真理だぜ」
「そんなこと言わないでよぉ。可哀想じゃん。できれば手伝ってやりたいけど、僕もなかなかアイデア湧かなくてさ」
「へえ……おまえも結構ヒトが……じゃないや、ネコがいいんだな」
「だってやっぱりさ、一応食わせてもらってる義理もあるしィ」
「へへへ、義理ときやがった。義理堅い猫なんて、何か『マルキシズムを信奉する王様』とか『老後の心配をする少年』みてぇだな。あるのかよそんなもん、てな感じ」
「いーじゃん。あ、そうだ。兄貴、考えてやってよ」
「げっ、なんでおいらが……」
「兄貴、ヒマでしょ? それにさ、兄貴のおかげでコラムが仕上がったら、喜んで何か食べるもの用意してくれると思うよ」
「うーん。ま、いいか。……ところであのコラム、お題ってやつがあるだろ。今月は何なんだい」
「あつくるしいもの、だってさ」
「きゃはははは。あつくるしきもの、無い知恵を絞ろうとして七転八倒する華氏。貧乏揺すりの膝が机の脚にぶつかる音、冷や汗で濡れた髪が額に貼り付くさまも、いとあつくるし」
「もう……少しは真面目にやってよぉ」
「わ、わかったわかった。ベソかくんじゃねぇよ」

……というわけで、今回は都の東北を闊歩する牡猫・ムルと、その腰巾着のトマがひねり出した「あつくるしいもの」でございます。え? そのコンビの方があつくるしいって? す、すみません……。




◇◇◇◇◇

ムル「あつくるしいものって、考えてみりゃたくさんあるよな。ひとまず思いつくまま、適当に挙げてってみようか。たとえば、雨上がりの水たまりに、ガソリンでもこぼれたのか油が浮いてるところ。渋滞した高速道路を空から写した写真。右翼の街宣車。本体より大きいぐらいのド派手なストラップ付けた携帯電話。宝石だかをいっぱい付けた人間の女性。狭い檻の中を不機嫌そうに行ったり来たりしている動物園のライオン。急に思い出したけど、汗で化粧が半分剥げちまった華氏のおっかさんの顔なんかもあつくるしいわな」

トマ「うわ、そんなこと言うと華氏が怒るよ~。華氏ってマザコンなんだから」

ムル「おっとっと、冗談冗談。じゃ、続けようか」

トマ「考えてみたら、キリがないぐらいあるんだよね。窓に厚ぼったいカーテンが掛かってるのとか、ギュウギュウに広告チラシを突っ込まれた郵便受けとか、あつくるしいな~って思うしさ」

ムル「ま、おいらやおまえが挙げたのは、見た目とかにあつくるしいものだけどさ。実はさぁ、おいらが一番あつくるしいと思うのは、『道徳』ってやつなんだよな。教育再生会議とかが、嬉しげに騒いでいる類の」

トマ「え? 道徳? それが何であつくるしいの? 兄貴は道徳って嫌いなの?」

ムル「道徳というもの自身には、別に罪はねぇよ。特にモラルと言い換えてみたら、そりゃ大切なもんでしょとおいらなんぞも思うよな。おいら達だって、最低のモラルみたいなものは持ってるわけだしさ。でも、今の道徳っていう言葉は、色が着いてる気がしないかい? それがあつくるしいんだよな」

トマ「色って?」

ムル「単なる道徳じゃなくて、『国民の道徳』って色」

トマ「西部ナントカとかって評論家が、そういうタイトルの本を書いてたよね、確か」

ムル「よく知ってるじゃんか。おまえの生まれるずっと前の話だろうに。ま、ともかくだな。今の日本を見ていると、ドートク、ドートクという掛け声で国民を脅したりすかしたりして、こぢんまりとおとなしくまとめようとしてるような気がするんだよなぁ。高村光太郎っていう詩人が『根付けの国』っていう詩の中で『自分を知らない、こせこせした/命のやすい/見栄坊な/小さく固まって、納まり返った』……と日本人を呪詛しているんだ。その感覚がぜんぶ的を射てるかどうかはおいらは知らねーけどさ。為政者ってのは、命が安くて、小さく固まった国民を作りたいんじゃないかな。で、ちょいと昔はそれがかなり成功したんだと思う。ここ数十年の間にどんどん解放されてきたもんだから、こりゃいかんと思ってるんだろうな、きっと」

トマ「道徳道徳ってうるさく言えば、それが成功するわけ?」

ムル「誰かを支配するには、心を支配するのが一番だからね。て言うか、心を支配しなければ完全には支配できない。どんなに縛っても、心を縛れなければいつか牙を剥かれる恐れがあるだろ。面従腹背なんてやられるのは、為政者にとっては危なくて仕方ないのさ」

トマ「人間て、ほんとにほかの人間の心を支配できるの? 信じらんなーい」

ムル「おいら達にゃ信じられないけどさ、人間の世界ではいくらでもあるんだぜ。人間て、おいら達と比べてずっと五感が鈍いし、もっと悪いことに妙に賢いしな」

トマ「えっ、賢いってよくないのぉ?」

ムル「まともにそう聞かれると困るけどよ……知識とかを吸収して溜め込んでいく能力はすごいよな。学習能力ってやつか。ただ、うっかりするとろくでもないことを学んじゃう。その点、生き物として欠陥があるんだよなぁ」

トマ「つまりこれが正しいと教え込まれたら、無批判にって言うか、なーんも考えずにどんどん身に着けちゃったりする?」

ムル「そう言い切っちまうと語弊があるけどさ。そういうことも大いにある、と思うぜ。特に人間は群れ動物だから、慣習とか常識とかいうものに対して無意識のうちに信頼持ってるしな」

トマ「でもさあ……おいらにはまだピンと来ないんだよね。道徳をうるさく言うことが、なんで心の支配に結びつくのか」

ムル「誰にでも見える形で、直線的には結びつきゃしねぇさ。それだったらいくら何でも、国民は黙ってやしないだろ。一見綺麗な……糖衣にくるんだようなってのかね、文句のつけどころが難しい形で心を侵略していくわけ。なぁトマ、江戸時代だったかな、親孝行な人間がおかみに表彰されたってのかな、お褒めの言葉とご褒美をいただきました、って話を知ってるか?」

トマ「え? 何それ」

ムル「おいらも詳しくは知らないけどさ、ともかくお褒めに預かったんだとよ。寝たきりの姑を長年介護して、自分の食べるもの削ってでも姑に孝養尽くした嫁さんが褒められたとかさ。親のために遊郭に身売りするなんてのも、親孝行美談になったらしい。バカ言ってんじゃねぇ、とおいらは思うけどさ」

トマ「まあねえ……親孝行ってのは悪いことじゃないわけだし……」

ムル「そうそうそう。でもさあ、それが美談になったり、おかみがことさらに褒めたりするのって変だろ? それをやるんだよな、為政者ってのは。右手のやることを左手に知らせちゃいけないはずなのに、麗々しく持ち上げること自体うさん臭いんだけどさ。誰だって褒められると嬉しいわけでね、争ってイイコチャンになろうとする。そこがまあ、狙いのひとつなんだよなー」

トマ「イイコチャンのモデルを示して、みんながそれになろうとするように煽る。余念なからしめるってわけだね」

ムル「しばらく前からかまびすしく言われている愛国心とやらだって、心を支配する道具のひとつさ。愛国心でも愛郷心でもいいけど、そんなもん無いわいという人間はそんな多くないだろ」

トマ「華氏は無いって言ってるよ」

ムル「ああいうひねくれた奴は関係ねぇのッ。やっぱりさ、生まれ育った所って何となく大切じゃんか。おいら達だってそうだろ。そういう素朴な感覚みたいなものに、巧みにつけ込むんだよな。正面切って批判しにくいものを前面に出して、猫なで声で『基本的なモラルですよね』みたいに言いつのる。汚ねぇよなあ」

トマ「うん……」

ムル「誰が言っても真理は真理、という言い方があるだろ。それはまあ、一面では確かさ。隣のおっちゃんが言おうと右翼の親玉が言おうとストーカーで訴えられた男が言おうと、たとえばフランス革命が起きたのは18世紀末だし、円周率は3.14だしね。でも価値観を初めとして観念と関わることは、誰が言ったかがすっごい問題だと思うんだよな。わかりやすい話するとさ、平和は大切ですなんていう言葉も、人によって中身や思考のベクトルは違うに決まってるだろ」

トマ「わかりやすくないけど……ま、わかるかな。世界平和のためになんて言って、軍備増強したり戦争おっぱじめる国もあるもんね」

ムル「今の総理大臣が連呼している『美しい国』なんてのも、あつくるしいよな。美しい国、大いに結構。でもアンタに規定される筋合いはない。そうきっぱりと言わなければ、この国の国民はフィッシャーの不思議階段みたいな迷路に迷い込んで、いつの間にか美しくない地平に連れて行かれると思うんだよなあ」

トマ「でもさあ……おいら達には関係ないじゃーん。猫は国民じゃないもん」

ムル「おいおいトマよぉ、おいらのお株を奪うなっつーの。そりゃおいら達には関係ねぇけどさ、人間の中にもたくさん友達はいるわけでね。やっぱし少しは心配してやるのが筋ってもんだろ」

トマ「えへ、そうだよね。義理堅い猫としては、兄貴のその意見にだーいさんせい」

ムル「あつくるしいという感覚にはいろんな側面があるけど、おいらは『息苦しい』の手前イコール『あつくるしい』、みたいな気がしてならないんだ。ほんとにもうギリギリ息苦しくなる前に、抵抗しておかないと取り返しがつかないとおいらは思うんだよなあ……わかったら、今話してたことを華氏に言って来な」

トマ「おっけーい」

ムル「あ、食べるもんのこと、忘れんなよ。ハムかチーズの切れっ端があるとありがたいなっ」


(毎度の遅刻、申し訳ありません。日帰り出張で夜中に帰宅しました。……明日、というか今日は10日ぶりぐらいの休日なので、うかうかとこんな時間まで起きておりました。例によって酔っぱらって書いたので、つじつまの合わないところも御容赦……そろそろコラムはクビかな)
[PR]
by uts_home | 2007-05-29 03:38 | コラム
<< 暑苦しいもの--by luxe... 私を束ねないで >>
トップ

プロジェクト ホーム
by uts_home
   新着情報


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑各種ランキングに参加しています。投票、よろしくお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧