プロジェクト リンク
EQT
MEDIA

BBS (参加メンバー限定)

趣旨説明
【Under the Sunってなに?】

【あなたもUnder the Sunに参加しませんか】

参加してくださる方は、上の「Under the Sunってなに?(趣旨説明)」の記事に参加表明のコメントを入れるか、あるいは参加表明エントリをTBしてください。

メールはこちらに
uts_home@excite.co.jp




プロジェクト参加メンバー
    現在119名

underground railroad
マイナス思考
希望をもちたい
ポラリス-ある日本共産党支部のブログ
にほん民族解放戦線^o^
鳥居正宏のときどきLOGOS
kimera25
ちろの はねっかえりブログ
どうする日本 北欧の福祉を日本へ
本当のことが知りたい!そして日本の未来を語りたい
プレカリアートのなく頃
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
社会民主主義者の声
poppoのブログ
競艇場から見た風景
花園はここにありました!
Saudadeな日々
PAGES D'ECRITURE
護憲+グループ・ごまめのブログ
そいつは帽子だ!
Meditations-現代の自省録。 現代人への金言集。
ricanikanmuri
老人党リアルグループ「護憲+」ブログ
音楽写真。音楽映像。photographer / Kaz tanaka
真silkroad?
ツァラトゥストラはこう言っている?
非国民通信
日本国憲法万歳
オヤバカ男の言いたい放題
津久井進の弁護士ノート
穴に向かって叫ぶ
風を変えよう
ICCで「人間の安全保障」
どこへ行く、日本。
関係性
tamyレポート
九条を考える
青山はここにありました~社会批判がてんこ盛り!!
星月夜
Lonesome-happy-days
高野 善道のブログ雑記帳
作図屋の独り言
アッテンボローの雑記帳
弱い文明。
そういちの平庵( ゚ ρ ゚ )ボーーーー
映画と出会う・世界が変わる
気まぐれな日々
楽我記画像メッセ
大津留公彦のブログ
正しい人のままで死なせてください。
アルバイシンの丘
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
★平和と健康★守ろう生かそう憲法9条25条
dr.stoneflyの戯れ言
観劇レビュー&旅行記と日記
Tomorrow is Another Happy
萌え萌え研究日誌
NHK独立運動
f t v 部炉具 -言葉の装い-
Some Kind of Wonderful
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
おにぎり的生活
川辺より
一滴の水
ペガサス・ブログ版
闘うリベラルのチャンネル
労働相談・JMIU博多協議会
日本国憲法擁護連合
ミクロネシアの小さな島・ヤップより
徒然気儘な綴方帳
エクソダス2005《脱米救国》国民運動
TONYの”あなたとJAZZとカクテルと・・・”
ヲシュレッター宣言
愚樵空論
あきおの日記
こんな日は、虹が出るんだ
真実のステートメント
とむ丸の夢
医療制度改革批判と社会保障と憲法
憧れの風
after 911
S氏の時事問題
妄想to悪口
カナダ de 日本語
考えてみよう
doll and peace
正直正太夫の時評
非国際人養成講座
Lovely Lovely
へっぶしんのニュースや日記
土佐高知の雑記帳
Cherchez la Cinemanie!!( 事件の裏に映画バカ有)
気韻頭日記
友だち一万人!
寝言日記
雑談日記(徒然なるままに、。)
反戦な家づくり
BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
北京でライフォ(≠2nd)!
Jovanniの"雨ニモマケズ"
かわうそ実記
世相春秋
独裁制をぶっこわそう!今こそ良識を持つ人は日本の民主化のために勇気を持って発言しよう
そぞろ日記
逍遥録 −衒学城奇譚−
小泉内閣の支持率が一桁台になるまで
華氏451度
はじめの一歩
再出発日記
Watermark
吾輩は猫である
BLOG BLUES
Les Chemins De La Liberte'
A tree at ease
tsurezure-diary-
晴耕雨読
toxandriaの日記
玄耕庵日乗
T.N.君の日記
以前の記事
最新のトラックバック
君よ永遠のうそをついてくれ
from BLOG BLUES
[政府の首脳は全員刑務所..
from 大津留公彦のブログ2
夏まつりが終わりました。
from 大津留公彦のブログ2
きっといいことがあるよ
from BLOG BLUES
ラジオは上杉隆、ニュース..
from 大津留公彦のブログ2
「プロメテウスの火」をコ..
from 大津留公彦のブログ2
ぴあ廃刊に想う、我がここ..
from BLOG BLUES
22人の期間工の挑戦(傍..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
あなたは原発推進ですか廃..
from 大津留公彦のブログ2
俺たちは部品じゃない、人..
from 大津留公彦のブログ2
ソニーは22人の雇い止め..
from 大津留公彦のブログ2
盛田 昭夫さんの教えをス..
from 大津留公彦のブログ2
「人間は忘れることによっ..
from 大津留公彦のブログ2
平成23年中島らもの祥月..
from BLOG BLUES
「旧体制の政治警察」とし..
from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
頑張れ!藤波心「反原発の..
from 大津留公彦のブログ2
制服向上委員会がフジロッ..
from 大津留公彦のブログ2
「原発の電気は安い」は本..
from 大津留公彦のブログ2
モモ  by T.N.君の日記
今節のコラムのお題は「夏休み」。夏休みというと、20数年前のとある日の出来事を思いだします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 夏休みの早朝に、突然「モモ」の様子がおかしくなった。

 いつも朝から美味しそうに草を食み、おはようと声をかけると、はなを鳴らして戯れてくるモモが、うつろな眼でモタモタと歩いて来た。「どうしたの?モモ」と頭を撫でると、モモは苦しそうな表情を浮かべ、ヨダレを垂らしはじめた。足下も覚束なくなり、膝がカクンと折れたり、必死で起き上がろうとしたりして、もがき苦しんでいた。

 「どうしちゃったの、モモ?」
 必死でモモの頭やお腹をさっすってあげるが、モモは相変わらずヨダレを垂らし、身体を伸ばしたり縮めたりしてもがいている。最早身体を起こすことも出来なくなっていた。




「モモが死んじゃう!」母親に何とかして、と懇願した。
母親は電話口で知り合いの農家に、どうしたらいいか聞いている。
「腹にガスが溜まってんだと思うから、ゲップをさせるように。ビールを無理矢理飲ませるのがいい。」と農家のおじさんは言った。教えられた通りにビールを飲まそうとビンを口に突っ込むが飲み込んでもくれない。まして余計にしんどそうだ。
 
 電話帳で調べて獣医さんに往診を依頼する。50kmも離れた街の獣医さんは、着くのに一時間以上かかると言った。モモは徐々に動きが鈍くなり、目もトロンとしてきた。もはや獣医さんを待ってはいられない、何とかしなきゃ。でも、どうしたらいいの。「モモ、モモ」と焦る気持ちと、
冷静に冷静にとの思いが入り交じる。

 そうだ。ふと、一つ下の学年の先生が酪農の経験を文集に綴っていたのを思い出す。藁をも掴む思いで先生に電話した。夏休みにも関わらず、先生はすぐに駆けつけてくれた。虫の息のモモを診て、「急性鼓腸症だと思う。胃の中でガスが溜まって肺を圧迫しているんだと思うから、すぐにガスを抜こう。」と言った。

 先生は、ペンチとハサミとウヰスキーを用意するように言い、自分の車に戻り、ペンチでラジオのアンテナを切って戻って来た。そしてアンテナの先を尖らすと、モモのお腹めがけてブスっとアンテナを突き刺した。アンテナからはブクブクと泡が吹き出してきた。

 頑張れ、モモ。頑張れ。お願い。頼む。モモ・・・。


 発症からわずか一時間半だった。

 「もう少し早く対処出来ていれば、助けられたかもしれない・・・。」と先生は肩を落とし、学校に戻って行った。モモの傍らで呆然としていると、漸く獣医さんが到着した。「もう遅いよ。」一瞥して背を向けた。
 
 わざわざ遠くから駆けつけてくれた獣医さんに、母親は一時間半の出来事を説明し、せっかく来てくれたのだからと、モモの解剖をお願いした。

 獣医さんは出刃包丁を片手に、器用に皮を剥ぎ、関節を外しながらモモを開いていく。解剖というよりも解体という感じがしないでもない。切なさがこみ上げてくるが、一方で、なぜモモが死んでしまったのか、そのことに納得のいく説明も望んでいた。

 いよいよ内臓があらわになった。パンパンに膨張した胃が現れる。アンテナを突き刺した時の穴が空いていた。「先生の判断と処置は適切だった。」と獣医さんは言った。モモには胃が4つもあり、胃の内部の襞はそれぞれに全く違っていて、腸に近づくにつれて草が消化されていく様子が見て取れた。一番最初の胃は膨張のあまり所々に内出血の跡があった。

 「ガスが溜まったぐらいでなぜモモは死んでしまったの?」すると獣医さんは肺と心臓を解剖した。肺はどす黒く、理科の授業で習ったカエルの肺とは全く違う色をしていた。膨張した胃に圧迫されてうっ血しているのだと言う。心臓も圧迫されて動けなくなっていたのだと教えてくれた。

 「なんでお腹にガスが溜まってしまったの?」と獣医さんに聞くと、「牛や羊などの家畜はね、反芻する時に一緒に胃のガスを出すんだ。でも急に胃にガスが溜まってしまうと反芻出来なくなってお腹にガスが溜まっちゃうんだよ。ツンツンとしたイネ科の植物は繊維が豊富だから、あまりガスが生じないけれど、クローバーのようなマメ科の植物は栄養価が高いから、急激にガスが産生されるんだ。君たちがお菓子を好きなように、家畜も固いイネ科の植物よりも柔らかくて美味しいマメ科の植物が好きなんだ。でも家畜は本来群れで生活する動物だからずっとマメ科の植物だけを食べられることはないんだ。でも一頭だけで飼うと、どんなに注意しても、おやつばかり食べてしまいがちになっちゃう。そう、綿羊は愛玩動物として飼ってはいけない動物なんだ。」
 

 メーメーとはなを鳴らす様子は愛くるしく、水を飲む時もおしっこをする格好も愛嬌いっぱいの綿羊だった。そんなモモを僕らが殺したような気がして申し訳ない気持ちで一杯になった。

 お墓に埋めて、手を合わせ、謝った。
 近所に合宿に来ていた学生が、「コウジュール(お星様)」というフォルクローレの曲を演奏して、一緒にモモをおくってくれた。
[PR]
by uts_home | 2007-08-02 00:00 | コラム
<< 笑顔と夏休み-「そぞろ日記」m... 次節のお題は 「夏休み」 >>
トップ

プロジェクト ホーム
by uts_home
   新着情報


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑各種ランキングに参加しています。投票、よろしくお願いします。
カテゴリ
検索
人気ジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧