プロジェクト リンク
EQT
MEDIA

BBS (参加メンバー限定)

趣旨説明
【Under the Sunってなに?】

【あなたもUnder the Sunに参加しませんか】

参加してくださる方は、上の「Under the Sunってなに?(趣旨説明)」の記事に参加表明のコメントを入れるか、あるいは参加表明エントリをTBしてください。

メールはこちらに
uts_home@excite.co.jp




プロジェクト参加メンバー
    現在119名

underground railroad
マイナス思考
希望をもちたい
ポラリス-ある日本共産党支部のブログ
にほん民族解放戦線^o^
鳥居正宏のときどきLOGOS
kimera25
ちろの はねっかえりブログ
どうする日本 北欧の福祉を日本へ
本当のことが知りたい!そして日本の未来を語りたい
プレカリアートのなく頃
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
社会民主主義者の声
poppoのブログ
競艇場から見た風景
花園はここにありました!
Saudadeな日々
PAGES D'ECRITURE
護憲+グループ・ごまめのブログ
そいつは帽子だ!
Meditations-現代の自省録。 現代人への金言集。
ricanikanmuri
老人党リアルグループ「護憲+」ブログ
音楽写真。音楽映像。photographer / Kaz tanaka
真silkroad?
ツァラトゥストラはこう言っている?
非国民通信
日本国憲法万歳
オヤバカ男の言いたい放題
津久井進の弁護士ノート
穴に向かって叫ぶ
風を変えよう
ICCで「人間の安全保障」
どこへ行く、日本。
関係性
tamyレポート
九条を考える
青山はここにありました~社会批判がてんこ盛り!!
星月夜
Lonesome-happy-days
高野 善道のブログ雑記帳
作図屋の独り言
アッテンボローの雑記帳
弱い文明。
そういちの平庵( ゚ ρ ゚ )ボーーーー
映画と出会う・世界が変わる
気まぐれな日々
楽我記画像メッセ
大津留公彦のブログ
正しい人のままで死なせてください。
アルバイシンの丘
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
★平和と健康★守ろう生かそう憲法9条25条
dr.stoneflyの戯れ言
観劇レビュー&旅行記と日記
Tomorrow is Another Happy
萌え萌え研究日誌
NHK独立運動
f t v 部炉具 -言葉の装い-
Some Kind of Wonderful
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
おにぎり的生活
川辺より
一滴の水
ペガサス・ブログ版
闘うリベラルのチャンネル
労働相談・JMIU博多協議会
日本国憲法擁護連合
ミクロネシアの小さな島・ヤップより
徒然気儘な綴方帳
エクソダス2005《脱米救国》国民運動
TONYの”あなたとJAZZとカクテルと・・・”
ヲシュレッター宣言
愚樵空論
あきおの日記
こんな日は、虹が出るんだ
真実のステートメント
とむ丸の夢
医療制度改革批判と社会保障と憲法
憧れの風
after 911
S氏の時事問題
妄想to悪口
カナダ de 日本語
考えてみよう
doll and peace
正直正太夫の時評
非国際人養成講座
Lovely Lovely
へっぶしんのニュースや日記
土佐高知の雑記帳
Cherchez la Cinemanie!!( 事件の裏に映画バカ有)
気韻頭日記
友だち一万人!
寝言日記
雑談日記(徒然なるままに、。)
反戦な家づくり
BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
北京でライフォ(≠2nd)!
Jovanniの"雨ニモマケズ"
かわうそ実記
世相春秋
独裁制をぶっこわそう!今こそ良識を持つ人は日本の民主化のために勇気を持って発言しよう
そぞろ日記
逍遥録 −衒学城奇譚−
小泉内閣の支持率が一桁台になるまで
華氏451度
はじめの一歩
再出発日記
Watermark
吾輩は猫である
BLOG BLUES
Les Chemins De La Liberte'
A tree at ease
tsurezure-diary-
晴耕雨読
toxandriaの日記
玄耕庵日乗
T.N.君の日記
以前の記事
最新のトラックバック
君よ永遠のうそをついてくれ
from BLOG BLUES
[政府の首脳は全員刑務所..
from 大津留公彦のブログ2
夏まつりが終わりました。
from 大津留公彦のブログ2
きっといいことがあるよ
from BLOG BLUES
ラジオは上杉隆、ニュース..
from 大津留公彦のブログ2
「プロメテウスの火」をコ..
from 大津留公彦のブログ2
ぴあ廃刊に想う、我がここ..
from BLOG BLUES
22人の期間工の挑戦(傍..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
あなたは原発推進ですか廃..
from 大津留公彦のブログ2
俺たちは部品じゃない、人..
from 大津留公彦のブログ2
ソニーは22人の雇い止め..
from 大津留公彦のブログ2
盛田 昭夫さんの教えをス..
from 大津留公彦のブログ2
「人間は忘れることによっ..
from 大津留公彦のブログ2
平成23年中島らもの祥月..
from BLOG BLUES
「旧体制の政治警察」とし..
from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
頑張れ!藤波心「反原発の..
from 大津留公彦のブログ2
制服向上委員会がフジロッ..
from 大津留公彦のブログ2
「原発の電気は安い」は本..
from 大津留公彦のブログ2
七歩の詩(23)--日替わりコラム(「逍遥録-衒学城奇譚-」発掘屋)
【政治家にはたっぷりと……】

どひゃ~すまねえ、今回はとんでもなくヤバい時期に重なってしまってるので、記事は短め、内容え~かげん(あ、コリャいつもか)でお送りいたします。
ちなみに今回のお題は「政治(家)とお金」、ボクが提案したものですが、自分で言い出しておきながらこの程度の与太バナシかよッて苦情は、まったく受け付けませんのでそのつもりで(コラコラ)
大体このコラムの一夜目担当は、その後のコラムの方向性を決める役目もあるんですよね。
ヘタに変化球なんか投げちゃうと、あ~こんなカンジでよいのね~って後発のみんなが思っちゃうワケで、つまり例えると「50円玉20枚の謎」の競作で一番手の自分が変化球投げちゃったから、後の投稿者が本格じゃなくってソッチ方面に流れがちになってこまるとボヤいた某ミステリ作家みたいになっちゃ……スンマセン、例えになっていません。寝言です。忘れてくらさい。

さて政治の世界では最近はテロ特措法についての問題が浮上していますが(まったく関心にものぼらないよりはマシなこっちゃね)、ちょっと前まで政治家のお金のハナシで、やたらと賑わっておりましたね。
献金がどーちゃら、領収書がこーちゃらって。
先の参院選でも自公与党が大敗した要因はその問題にあり、しまいには数十万円単位の小さなコトまで重箱の隅をつつくようなハナシになってきて、ボクなんかはちょっと枝葉にこだわりすぎかなって感も否めなかったですね。
かばうワケじゃないですが、中にはホントに事務手続きのミスなんかもあったと思いますし、何よりチェックする機能が充分にはたされていなかったコトが大きな問題じゃないだろうかと考えます。
もちろん違法もたんとあるでしょうけどね。





でもって世間では、やっぱり政治家はお金に汚いって従来のイメェジが、さらに固定されちゃったカンジですね。
でもボクなんかが考えるに、そりゃムリだよって思う。
誰だってやっぱりお金は欲しい。
おのれを律しなきゃならない職種ってのもわかるが、その立場にあってその機会があれば、誰だって誘惑にかられてみたりもする。

問題はなぜそんなマネをするのかってコトですが、お金はいくらあってもまだ欲しいって真理はともかく、本人たちが足りてないって思ってるのも事実ではないでしょうか。
だから立場を利用して、あの手この手で私腹をこやそうとする。

違法行為はもちろん赦されないが、金儲けの才覚があるってコトは、国の政治を任せるのに結構必要な要素じゃないかな?
こんなコト云ったら怒られるかもしれないけれど、多少の余禄と云うかオマケと云うか、そんなモノがあったっていいんじゃないかなと思うのです。
ウマミがなきゃ、誰も政治家なんて大変な仕事にはつかないと思うよ。
要はどこまでが許容範囲内かってコトですが、そりゃまぁボクは常識の範囲内ってトコロではないだろうかと思います。
はい、もちろん常識的な常識ってコトでよろしく。

よく政治家とかは無給で働け、国民のために無私で奉公しろッ!なんて意見もみますが、そりゃあちょいとムチャクチャだよ。
政治家だって霞喰って生きていけるワケじゃなし、日々の生活があるんですって。
海外の政治家にくらべて報酬は高すぎるって意見もよくお目にかかりますが、だからと云って海外の政治化が貧乏してる様子もないし、清廉ってコトもない。
いずこも同じ。
余談ですが「神様が人間に何が必要か訊ねたら、人間はステキな男女、美味いワインや食べ物が欲しいと願った。神様はその願いをかなえてやったが、あいにくとよい政治家を願うのを忘れていた。だからスペインにはよい政治家がいない」なんて逸話がスペインにあるぐらいですから、推して知るべしでしょう。
大切なのは、彼らをじょうずにボクらのために働かせるコトではないでしょうか。

政治家って商売は、その信頼を自分たちでなくしてしまっているってトコロもあるけれど、結構敬意を以ってあつかわれてしかるべきじゃないかなって思うのです。
ネットの世界ではよく政治家たちを、バカだアホだとののしっている傾向はありますが、おそらくそんな批判されている彼らのほとんどは、批判する側より優秀でしょう(……と思いたい)。
そして批判する側がその役目を負ったって、外国のタフな政治家とやりあったり、財政や社会保障の問題に対処したりとか、おそらくやりとげるコトはできないと思います。
何だかんだ云ったって、政治家ってそれぐらい大変な仕事だと思います。
だからボクは安易に彼らをののしるコトはしたくありませんし、むしろガンバレと云いたい。
そして彼らのガンバリを奮起させるためなら、それ相応のモノを渡してやりたいと思うのです。
政治家だってヒトだ。
安い報酬じゃ、やっぱりヤル気はおきません。
しっかり働くには、腹が満たされてなくっちゃいけません。
簡単に云うと、眼の前にニンジンをぶら下げるワケだ。

さて、ならばどれぐらいの報酬が彼らの仕事にふさわしいでしょうか?
政治とはお金のかかるものらしい。
記憶は確かじゃないけれど(いいかげん)、表に出るだけで年間数千万らしいですね。
ならば年間1億か2億……いやいやケチくせぇコト云わずに、いっそ3億円、ど~んとわたしてみてはどうでしょうか ?
政治活動も選挙活動も個人の生活も、みんなその中でやってもらおうじゃないですか。
領収書も公開してもらいたいトコロだけど、これは大盤振る舞いで特別に非公開ってコトでどうだッ!
自分の才覚だよ、自己責任(ほらほら、あんたたちの好きな言葉だよ)だよ。

おおッそりゃ豪気だねぇ、そんじゃま、ありがたくいただきま~す……って政治家諸君ちょいとお待ち、手を引っこめなさいってばさ。
だからそのお金は、タダでやるんじゃないってば。
そんだけ報酬を出そうってんだから、当然ソレに見合うだけの働きはしてもらわなきゃ困る。
法案に賛成、反対の採決はすべてきちっとやってもらって棄権は不可。
仮にその意思表示によって損失が生じた場合(たとえば箱モノ建造によって赤字が増えちゃった時とか)、当然補填の義務を負う。

それにそりゃボクらから信頼をされて与えられてるお金だ。
その信頼を破った場合のペナルティは、覚悟しておいてもらいたいね。
たとえば事務所費の肩代わりを
企業にさせたり、収賄や口利きなんかして有罪になった場合、本人は当然執行猶予なしの懲役刑だね。
それも刑期を厳しくして、最低でも20年とか。
ひひひひ~、辛いよ~60や70をこえてからの懲役刑は。
ちなみに刑期の短縮や恩赦は一切ナシ。
さらに秘書なんかの関係者や、親族3親等ぐらいまでの選挙権と被選挙権の剥奪。
罪は親族にまで及ぶとなったら、コリャ大変だよ(書いてて楽しくなっちゃった)。

報酬はすべて国庫から直接個人にいく仕組みで、党の影響力を排除する。
党にではなく、純粋に国家(つまりは国民)に対しての契約関係だ。
献金も一切廃止。
そうすりゃ口利きも減るだろうし、企業だって献金の分を自己の投資にまわせる。
何かよいコトづくめじゃない?

要は政治家にはたっぷりもらってもらって、その分きっちり仕事してくれよってコトです。
アメとムチですね。
どーだコレで!……なんつって。
さ~て他のコラムニストの方々は、どんな風にこのお題を料理するのかな?楽しみです。
[PR]
by uts_home | 2007-10-19 00:57 | コラム
<< 「政治家に給料を払っているのは... 次節のお題は「政治とお金」 >>
トップ

プロジェクト ホーム
by uts_home
   新着情報


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑各種ランキングに参加しています。投票、よろしくお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧