プロジェクト リンク
EQT
MEDIA

BBS (参加メンバー限定)

趣旨説明
【Under the Sunってなに?】

【あなたもUnder the Sunに参加しませんか】

参加してくださる方は、上の「Under the Sunってなに?(趣旨説明)」の記事に参加表明のコメントを入れるか、あるいは参加表明エントリをTBしてください。

メールはこちらに
uts_home@excite.co.jp




プロジェクト参加メンバー
    現在119名

underground railroad
マイナス思考
希望をもちたい
ポラリス-ある日本共産党支部のブログ
にほん民族解放戦線^o^
鳥居正宏のときどきLOGOS
kimera25
ちろの はねっかえりブログ
どうする日本 北欧の福祉を日本へ
本当のことが知りたい!そして日本の未来を語りたい
プレカリアートのなく頃
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
社会民主主義者の声
poppoのブログ
競艇場から見た風景
花園はここにありました!
Saudadeな日々
PAGES D'ECRITURE
護憲+グループ・ごまめのブログ
そいつは帽子だ!
Meditations-現代の自省録。 現代人への金言集。
ricanikanmuri
老人党リアルグループ「護憲+」ブログ
音楽写真。音楽映像。photographer / Kaz tanaka
真silkroad?
ツァラトゥストラはこう言っている?
非国民通信
日本国憲法万歳
オヤバカ男の言いたい放題
津久井進の弁護士ノート
穴に向かって叫ぶ
風を変えよう
ICCで「人間の安全保障」
どこへ行く、日本。
関係性
tamyレポート
九条を考える
青山はここにありました~社会批判がてんこ盛り!!
星月夜
Lonesome-happy-days
高野 善道のブログ雑記帳
作図屋の独り言
アッテンボローの雑記帳
弱い文明。
そういちの平庵( ゚ ρ ゚ )ボーーーー
映画と出会う・世界が変わる
気まぐれな日々
楽我記画像メッセ
大津留公彦のブログ
正しい人のままで死なせてください。
アルバイシンの丘
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
★平和と健康★守ろう生かそう憲法9条25条
dr.stoneflyの戯れ言
観劇レビュー&旅行記と日記
Tomorrow is Another Happy
萌え萌え研究日誌
NHK独立運動
f t v 部炉具 -言葉の装い-
Some Kind of Wonderful
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
おにぎり的生活
川辺より
一滴の水
ペガサス・ブログ版
闘うリベラルのチャンネル
労働相談・JMIU博多協議会
日本国憲法擁護連合
ミクロネシアの小さな島・ヤップより
徒然気儘な綴方帳
エクソダス2005《脱米救国》国民運動
TONYの”あなたとJAZZとカクテルと・・・”
ヲシュレッター宣言
愚樵空論
あきおの日記
こんな日は、虹が出るんだ
真実のステートメント
とむ丸の夢
医療制度改革批判と社会保障と憲法
憧れの風
after 911
S氏の時事問題
妄想to悪口
カナダ de 日本語
考えてみよう
doll and peace
正直正太夫の時評
非国際人養成講座
Lovely Lovely
へっぶしんのニュースや日記
土佐高知の雑記帳
Cherchez la Cinemanie!!( 事件の裏に映画バカ有)
気韻頭日記
友だち一万人!
寝言日記
雑談日記(徒然なるままに、。)
反戦な家づくり
BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
北京でライフォ(≠2nd)!
Jovanniの"雨ニモマケズ"
かわうそ実記
世相春秋
独裁制をぶっこわそう!今こそ良識を持つ人は日本の民主化のために勇気を持って発言しよう
そぞろ日記
逍遥録 −衒学城奇譚−
小泉内閣の支持率が一桁台になるまで
華氏451度
はじめの一歩
再出発日記
Watermark
吾輩は猫である
BLOG BLUES
Les Chemins De La Liberte'
A tree at ease
tsurezure-diary-
晴耕雨読
toxandriaの日記
玄耕庵日乗
T.N.君の日記
以前の記事
最新のトラックバック
君よ永遠のうそをついてくれ
from BLOG BLUES
[政府の首脳は全員刑務所..
from 大津留公彦のブログ2
夏まつりが終わりました。
from 大津留公彦のブログ2
きっといいことがあるよ
from BLOG BLUES
ラジオは上杉隆、ニュース..
from 大津留公彦のブログ2
「プロメテウスの火」をコ..
from 大津留公彦のブログ2
ぴあ廃刊に想う、我がここ..
from BLOG BLUES
22人の期間工の挑戦(傍..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
あなたは原発推進ですか廃..
from 大津留公彦のブログ2
俺たちは部品じゃない、人..
from 大津留公彦のブログ2
ソニーは22人の雇い止め..
from 大津留公彦のブログ2
盛田 昭夫さんの教えをス..
from 大津留公彦のブログ2
「人間は忘れることによっ..
from 大津留公彦のブログ2
平成23年中島らもの祥月..
from BLOG BLUES
「旧体制の政治警察」とし..
from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
頑張れ!藤波心「反原発の..
from 大津留公彦のブログ2
制服向上委員会がフジロッ..
from 大津留公彦のブログ2
「原発の電気は安い」は本..
from 大津留公彦のブログ2
「恐ろしかった夏の思い出」by玄耕庵日乗
残暑お見舞い申し上げます。連日の猛暑にいささか参っておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。お久しぶりです。「玄耕庵日乗」の素楽でございます。

さて、夏休みというお題でございます。少年の頃の夏休みを思い返し、楽しかったのはやはり祖父祖母宅へ遊びに行くことだったでしょうか。特に母方の実家は孫に甘く、何でも好きなものを買ってくれるのでそれを楽しみに、四国の片田舎から京都の片田舎へ、夏休みの宿題で一杯になった重たいリュックを背負い、幼い弟や妹の手を引きつつ母親の顔色を窺いながら、帰省したものでした。当時はまだ瀬戸大橋も完成しておらず、道中の宇高連絡船で眩い瀬戸内海を眺めながら食べるうどんも、また夏休み気分を盛り上げてくれるものでした。新幹線に乗れるよりも、連絡船に乗れるほうが嬉しかった記憶があります。
夏なのに餅つきをしたことがない孫のために、杵と臼を持ち出して餅をつかせてくれたり、近くの川へ鮎を獲りに連れて行ってくれたり、母方の実家で過ごす毎日は楽しいものでしたが、まだ楽しみにしていることがありました。それはまだ独身だった母の妹が、仕事帰りに甥達のために買ってきてくれるお土産でした。



そんなある遊び疲れた夏の夕暮れ、蜩の鳴く頃、みんなで夕餉を食べているとネエちゃん(叔母のことをそう呼んでいました)が帰ってきました。「ネエちゃん、おかえり~」と言って玄関にタタタと駆けてゆくと、ネエちゃんが「ただいま~」と言って紙袋を渡してくれました。「わ~い」と言ってすぐさま中を見ると、マンガ本です。普段の生活ではマンガ本など買って貰えずマンガに飢えていた私は、「わ~いわ~い」と喜び食事もそっちのけで頁を繰り始めました。そのマンガこそかの有名な「はだしのゲン」第1巻だったのです・・・。頁を繰る私の手は段々と最初の元気を失くし、ついには終いまで読まずに放り投げました。まだ小学1年か2年だった私には、まずあの絵が怖かったし、話も恐ろしかったのです。「ギギギ」という擬音も怖かった。怖さのあまり、マンガを放り投げただけではすまず、納戸に置いてあった箪笥の下に隠し、隠したことすらも忘れようと懸命になりました。あのマンガの存在自体を私の頭の中から消し去ってしまいたかったのです。忘れよう忘れようとするのですが、納戸の前を通る度に、箪笥の下からマンガが不気味にこちらを見つめているように思えるし、当時まだ家の外にあった手洗いに行くのが余計に恐ろしいし、子供心に怖かった古ぼけた座敷に吊った蚊帳の中の寝床でまた思い出すしで、「ネエちゃんは一体なんてもんを買うてきてくれたんや!」と一人ネエちゃんを恨みました。
大人になり、ビールを飲みながらこの時の怖かった思いをネエちゃん達に話すと「あはは、そら悪いことした」と、今では笑い話ですが、その時はもう本当に怖かった。あの夏だけは、一日も早く四国の自分の家に帰りたいと思ったものでした。「はだしのゲン」がない所に行きたかった。

「はだしのゲン」、ずっとず~っと忘れたかった一語でしたが、小学校の修学旅行で広島の原爆資料館を見学し(この時も、なんで楽しいはずの修学旅行がこんなにブルーなんじゃ!と憤った記憶がありますが)、もう観念して図書室で落ち込みながら読みました。なんで、トラウマが大きすぎて、先日放送の同名ドラマもまったく見る気になりませんでした。当時の平和教育は、私にとっては非常に効果があったようです。今でも「はだしのゲン」を再読しろと言われたら、「禁酒したほうがマシです!」と言ってしまいそうです。ちなみに「火垂るの墓」も33歳になった今も再見できません。

そんな夏休みの思い出でした。
あまりに短文になってしまい申し訳ないので、池田晶子さんの「夏休みは輝く」というエッセイを引いて終わりにしたいと思います。ではまた。

「夏休みは輝く」

子供たちが夏休みに突入した模様です。
一学期最後の日、通知表をもらって、上履きやら給食袋やらをいっぱい抱えて下校する小学生の姿を見ると、たちまちにその高揚感を思い出すことができます。
小学生の、夏休み。あれらの日々は、なぜあれほどに輝くのだろう。
やっぱり何より、学校へ行かなくてもいい、ということが、それだけでも素晴らしいことだったようですね。私はとくに学校嫌いでも勉強嫌いでもなかったけれども、すごく長い間(と感じられた)、学校へ行かなくてもいい正当な理由が与えられていて、しかもその間、非日常的な遊びの数々が待ち受けていることがわかっているということは、それはもうひどく心高鳴るものでした。お正月を指折り数えて待った記憶はないけれど、夏休みの方は、ふた月も前から逆算して待ってましたね。早く来い来い夏休み。
なぜ冬休みではなく、夏休みなのかというと、これは当たり前ですが、それが夏であるからでしょう。夏休みが、夏であるということ、これが子供にとっての夏休みが特別なものであることの決定的な理由でしょう。
子供の時には、このことに気がつきませんでした。たんに夏休みを待っているのだと思っていましたが、よく考えると本当は、それが夏であるところの夏休みを待っていたようだった。それが夏であるからこそ夏休みは素晴らしいのだった。
子供にとっての夏は、夏という季節であり、かつ長く解放されている時間です。なんと幸福なことに、このふたつが合致し、子供は、その本来であるところの躍動的生命へと還ることができる。すべての人間の本来は生命ですが、とくに子供は原始的な形でそれに近く、そして夏は万物が生命として盛る季節ですから、子供がこれよりもふさわしく輝ける季節はないんですね。
まーいったい何をして遊んでいたのか、朝早くから日が暮れるまで、照りつける陽の下で夢中で遊んでいたような感じがする。
早起きして、学校から持ち帰った朝顔の鉢に水をやり、たくさんの花が咲いているのを見て嬉しく、次にラジオ体操に出掛けてスタンプをもらい、午前中に家にいられるとは何という僥倖かと感動し、それからプールへ行ったのだったか、自転車で遠出したのだったか、デパートへ連れて行ってもらったのだったか。本を読むのも遊びのうちだったから、図書館へ通いつめていたこともあったっけ。
遊び疲れて火照った体で午後、風鈴の音とセミの声を聴きながら爆睡、目が覚めたら覚めたで、夕刻のイベントが待っている。花火だ、夜店だ、お化け大会だと、興奮さめやらず、絵日記は毎日つけていましたが、書くことに事欠くということはありませんでしたね。何もない日は何もないで、それはそれで充実していた。今日は何もありませんでした、一日雨が降っていましたと、ちゃんと文章で書いていた。夏休みであるというそのことだけで、子供は恒常的な興奮状態にいるようですね。
子供の夏が、なぜあれほどに濃密な時間なのかという理由はもうひとつ、子供の時間が、じつは無時間だというところにあるでしょう。以前、ロゴスに目覚めていない子供という人々は、未だこの世に生まれていないと言いましたが、同じことです。
この世に生まれるということは、ある意味で、この世の時間の中に生まれるということだ。前方へ、死へ向かって流れる時間の中に自分がいると認識されるのは、後方に残されてゆく時間が、記憶として認識されることによっています。記憶の成立が時間の成立だ。自分を個人であるとする自我認識の成立も、この時間の成立には関与していますが、いずれにせよ通常の大人は、この前方へ流れる時間認識によって生きている。「去年今年(こぞことし)」というあの感慨は、去年の夏、今年の夏、回帰する季節に記憶を重ねることで、人生の一回性を確認することに他なりません。ところが子供はと言えば、回帰として思い出されるほどの記憶もない。というより正確には、生命そのものとして現在に輝いている子供の季節には、じつは時間というものが存在していない。子供には時間が流れていない。子供には「現在」しか存在していないのですよ。
大人の時間が速くて、子供の時間が遅いのはなぜなのかというのも、これで説明できるようです。流れゆく時間として人生を認識している大人は、現在に存在することができない。流れゆく時間の先に予想される死へと地滑り的に落ち込んでゆく大人の時間に対し、子供の時間は、じつはそもそも「時間」ではない。生命そのものとして存在する現在は、その意味では永遠でしょう。だから子供にとって時間は、流れるものでも過ぎるものでもないんですね。ましてや、生命が生命として頂点を迎える季節、子供の夏の日が、濃密な瞬間として止まっているように感じられるのは当然と言えましょう。
これは、子供が死を知らないということではない。「知る」ということの意味でもありますが、生命が生命として輝くのは、死によって輝くということ以外ではあり得ないから、輝く子供は、死を知っている。しかしロゴス的認識により反省的に知っているわけではないから、それは無時間的な永遠というべきものだ。流れる時間の中で、ロゴス的にこれを知る時、人は超時間的な永遠を知る。「知る」ということの意味をも知る。ロゴスを所有する人間として、これは思春期以後の課題となります。
ところが、そういう子供の夏の時間、止まって流れないはずの時間が、ある時から急速に流れ出すことになる。言わずと知れた、「夏休みの終わり」、これに向けて地滑り的に落ち込んでゆく時間の非情と悲哀といったら、宿題は終わってないわ、学校へは行きたくないわ、時間にしがみついてでも抵抗したい感じでしたね。ついに最後の一日、来年の夏休みまであと何日だろう、もう指折り始めていたっけか。
大人になっても夏は来ます。でも夏休みはもう決してやってこない。毎年、夏の気配を感じとる頃、夏を待っているのか、夏休みを待っているのか、よくわからない感じになる。大人になって、勝手に夏休みをとることができ、贅沢な旅行ができるようになっても、子供の夏休みの日々、あの凝縮された輝きにかなうものではないということが、よくわかっている。
おそらくすべての大人がそうでしょう。すべての大人は、もう決してやって来ない夏休みを待っている。人生の原点であり頂点でもある無時間の夏、あれらの日々を記憶の核として、日を重ね、年を重ね、流れ始めた時間の中で繰り返しそこに立ち戻り、あれらの無垢を超えることはもうこの人生にはあり得ないのだという事実に、今さらながら驚くのではないでしょうか。
[PR]
by uts_home | 2007-08-21 00:08 | コラム
<< 夏休みの宿題 by「再出発日記」くま 四阿日誌#13:あなたの魂に安... >>
トップ

プロジェクト ホーム
by uts_home
   新着情報


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑各種ランキングに参加しています。投票、よろしくお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧