プロジェクト リンク
EQT
MEDIA

BBS (参加メンバー限定)

趣旨説明
【Under the Sunってなに?】

【あなたもUnder the Sunに参加しませんか】

参加してくださる方は、上の「Under the Sunってなに?(趣旨説明)」の記事に参加表明のコメントを入れるか、あるいは参加表明エントリをTBしてください。

メールはこちらに
uts_home@excite.co.jp




プロジェクト参加メンバー
    現在119名

underground railroad
マイナス思考
希望をもちたい
ポラリス-ある日本共産党支部のブログ
にほん民族解放戦線^o^
鳥居正宏のときどきLOGOS
kimera25
ちろの はねっかえりブログ
どうする日本 北欧の福祉を日本へ
本当のことが知りたい!そして日本の未来を語りたい
プレカリアートのなく頃
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
社会民主主義者の声
poppoのブログ
競艇場から見た風景
花園はここにありました!
Saudadeな日々
PAGES D'ECRITURE
護憲+グループ・ごまめのブログ
そいつは帽子だ!
Meditations-現代の自省録。 現代人への金言集。
ricanikanmuri
老人党リアルグループ「護憲+」ブログ
音楽写真。音楽映像。photographer / Kaz tanaka
真silkroad?
ツァラトゥストラはこう言っている?
非国民通信
日本国憲法万歳
オヤバカ男の言いたい放題
津久井進の弁護士ノート
穴に向かって叫ぶ
風を変えよう
ICCで「人間の安全保障」
どこへ行く、日本。
関係性
tamyレポート
九条を考える
青山はここにありました~社会批判がてんこ盛り!!
星月夜
Lonesome-happy-days
高野 善道のブログ雑記帳
作図屋の独り言
アッテンボローの雑記帳
弱い文明。
そういちの平庵( ゚ ρ ゚ )ボーーーー
映画と出会う・世界が変わる
気まぐれな日々
楽我記画像メッセ
大津留公彦のブログ
正しい人のままで死なせてください。
アルバイシンの丘
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
★平和と健康★守ろう生かそう憲法9条25条
dr.stoneflyの戯れ言
観劇レビュー&旅行記と日記
Tomorrow is Another Happy
萌え萌え研究日誌
NHK独立運動
f t v 部炉具 -言葉の装い-
Some Kind of Wonderful
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
おにぎり的生活
川辺より
一滴の水
ペガサス・ブログ版
闘うリベラルのチャンネル
労働相談・JMIU博多協議会
日本国憲法擁護連合
ミクロネシアの小さな島・ヤップより
徒然気儘な綴方帳
エクソダス2005《脱米救国》国民運動
TONYの”あなたとJAZZとカクテルと・・・”
ヲシュレッター宣言
愚樵空論
あきおの日記
こんな日は、虹が出るんだ
真実のステートメント
とむ丸の夢
医療制度改革批判と社会保障と憲法
憧れの風
after 911
S氏の時事問題
妄想to悪口
カナダ de 日本語
考えてみよう
doll and peace
正直正太夫の時評
非国際人養成講座
Lovely Lovely
へっぶしんのニュースや日記
土佐高知の雑記帳
Cherchez la Cinemanie!!( 事件の裏に映画バカ有)
気韻頭日記
友だち一万人!
寝言日記
雑談日記(徒然なるままに、。)
反戦な家づくり
BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
北京でライフォ(≠2nd)!
Jovanniの"雨ニモマケズ"
かわうそ実記
世相春秋
独裁制をぶっこわそう!今こそ良識を持つ人は日本の民主化のために勇気を持って発言しよう
そぞろ日記
逍遥録 −衒学城奇譚−
小泉内閣の支持率が一桁台になるまで
華氏451度
はじめの一歩
再出発日記
Watermark
吾輩は猫である
BLOG BLUES
Les Chemins De La Liberte'
A tree at ease
tsurezure-diary-
晴耕雨読
toxandriaの日記
玄耕庵日乗
T.N.君の日記
以前の記事
最新のトラックバック
君よ永遠のうそをついてくれ
from BLOG BLUES
[政府の首脳は全員刑務所..
from 大津留公彦のブログ2
夏まつりが終わりました。
from 大津留公彦のブログ2
きっといいことがあるよ
from BLOG BLUES
ラジオは上杉隆、ニュース..
from 大津留公彦のブログ2
「プロメテウスの火」をコ..
from 大津留公彦のブログ2
ぴあ廃刊に想う、我がここ..
from BLOG BLUES
22人の期間工の挑戦(傍..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
あなたは原発推進ですか廃..
from 大津留公彦のブログ2
俺たちは部品じゃない、人..
from 大津留公彦のブログ2
ソニーは22人の雇い止め..
from 大津留公彦のブログ2
盛田 昭夫さんの教えをス..
from 大津留公彦のブログ2
「人間は忘れることによっ..
from 大津留公彦のブログ2
平成23年中島らもの祥月..
from BLOG BLUES
「旧体制の政治警察」とし..
from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
頑張れ!藤波心「反原発の..
from 大津留公彦のブログ2
制服向上委員会がフジロッ..
from 大津留公彦のブログ2
「原発の電気は安い」は本..
from 大津留公彦のブログ2
夏休みの宿題 by「再出発日記」くま
「夏休み」というキーワードで思いつく言葉は三つです。「冒険」と「恋」と「宿題」。

しかし、前者二つは貧しい体験やら、とても言えない体験しか持っていない。
小学生のとき、自転車で半日かけて山の方向に行けるところまで行ったのが唯一といっていい冒険だったかもしれない。恋は・・・燃えるような恋をしたかった(涙)とだけいっておきます。
で、あと残る宿題でいろいろと思い出してみた。当然印象的なのは、小学校の時の宿題。

夏休みの後半は、自由研究や読書感想文など「大型宿題」の季節である。私はたいていこの時期に絵を描くようにしていた。小学校二年くらいから一度描いてみたいなあ、と思っていたものに、自宅の二階の窓から見える一本の大木があった。距離は直線で一キロほど離れているだろうか。我が家の辻墓がある里山の中腹にこんもり茂った、トトロの木のような大木があった。二階の窓からそろりと屋根の上に上がり、そこからの景色を眺めるのが大好きだった私はいつかあの木を描いてみたいとずーと思っていた。今は到底あの屋根には上れない。当時三十数キロあった私の体重は今ではその倍以上になっているからである。屋根の上に上がるのは、子どもの特権のひとつではある。







屋根の上からは、見慣れた人たちが住む近所の家が俯瞰して見え、普通は見ることの出来ない遠くの景色が見え、里山から時おり涼しい風が吹いた。小学校三年の夏、そしておそらく四年の夏、私は二回大木の絵を描くのに挫折した。私が描きたかったのは、一本の木から無数に枝分かれしているその木の構造だったのである。冬になるとさらによく分かるが、一本の木から大きな枝が幾つか分かれ、そこから無数の枝分かれがしてあるのに、なぜか一本の木の印象は統一された形になっている。そこが面白かった。だから枝をかかなければ意味が無い。しかも夏は緑の葉まである。現在の私ではそもそも目が翳んであの一本の枝まで見ることが出来ない。小さい頃だから見えた新鮮な一本の木であった。けれども実際に描くとなると、どうしても枝の一つ一つ目を奪われ、しかも全体像どころか、枝と枝の関係まで描くのも出来なかった。写真のように見たままを描かないと、思ったようにかけないという思い込みが小学生の私にはあった。つまり、実際あの木を描くのは無理な相談だった。

小学校五年の夏、学校が企画した絵画教室に通った。地域の工場の油にまみれた工作機械を30人ぐらいで描いて、どこかの先生が指導するという教室だった。そこで私は水彩画の重ね塗りの技法を学んだ。けれども工作機械の形はいかにも簡単で、私には興味はもてなかった。重ね塗りをすると思ったような色は出たけれども、油でギトギトになった鉄を薄暗いところで描くので、暗い色になって好きではなかった。けれどもまじめな私は先生の言うとおりに重ね塗りをしていった。これで出来上がった絵を提出すると宿題が済んだことになったのも魅力だった。その絵のことを忘れていたころ、私は朝の全校集会で名前を呼ばれ、校長先生から一枚の表彰状を貰った。あの絵が県の絵画展で準特選になったというのである。結局その表彰状が私の生涯で一番大きな表彰状になった。今なら合点が行く。あの先生はこの絵画展の審査員のひとりだったのだ。

さて、私はいまだあの「夏休みの宿題」を持ち越している。実物の木では無いけれども、私の周りにある「小さな枝の一本一本」を描くことと「大木の全体像」を描く事。そしてさらには「その背景の里山」を描くこと。県の絵画展などいう茶番には出品しないけれども、私の生涯の宿題になっていると思っている。

今年のお盆、里山の辻墓に家族で参った帰りに父親がその大木を案内してくれた。私は知らなかったのであるが、その大木はエゴノキといい、私の村の一族の鎮守の木であったのだ。「この木の中は空洞になって、良く遊んだものだ。ここの木に登って数メートル下に落っこちて奇跡的に怪我ひとつ負わなかった事もあったなあ」今年に限って父はなぜかそんな昔話をした。つい数年前から父が音頭を取り、お祭が再開したらしい。
[PR]
by uts_home | 2007-08-23 23:28 | コラム
<< さらば朱夏の季節 「恐ろしかった夏の思い出」by... >>
トップ

プロジェクト ホーム
by uts_home
   新着情報


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑各種ランキングに参加しています。投票、よろしくお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧