プロジェクト リンク
EQT
MEDIA

BBS (参加メンバー限定)

趣旨説明
【Under the Sunってなに?】

【あなたもUnder the Sunに参加しませんか】

参加してくださる方は、上の「Under the Sunってなに?(趣旨説明)」の記事に参加表明のコメントを入れるか、あるいは参加表明エントリをTBしてください。

メールはこちらに
uts_home@excite.co.jp




プロジェクト参加メンバー
    現在119名

underground railroad
マイナス思考
希望をもちたい
ポラリス-ある日本共産党支部のブログ
にほん民族解放戦線^o^
鳥居正宏のときどきLOGOS
kimera25
ちろの はねっかえりブログ
どうする日本 北欧の福祉を日本へ
本当のことが知りたい!そして日本の未来を語りたい
プレカリアートのなく頃
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
社会民主主義者の声
poppoのブログ
競艇場から見た風景
花園はここにありました!
Saudadeな日々
PAGES D'ECRITURE
護憲+グループ・ごまめのブログ
そいつは帽子だ!
Meditations-現代の自省録。 現代人への金言集。
ricanikanmuri
老人党リアルグループ「護憲+」ブログ
音楽写真。音楽映像。photographer / Kaz tanaka
真silkroad?
ツァラトゥストラはこう言っている?
非国民通信
日本国憲法万歳
オヤバカ男の言いたい放題
津久井進の弁護士ノート
穴に向かって叫ぶ
風を変えよう
ICCで「人間の安全保障」
どこへ行く、日本。
関係性
tamyレポート
九条を考える
青山はここにありました~社会批判がてんこ盛り!!
星月夜
Lonesome-happy-days
高野 善道のブログ雑記帳
作図屋の独り言
アッテンボローの雑記帳
弱い文明。
そういちの平庵( ゚ ρ ゚ )ボーーーー
映画と出会う・世界が変わる
気まぐれな日々
楽我記画像メッセ
大津留公彦のブログ
正しい人のままで死なせてください。
アルバイシンの丘
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
★平和と健康★守ろう生かそう憲法9条25条
dr.stoneflyの戯れ言
観劇レビュー&旅行記と日記
Tomorrow is Another Happy
萌え萌え研究日誌
NHK独立運動
f t v 部炉具 -言葉の装い-
Some Kind of Wonderful
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
おにぎり的生活
川辺より
一滴の水
ペガサス・ブログ版
闘うリベラルのチャンネル
労働相談・JMIU博多協議会
日本国憲法擁護連合
ミクロネシアの小さな島・ヤップより
徒然気儘な綴方帳
エクソダス2005《脱米救国》国民運動
TONYの”あなたとJAZZとカクテルと・・・”
ヲシュレッター宣言
愚樵空論
あきおの日記
こんな日は、虹が出るんだ
真実のステートメント
とむ丸の夢
医療制度改革批判と社会保障と憲法
憧れの風
after 911
S氏の時事問題
妄想to悪口
カナダ de 日本語
考えてみよう
doll and peace
正直正太夫の時評
非国際人養成講座
Lovely Lovely
へっぶしんのニュースや日記
土佐高知の雑記帳
Cherchez la Cinemanie!!( 事件の裏に映画バカ有)
気韻頭日記
友だち一万人!
寝言日記
雑談日記(徒然なるままに、。)
反戦な家づくり
BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
北京でライフォ(≠2nd)!
Jovanniの"雨ニモマケズ"
かわうそ実記
世相春秋
独裁制をぶっこわそう!今こそ良識を持つ人は日本の民主化のために勇気を持って発言しよう
そぞろ日記
逍遥録 −衒学城奇譚−
小泉内閣の支持率が一桁台になるまで
華氏451度
はじめの一歩
再出発日記
Watermark
吾輩は猫である
BLOG BLUES
Les Chemins De La Liberte'
A tree at ease
tsurezure-diary-
晴耕雨読
toxandriaの日記
玄耕庵日乗
T.N.君の日記
以前の記事
最新のトラックバック
君よ永遠のうそをついてくれ
from BLOG BLUES
[政府の首脳は全員刑務所..
from 大津留公彦のブログ2
夏まつりが終わりました。
from 大津留公彦のブログ2
きっといいことがあるよ
from BLOG BLUES
ラジオは上杉隆、ニュース..
from 大津留公彦のブログ2
「プロメテウスの火」をコ..
from 大津留公彦のブログ2
ぴあ廃刊に想う、我がここ..
from BLOG BLUES
22人の期間工の挑戦(傍..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
あなたは原発推進ですか廃..
from 大津留公彦のブログ2
俺たちは部品じゃない、人..
from 大津留公彦のブログ2
ソニーは22人の雇い止め..
from 大津留公彦のブログ2
盛田 昭夫さんの教えをス..
from 大津留公彦のブログ2
「人間は忘れることによっ..
from 大津留公彦のブログ2
平成23年中島らもの祥月..
from BLOG BLUES
「旧体制の政治警察」とし..
from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
頑張れ!藤波心「反原発の..
from 大津留公彦のブログ2
制服向上委員会がフジロッ..
from 大津留公彦のブログ2
「原発の電気は安い」は本..
from 大津留公彦のブログ2
日常の途上で…… by 【Les Chemins De La Liberte'】 kikyo
まずはコラムが遅れ、他のコラムニストの方々のスケジュールを狂わせてしまった事を深くお詫び申し上げます。そして、いつにもましての乱文雑文になってしまったことをお許しください。
………………………………………………………………………………………

まず私情を述べれば、「政治」への関心を急速に失いつつある。
市井的な社会問題や子どもを取巻く悲惨な状況に対しては、今も変わらず怒り/哀しみという本能的感情が湧き上がってくるのだが、政治屋ならぬ大根役者どもが飽きもせずに演じ続けている三流茶番劇に対しては心底辟易しており、失笑よりも前に渇いた溜息しか出てこないのである。「芸能ネタ」と同等の価値しか持たぬ此の国の「政治」など論ずる値打ちもなく、虚無に陥る一歩手前の嫌悪感のみが私自身の裡に澱み続けている。

此の国の「政治」は、つまるところ「色と欲とカネ」で全てを語り得るのであろう。





政治屋や官僚は当然のこと、これらの魑魅魍魎どもに涎を垂らして群がる企業や業界団体も、困窮する大衆を踏み付けながら剥き出しの排他的エゴイズムを全開にし、「色と欲とカネ」を我先に手中にせんと、自滅する其の時まで突っ走っている。環境、福祉、格差是正等の美辞麗句を幾ら厚顔無恥に並べ立てようとも、「自律と共生」「政治とは生活である」というスローガンとは裏腹に、強大なる権力を笠に「生活」から「政治」を遮断し、薄汚い私利私欲を充足させる為に、虐げられ追い詰められた人々から更なる収奪を企てる権力者/富裕層/取巻きどもの本懐とは、繰り返すが「色と欲とカネ」でしかないのである。

……「政治にはカネがかかる」

腐蝕した免罪符を振りかざし、もとからカネを浪費しない「政治」など有り得ないなどと己らの無智無能/無策ぶりを公然と晒す。
覇権国家に薄気味悪い“色”目を遣いつつ、「国民」から毟り取ったカネを軍資金として盤上の戦争ゲームへと湯水の如く浪費する。妄想で膨れ上がった盤面の敵/テロリストに対して睨みをきかせるという愚劣パフォーマンスによって、馬鹿な「国民」が目を奪われている其の隙に、己の懐中へと掠め取ったカネを捻じり込む。莫大な献金/賄賂が転がり込む従順なる大企業には税金を優遇し、明るい未来など望むべくもない大衆からは血の一滴まで搾り取る。


……色と欲とカネ。エゴイズムの謳歌。すべてを、この手に。
なんと馬鹿馬鹿しい「世界」であることか。


以下は余談である。

1人あたりの富は日本が世界一 国連大学研究所の調査

国連の研究機関が5日発表した「世界の個人の富の状況」調査で、為替レートで計算した1人あたりでは米国や欧州、産油国も上回って日本が世界で最も豊かな国となる結果が出た。また、世界の成人人口の1%が世界中の家計の「富」の約4割を所有し、世界の約半数を占める貧しい人々は「富」の1%しか所有していないという地球規模の格差の実態も浮き彫りになった。

調査は、国連大学直属の研究機関である国連大学世界開発経済研究所(ヘルシンキ)が初めて実施。00年時の各国政府や国際機構の統計をもとに、不動産や預貯金、株式などの個人の資産から借金などの負債を差し引いたものを「富」と定義した。国有資産となっていることが多い原油などの資源や大企業の資産は除外された。それによると、世界中の家計の富を合計すると125兆ドル。1人あたり2万500ドルとなった。国別に見ると日本は1人あたりの富が18万1000ドル(約2000万円)でトップ。米国の14万4000ドルなどを上回った。
(中略)
貧しい地域では、コンゴ(旧ザイール)が1人あたり180ドル、エチオピアは193ドルなどで、北米やヨーロッパ、日本などとの1000倍規模の激しい格差を示している。世界を10人の集団にたとえると、1人が99%の富を独占し、残りの1%を9人が分けている状態だという。

世界で最も資産の多い1%は、37%が米国に、27%が日本に住んでいた。【2006.12.6 朝日新聞】


「色と欲とカネ」でハチ切れんばかりに膨れ上がった腹を抱えた富める「国家」が、破壊し尽くされて砂漠化した大地の上で餓え死にする子どもを抱えた貧しい「国家」を眼前にして、ゲラゲラと嗤っている。

自国民のみならず、世界の貧しい国々から奪い続けた結果が、上記のデータに示されている。
「世界で最も資産の多い1%」の内、その半分以上を米国並びに従順なる従属国の二国が占めているらしい。流石は「権力」と「カネ」に対しては、凄まじい執着ぶりを発揮する「仲良し」同盟国のことはある。

「世界に誇る」ほんの一握りの富裕層を天上に崇め奉らねばならない我々は、果たして「幸福」なのだろうか。「世界の貧しい国」よりは、ほんの少しは「幸福」だからと、貧しい現実から逃避し、ひと時の矮小なる優越感に浸り切ることができればそれでいいのか。

無論、政治屋や官僚は鼻高々に「YES」と答えるだろう。それこそ我々が成し遂げてきた「政治」の成果だと。富める者/強い者が存在できるのは、貧しい者/弱い者の存在があればこそ。それを生み出す最大の力が「政治」なのだと。その「素晴らしい政治」を享受できるオマエたちは何と「幸福」であることか、と。

「幸福」さえもカネで買う連中に何を語ろうが、結果は判り切っているといえば、それまでか。



そして……電波媒体によって連日の如く垂れ流される政治屋や官僚どもの「色と欲とカネ」塗れの醜態を視て、私は渇いた溜息とともに束の間恥じ入り、すぐにまた日常の些事へと立ち戻っていかねばならない……。
[PR]
by uts_home | 2007-11-09 00:26 | コラム
<< 政治とお金-- by Luxe... 日程の変更 >>
トップ

プロジェクト ホーム
by uts_home
   新着情報


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑各種ランキングに参加しています。投票、よろしくお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧