プロジェクト リンク
EQT
MEDIA

BBS (参加メンバー限定)

趣旨説明
【Under the Sunってなに?】

【あなたもUnder the Sunに参加しませんか】

参加してくださる方は、上の「Under the Sunってなに?(趣旨説明)」の記事に参加表明のコメントを入れるか、あるいは参加表明エントリをTBしてください。

メールはこちらに
uts_home@excite.co.jp




プロジェクト参加メンバー
    現在119名

underground railroad
マイナス思考
希望をもちたい
ポラリス-ある日本共産党支部のブログ
にほん民族解放戦線^o^
鳥居正宏のときどきLOGOS
kimera25
ちろの はねっかえりブログ
どうする日本 北欧の福祉を日本へ
本当のことが知りたい!そして日本の未来を語りたい
プレカリアートのなく頃
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
社会民主主義者の声
poppoのブログ
競艇場から見た風景
花園はここにありました!
Saudadeな日々
PAGES D'ECRITURE
護憲+グループ・ごまめのブログ
そいつは帽子だ!
Meditations-現代の自省録。 現代人への金言集。
ricanikanmuri
老人党リアルグループ「護憲+」ブログ
音楽写真。音楽映像。photographer / Kaz tanaka
真silkroad?
ツァラトゥストラはこう言っている?
非国民通信
日本国憲法万歳
オヤバカ男の言いたい放題
津久井進の弁護士ノート
穴に向かって叫ぶ
風を変えよう
ICCで「人間の安全保障」
どこへ行く、日本。
関係性
tamyレポート
九条を考える
青山はここにありました~社会批判がてんこ盛り!!
星月夜
Lonesome-happy-days
高野 善道のブログ雑記帳
作図屋の独り言
アッテンボローの雑記帳
弱い文明。
そういちの平庵( ゚ ρ ゚ )ボーーーー
映画と出会う・世界が変わる
気まぐれな日々
楽我記画像メッセ
大津留公彦のブログ
正しい人のままで死なせてください。
アルバイシンの丘
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
★平和と健康★守ろう生かそう憲法9条25条
dr.stoneflyの戯れ言
観劇レビュー&旅行記と日記
Tomorrow is Another Happy
萌え萌え研究日誌
NHK独立運動
f t v 部炉具 -言葉の装い-
Some Kind of Wonderful
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
おにぎり的生活
川辺より
一滴の水
ペガサス・ブログ版
闘うリベラルのチャンネル
労働相談・JMIU博多協議会
日本国憲法擁護連合
ミクロネシアの小さな島・ヤップより
徒然気儘な綴方帳
エクソダス2005《脱米救国》国民運動
TONYの”あなたとJAZZとカクテルと・・・”
ヲシュレッター宣言
愚樵空論
あきおの日記
こんな日は、虹が出るんだ
真実のステートメント
とむ丸の夢
医療制度改革批判と社会保障と憲法
憧れの風
after 911
S氏の時事問題
妄想to悪口
カナダ de 日本語
考えてみよう
doll and peace
正直正太夫の時評
非国際人養成講座
Lovely Lovely
へっぶしんのニュースや日記
土佐高知の雑記帳
Cherchez la Cinemanie!!( 事件の裏に映画バカ有)
気韻頭日記
友だち一万人!
寝言日記
雑談日記(徒然なるままに、。)
反戦な家づくり
BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
北京でライフォ(≠2nd)!
Jovanniの"雨ニモマケズ"
かわうそ実記
世相春秋
独裁制をぶっこわそう!今こそ良識を持つ人は日本の民主化のために勇気を持って発言しよう
そぞろ日記
逍遥録 −衒学城奇譚−
小泉内閣の支持率が一桁台になるまで
華氏451度
はじめの一歩
再出発日記
Watermark
吾輩は猫である
BLOG BLUES
Les Chemins De La Liberte'
A tree at ease
tsurezure-diary-
晴耕雨読
toxandriaの日記
玄耕庵日乗
T.N.君の日記
以前の記事
最新のトラックバック
君よ永遠のうそをついてくれ
from BLOG BLUES
[政府の首脳は全員刑務所..
from 大津留公彦のブログ2
夏まつりが終わりました。
from 大津留公彦のブログ2
きっといいことがあるよ
from BLOG BLUES
ラジオは上杉隆、ニュース..
from 大津留公彦のブログ2
「プロメテウスの火」をコ..
from 大津留公彦のブログ2
ぴあ廃刊に想う、我がここ..
from BLOG BLUES
22人の期間工の挑戦(傍..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
あなたは原発推進ですか廃..
from 大津留公彦のブログ2
俺たちは部品じゃない、人..
from 大津留公彦のブログ2
ソニーは22人の雇い止め..
from 大津留公彦のブログ2
盛田 昭夫さんの教えをス..
from 大津留公彦のブログ2
「人間は忘れることによっ..
from 大津留公彦のブログ2
平成23年中島らもの祥月..
from BLOG BLUES
「旧体制の政治警察」とし..
from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
頑張れ!藤波心「反原発の..
from 大津留公彦のブログ2
制服向上委員会がフジロッ..
from 大津留公彦のブログ2
「原発の電気は安い」は本..
from 大津留公彦のブログ2
あつくるしいもの by「そぞろ日記」miyau
コラムニストのみなさまが、「あーこんなもの直視したくないー、うー気持ち悪いー」と、思いながら切り取ってきた「あつくるしいもの」の数々に私も読んでいるだけで体感気温が3度ほど上昇し、梅雨時だというのにさっぱりと晴れ上がった空とは無縁な心情になってしまいたした。あーあ、やだやだ。

コラムの投稿も、ご挨拶も遅れてしまいました。「そぞろ日記」のmiyauでございます。

ただただ、私の住んでいるこの国のあるこの世界には、よくもお世辞にも美しいとは言えない醜く暑苦しい人やモノ事象が転がっているものだと感心しきりでした。

「あつくるしいもの」をどう料理しようか、最初はあつくるしいと感じるものを列挙してみたりしていたのですが、今わたしたちに必要なのは「物語」なのではないかと思うところがあって、白紙に戻して物語を書きました。
慌てて書いたので、推敲不足の感は否めませんが、よろしければおつきあいください。






人間に生まれたからには、可能な限り幸福に、美しいものに囲まれて心地よく生きていきたいと、多くの人が願うのに、この世界にはどうして人を不快にさせる物自体が存在しているのだろうと不思議に思う。

「あつくるしい」「不快だ」と、感じる感性にも個人差があって、見た目に美しいかどうかにウルサイ人もいれば、心地よさを重視する人もいるだろう。ヒロは、「あつくるしいもの」がだいきらい。どうにかして「あつくるしいもの」から逃げられないか考えていました。



ヒロはあつくるしいことが多すぎることに腹を立て、プンプン怒りながら、どうやって「あつくるしいもの」から逃げようか頭をひねっていました。



自分が何を不快に思うかなんて、個々の勝手きままな感覚が脳内で訴えかけてくるからにほかならない出来事なのだけれど。



ヒロは考えました。できるだけ多くの物事を「あつくるしい」とか「不快」だと感じないで生きていければ、なんとこの世は生きていきやすくなることだろう。

何も感じず、聞こえず、すべてを遮断して。



どんな都会のど真ん中の雑踏でも、あつくるしさに顔を歪めることなく、涼しい顔で泳いでいけたらよいだろう。



そうだ、いいことを思いついた。何にも感じなくて済むように、心に高い壁をつくってみよう。目に見えないほどの高い壁で自分の周りを囲ってしまえたら、心を閉ざしてしまえたら「あつくるしさ」は感じなくなるぞ。



はて、まてよ。「あつくるしさ」は感じなくなったけど、目の前は高い壁しか見えなくて、遠くの景色も海も花も、好きな人の顔すらも見えなくなってしまいました。















「あつくるしいもの」からは自由になったけど、「あつくるしい」と感じること以外の全てのことからも「自由」になりすぎて、なんにもなくなってしまいました。



なんにもないは、さびしいぞ。















ヒロは悲しくなって泣いてしまいました。なんにもなくなってしまった寂しさに孤独を感じて、目からはポロポロと涙がこぼれてきます。



「あつくるしいもの」から逃げていたはずなのに、僕の大好きなお友達やおかあさん、おとうさん、密かに憧れているミホちゃんとの間を、自分で作った高い高い壁が隔てるようになってしまった。さびしいよ。



いつしかヒロは、うわーん、うわーんと声をあげて泣いていました。





すると、誰かの声がします。「ねえ君。どうしてそんなに泣いているの?」ヒロは泣きながら答えました。

「あつくるしいもの」から逃げたくて大きな壁を作ったら、「 あつくるしいもの」だけじゃない全てのものから遠ざかってしまったんだ。



「壁?そんなものどこにあるの?」



え??ヒロは気が付きました。自分で作った壁は、他の人からは見えていなかったことに。

自分の心の壁は、ヒロが心の中に作った壁でした。だから、ヒロが顔を上げて目を見開いたときにそれは無くなっていました。



気が付いてみると、泣いているヒロをじっと覗き込んでいたのは、ミホちゃんでした。泣いているところを見られたヒロの顔は、夕焼けのように真っ赤になりました。



その日ヒロは、ミホちゃんと一緒におうちに帰りました。





おいしい晩御飯をたべて、パジャマに着替えました。おかあさんが暖かいミルクを飲ませてくれました。
それから、ふかふかのベッドに寝転んでヒロは思いました。
「あつくるしいもの」は嫌いだけど、心に高い壁をつくったら「あつくるしいもの」以外のものまで、無くなってさびしいさびしいなんでもないになってしまったぞ。でもでも、やっぱり「あつくるしいもの」はだいきらい。



やれやれ、どうしよう。



そうだ、ずっとミホちゃんや好きなものことだけ考えよう。そうしたら「あつくるしいもの」なんか気にしないでいられるぞ。



考えながらも疲れて眠ってしまったヒロは、夢の中でミホちゃんと遊んでいました。



いろいろな色の花が咲いている公園で、ミホちゃんやおともだちやおとうさんやおかあさんと一緒です。



これでもう安心だ。「あつくるしいもの」は、無くなったし、好きな人やモノとも離れないでさみしくないぞ。

ヒロは自分の考えに有頂天でした。



好きなものに囲まれて好きなことだけしていれば、幸せだ。



ところが、ヒロの追い出した「あつくるしいもの」は、ヒロの大好きなミホちゃんや、お父さんやお母さんをいじめはじめました。

あつくるしいものを無かったことにしたヒロにはミホちゃんやお父さん、お母さんが苦しんでいる顔しか見えません。



「みんなをいじめるな!」目に見えなくなったあつくるしいものを、ヒロは必死で追い払おうとしますが、ヒロはあつくるしいものをつかまえることも追い払うこともできません。



ヒロはみんなを助けたくて、「あつくるしいもの」を追い払うために、せっかく見えなくなった「あつくるしいもの」を見ようとしました。


でも見えません。


「あつくるしいもの」は、見えない姿で、ヒロの大好きな人たちをいじめ続けました。



くやしくてくやしくて、ヒロの目から涙があふれてきました。しかし、今度はヒロは泣きませんでした。

どうしても大好きな人たちを助けたかったからです。涙を流しながらヒロは、じっとみんなをいじめる「あつくるしいもの」に目を凝らしました。



あんなに見たくないいやでいやでたまらなかった「あつくるしいもの」を見るために、涙があふれだす目を凝らしました。



のどからあふれる嗚咽を飲み込みながら、歯を食いしばってヒロが必死に見ようとしていると、やがて「あつくるしいもの」は、ぼんやりと姿をあらわしてきました。

「あつくるしいもの」の不快きわまりない姿は、やがてはっきりとヒロの目に映り始めました。



さらにじっと凝視すると、「あつくるしいもの」のおおきな身体や毛深い手。そして身体と同じくらい大きな顔にぼさぼさの髪の毛ともじゃもじゃのひげ。そしてすべてを飲み込もうとする大きな口と、どす黒い歯茎に生えた不ぞろいな歯。二つの目は血走っています。その姿で「あつくるしいもの」は臭い息を吐き、つばをながら怒鳴り声をあげていました。


うわあ、あつくるしい。


ヒロは「あつくるしいもの」の姿をはっきりと見据えました。


「あつくるしいもの」の醜い姿は見るに耐えないし、変な臭いもたまりません。目を覆って逃げ出したい気持ちを抑えながら、じいいっと見つめました。


すると、「あつくるしいもの」からひょろりと長いしっぽのようなものが見えてきました。


考えるまもなくヒロはむんずとしっぽをつかんで、えい!と思い切り引っ張りました。


シューと音を立ててあつくるしいものは小さくなっていきました。
小さくなった「あつくるしいもの」は、もうこわくなんかありません。さっきまで、耳障りな声で叫んでいましたが、いまでは「キーキー」と、小さな声しか聞こえてきません。

こんなに小さくなったんだから、もうみんなをいじめることもできません。


やった!ヒロは目を覚ましました。手には、何にも握っていませんでした。


不思議とヒロはあんなに悩まされていた「あつくるしいもの」がもう恐くなくなっていました。
[PR]
by uts_home | 2007-06-18 22:50 | コラム
<< 七歩の詩(19)--日替わりコ... いと暑苦し  by T.N.君の日記 >>
トップ

プロジェクト ホーム
by uts_home
   新着情報


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑各種ランキングに参加しています。投票、よろしくお願いします。
カテゴリ
検索
人気ジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧