プロジェクト リンク
EQT
MEDIA

BBS (参加メンバー限定)

趣旨説明
【Under the Sunってなに?】

【あなたもUnder the Sunに参加しませんか】

参加してくださる方は、上の「Under the Sunってなに?(趣旨説明)」の記事に参加表明のコメントを入れるか、あるいは参加表明エントリをTBしてください。

メールはこちらに
uts_home@excite.co.jp




プロジェクト参加メンバー
    現在119名

underground railroad
マイナス思考
希望をもちたい
ポラリス-ある日本共産党支部のブログ
にほん民族解放戦線^o^
鳥居正宏のときどきLOGOS
kimera25
ちろの はねっかえりブログ
どうする日本 北欧の福祉を日本へ
本当のことが知りたい!そして日本の未来を語りたい
プレカリアートのなく頃
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
社会民主主義者の声
poppoのブログ
競艇場から見た風景
花園はここにありました!
Saudadeな日々
PAGES D'ECRITURE
護憲+グループ・ごまめのブログ
そいつは帽子だ!
Meditations-現代の自省録。 現代人への金言集。
ricanikanmuri
老人党リアルグループ「護憲+」ブログ
音楽写真。音楽映像。photographer / Kaz tanaka
真silkroad?
ツァラトゥストラはこう言っている?
非国民通信
日本国憲法万歳
オヤバカ男の言いたい放題
津久井進の弁護士ノート
穴に向かって叫ぶ
風を変えよう
ICCで「人間の安全保障」
どこへ行く、日本。
関係性
tamyレポート
九条を考える
青山はここにありました~社会批判がてんこ盛り!!
星月夜
Lonesome-happy-days
高野 善道のブログ雑記帳
作図屋の独り言
アッテンボローの雑記帳
弱い文明。
そういちの平庵( ゚ ρ ゚ )ボーーーー
映画と出会う・世界が変わる
気まぐれな日々
楽我記画像メッセ
大津留公彦のブログ
正しい人のままで死なせてください。
アルバイシンの丘
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
★平和と健康★守ろう生かそう憲法9条25条
dr.stoneflyの戯れ言
観劇レビュー&旅行記と日記
Tomorrow is Another Happy
萌え萌え研究日誌
NHK独立運動
f t v 部炉具 -言葉の装い-
Some Kind of Wonderful
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
おにぎり的生活
川辺より
一滴の水
ペガサス・ブログ版
闘うリベラルのチャンネル
労働相談・JMIU博多協議会
日本国憲法擁護連合
ミクロネシアの小さな島・ヤップより
徒然気儘な綴方帳
エクソダス2005《脱米救国》国民運動
TONYの”あなたとJAZZとカクテルと・・・”
ヲシュレッター宣言
愚樵空論
あきおの日記
こんな日は、虹が出るんだ
真実のステートメント
とむ丸の夢
医療制度改革批判と社会保障と憲法
憧れの風
after 911
S氏の時事問題
妄想to悪口
カナダ de 日本語
考えてみよう
doll and peace
正直正太夫の時評
非国際人養成講座
Lovely Lovely
へっぶしんのニュースや日記
土佐高知の雑記帳
Cherchez la Cinemanie!!( 事件の裏に映画バカ有)
気韻頭日記
友だち一万人!
寝言日記
雑談日記(徒然なるままに、。)
反戦な家づくり
BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
北京でライフォ(≠2nd)!
Jovanniの"雨ニモマケズ"
かわうそ実記
世相春秋
独裁制をぶっこわそう!今こそ良識を持つ人は日本の民主化のために勇気を持って発言しよう
そぞろ日記
逍遥録 −衒学城奇譚−
小泉内閣の支持率が一桁台になるまで
華氏451度
はじめの一歩
再出発日記
Watermark
吾輩は猫である
BLOG BLUES
Les Chemins De La Liberte'
A tree at ease
tsurezure-diary-
晴耕雨読
toxandriaの日記
玄耕庵日乗
T.N.君の日記
以前の記事
最新のトラックバック
君よ永遠のうそをついてくれ
from BLOG BLUES
[政府の首脳は全員刑務所..
from 大津留公彦のブログ2
夏まつりが終わりました。
from 大津留公彦のブログ2
きっといいことがあるよ
from BLOG BLUES
ラジオは上杉隆、ニュース..
from 大津留公彦のブログ2
「プロメテウスの火」をコ..
from 大津留公彦のブログ2
ぴあ廃刊に想う、我がここ..
from BLOG BLUES
22人の期間工の挑戦(傍..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
あなたは原発推進ですか廃..
from 大津留公彦のブログ2
俺たちは部品じゃない、人..
from 大津留公彦のブログ2
ソニーは22人の雇い止め..
from 大津留公彦のブログ2
盛田 昭夫さんの教えをス..
from 大津留公彦のブログ2
「人間は忘れることによっ..
from 大津留公彦のブログ2
平成23年中島らもの祥月..
from BLOG BLUES
「旧体制の政治警察」とし..
from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
頑張れ!藤波心「反原発の..
from 大津留公彦のブログ2
制服向上委員会がフジロッ..
from 大津留公彦のブログ2
「原発の電気は安い」は本..
from 大津留公彦のブログ2
<   2006年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧
マルコ、青年と出会う--T.N.君の日記
 森の中の「旅の駅」をあとにしたマルコは、Under the Sunを目指して再び歩き始めました。雲の切れ間から射す日の光を目指して歩いていたマルコは、森のはずれの池のほとりで旅の疲れを癒す青年と出会いました。その青年はマルコよりもいくらか年上のようで、どことなく遠い眼差しをしており、どことなく沸々とした怒りを心根に抱えているふうでもありました。そらさんと別れてからここ数日、話し相手もなく歩き続け人恋しくなっていたマルコは、久しぶりに出会ったその青年に声をかけたのでした。

マルコ:あのー、すみません。僕はUnder the Sunを探して、ここ数日森の中を彷徨っていたのですが、この辺にUnder the Sunというパラダイスがあるのをあなたご存知ありませんでしょうか?
青年:Under the Sun? 聞いたこともありませんが、それはいったいなんですか?
マルコ:さあ、私もよく分からないのです。なんだか人と人との繋がりが希薄なこの世の中で、人と人との柔らかな繋がりを求めるパラダイスがあると聞いたのです。私はそれを探して旅をしているのですが、これまでに出会った渡し舟の船頭さんには「それを見つけようと思ったら、自らその問いを求めることだ」と言われ、タクシーの運転手には、「そもそも人との繋がりは、人それぞれが違うからこそ生まれる」と、そして「旅の駅」の女将さんには「誰かのためにやっているわけじゃなくても、誰かのためになっていることがある」というなんだか愛に満ちた雰囲気を教わった気がします。でも、誰もUnder the Sunの場所は教えてくれませんでした。
青年:なるほど、興味深いですね。繋がりを求めるパラダイスですか。実は私も繋がりとはなんだろうかという疑問に駆られ旅をしている途中なのです。
マルコ:え、それではあなたもUnder the Sunを探しているのですね。
青年:いいえ。Under the Sunを探している訳ではありません。生命における繋がりとはなんだろうかということを考えていたのです。

More
[PR]
by uts_home | 2006-06-30 02:54 | コラム
つながり&UTSが好きだ---by玄耕庵日乗
みなさんマルコの物語を紡いでいかれる力量と技量にただただ感服しております。いや~楽しい&参りました。

本日は本来なら連載4回目なのですが、あんまり話が進むと後続の方もお困りになるだろうと思い(言い訳)、ちょっとマルコとは別の内容でお許しください。
実際はカタカナ名前の登場人物に馴染みが薄い性分で(ドラゴンクエストも第1作途中で挫折)アイディアが浮かばないのと、今週は火・木と就職試験があり、それで頭がいっぱいなのでコラムの内容をひねり出せなかったというところです。ご容赦ください。
以下、以前「玄耕庵日乗」に書いたものの転載です。素楽に優しいリサイクルw。

More
[PR]
by uts_home | 2006-06-28 00:00 | コラム
人はなぜ繋がりを求めるか--青年マルコの冒険(3) by そら
「まいったなぁ…」
タクシーを降りたマルコは、目前に広がる草原と森林を見つめながら途方に暮れていた。何しろ、McRash運転手によると『Under the Sun』は、どうやらあちこち移動するらしいのだ。
「Under the Sunって…もしかして、村の名前じゃないのかな?だって、土地が移動するわけないもんな。でも、じゃあどうやって行けばいいんだろう…」
ふと、船頭luxemburgの言葉を思い出した。
(自分が本当に直面する問いに自分で答えを出す、それができてはじめてこの川を渡れるんだって、luxemburgさんは言ってたよな…)
だとしたら、人影も無いこの場所で、自分が『Under the Sun』を目指す手がかりはひとつだ。
「…大丈夫。僕は川を渡れたじゃないか。」
そう口にするとマルコは、McRash運転手の言葉を頼りに上空を覆う厚い雲の切れ間、僅かに覗く青い空を目指し歩き出した。

「あ、あれは何だろう?」
[PR]
by uts_home | 2006-06-26 00:00 | コラム
人はなぜ繋がりを求めるか--青年マルコの冒険(2) by McRash
(何故か寄席のお囃子風に音楽が流れ出す。Peter Gabrielの"San Jacinto"が出囃子とは…。そして高座に上がってくるのは、頭頂部の薄い蓬髪に無精ひげ、着物が似合いそうにない格好の、どこかうらぶれた大男。座布団の上に正座するとまずは深く頭を垂れて)

えー、皆様には初めてお目にかかることになろうかと思いまして、折角ですから顔と名前と覚えていっていただけると嬉しいかな、なんて思っておりますが、この後のお目当てをお楽しみに、どうか一席、歯を食いしばって辛抱してお付き合いをいただければと思います。

あたしの名前…あそこにめくりがございますが、なんだかローマ字むっつでM、c、R、a、s、h、ってありますよね、McRashって言います。こんな見るからにむさ苦しいおっさんですんで、見た目のことは覚えていただかなくて結構ですが、まぁともかく一席お付き合いの程を願っておきますが。

「なんとか、着きましたねぇ…船頭さん、ありがとうございました」

「人はなぜ繋がりを求めるか」号なんてぇ名前の渡船が船着き場に着きました。船頭のluxemburgさんと、乗客の青年マルコ。降りてくると、その前にはなぜかタクシープールなんぞがあったりしまして。

どうする俺…続くっ!(違)
[PR]
by uts_home | 2006-06-23 00:00 | コラム
人はなぜ繋がりを求めるか--青年マルコの冒険(1) by luxemburg
 冒険の旅に出たマルコ、ブログパラダイス"Under the Sun"を求めて今日も未知の世界を進む。

More
[PR]
by uts_home | 2006-06-21 00:00 | コラム
コラムリニューアル--T.N.君の日記
 先週、「Under the Sunとは何?」というテーマで麗子お嬢様をお迎えして繰り広げられた多種多様なUnder the Sun論。みんなますます人と人との繋がりを希薄にする社会に疑問を抱き、何らかの繋がりを求めてUnder the Sunに集まって来られていることが分かりました。昨年の12月17日に始めたUnder the Sunが60を超える方が参加され、日々の総アクセスも3万を超えるにまで成長したのも、ひとえに皆様方のお力添えのお陰だと心より感謝申し上げます。

 Under the Sunは皆さんのトラックバックセンターとしての機能を担うべく船出しましたが、トラックバック、アクセスともあまり伸びず、その航海は決して順調なものではありませんでした。少しでも人の集う場所にしていきたい、そんな思いから、4月より6人のレギュラーコラムニストを迎え、日々文芸的コラムをアップして来ました。各コラムニストの力のこもったエントリーに支えられ、多くの方々が訪れるのを楽しみにして下さるサイトになりました。この場を借りて、羽をむしりつつ書いて下さったコラムニストの方々に感謝を申し上げます。

 

More
[PR]
by uts_home | 2006-06-19 02:01
お嬢様とUTSの締めくくり――日替わりコラム(日曜日:ゲストの代わりに華氏451度)
(今回は面倒臭いテーマなので、ゲストにお願いするのは申し訳ない、ややこしい招待状を出したおまえが責任とって幕を下ろせ――という話になりまして、やむなく私がしゃしゃり出ました……すみません)

西園寺家のテラスで、麗子お嬢様が籐椅子にぐったりと背をもたせかけている。

ばあや:お嬢さま、随分お疲れのご様子……。Under the Sunに行かれたのが、よろしくなかったのでしょうか。

麗子:確かに疲れちゃったかも。……小難しい話はできないなんて言いながら、皆さん洪水のように難し~いお話をなさって。宿題を山のように渡された感じで、頭の中がもつれた毛糸状態なの。

その時、木の上で「きゃはははは」とカン高い笑い声。

麗子・ばあや:きゃああああ~!

More
[PR]
by uts_home | 2006-06-18 01:59 | コラム
新TBC構築について (玄耕庵日乗のワガママ)
私個人があまり閲覧時間が長くとれず極々決まった方々のブログしか巡回しないので、個人的にUTSに希望するものとして、一旦閉鎖したもののやはり話題別のトラックバックセンターが欲しいなと思い、現在新しいものを準備中なのですが、寄稿して下さる方がいないとトラックバックセンターは成り立ちません。

そこで、新しい話題別のトラックバックセンターは必要かどうかメンバーの方にお聞きしたいと思います。是非ご意見お聞かせください。必要と思われる方が少なければ構築する意味がありませんので。

そして必要と思われる方は、扱って欲しいカテゴリや話題を挙げて頂けたらと思います。
またそのカテゴリ・話題の文面も考えていただけたら助かるなぁ、と虫のいいことを思っています。

個人的なワガママで皆さんのところにTBさせて頂き申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

なお準備中のものは下記URLです。
http://uts06.blog71.fc2.com/
アドバイス、また共に作業していただける方おられましたら望外の喜びです。
[PR]
by uts_home | 2006-06-17 10:18 | 今日の思いつき
麗子お嬢様みやう?邸へ行く-連載コラム11回目
どうもみなさまこんばんは、サタデーコラムニスト「そぞろ日記」のみやう?でございます。みなさんお嬢様という存在を苦手に思っているのか、なかなか手厳しい歓迎振りで麗子お嬢様はご機嫌がかなり麗しくない状態で、みやう?邸にやってまいりました。

麗子:いったいぜんたい、どうなっているのかしら。この「Under the Sun」にかかわっている方々ときたら、礼儀もなにもあったものじゃありませんわ。無礼きわまりませんわ。私、ご招待状をいただいて、今巷で話題のブログを使って、新しい試みをなさっているということで、興味を抱きましたのに。「Under the Sun」の理念ですとか、発足のきっかけですとかもっと高尚なお話を伺えるのではないかと楽しみにしていましたのに。ご自分で出てこずに、行きつけのお茶屋の舞妓に相手をさせたり、いたくお酒を召されたご様子でエゴだのなんだのおっしゃったり、そうかと思えば、情報など意味が無いと口角沫を飛ばして力説される方がいたり、いったいぜんたいなんのために私を招待したのかしら。

ばあや:麗子様、あと一軒残っておりますよ。さ、美しいお顔がお怒りで歪んでいては台無しです。気を取り直して訪問してみましょう。…あら、この住所ですと…。………。いままでにましてみすぼらしいお宅でございますねぇ。

麗子:そ…そうですわね。

ピンポーン(貧乏臭い音)

みやう?:はーい。どちらさまですか?

麗子:「Under the Sun」のご招待で参りました西園寺麗子と申します。

みやう?:え?サイオンジレイコ??新聞の勧誘じゃないだろうね。私は、ゴミになるから新聞は取りませんよ。

麗子:そんなことおっしゃらずに、洗剤1年分と巨人軍のチケットプレゼントしますから…。

ばあや:お嬢様、相手のペースに呑まれてボケている場合ではないですよ。ええと…みやう?さまでいらっしゃいますね。うちのお嬢様は、この(猫スタンプつきの)ご招待状を頂きまして、いわれるがまま次々と「Under the Sun」のメンバーのみなさまのお宅を訪問いたしまして、T.N.君という方から、次はこの住所を訪ねるようにと言われてご訪問した次第です。ですから、扉を開けていただけないでしょうか。

みやう?:(…あ、そういえばメールで「お嬢様が来るから適当に相手をしてやって」ってこのこと??やばい…部屋片付けてねーよ!)ああ!!、あなたが例の「お嬢様」ですか、えーと、ちょーっと待っててね。

麗子:(なんだか今度の方はやたらとフレンドリーというか馴れ馴れしいというか、また、変わった方のようですわね)あ、はい。

10分経過

More
[PR]
by uts_home | 2006-06-16 23:13 | コラム
情報なんて--日替わりコラム:金曜日--T.N.君の日記
麗子お嬢さんとやらがUnder the Sunに遊びにおいでとのことだが、田舎者の私はお嬢様のもてなし方を心得ていない。まして、あまり縁のなかったお嬢様と聞くとつい意地悪したくなってしまう。

麗子: 貴方がTN君という方ですか?いつもお堅い文章をお書きなさるので、お目にかかるのちょっと怖かったわ。でもそうでもなさそうね。

T.N.君: ・・・。

麗子: Under the Sunについてお聞かせいただけると聞いて訪ねてきましたの。どうぞお話してくださるかしら。

T.N.君: 単刀直入ですな、お嬢様は。Under the Sunについて僕に聞いても仕方がないと思いますよ。

麗子: でも、かなりUnder the Sunに中心的に関わっていらっしゃる方だとお聞きしていますの。物事は何でもその中心人物にインタビューする方が本質に迫れるといいますもの。これまでの方々のお話を聞いて私すっごく興味を持っておりますのよ。Under the Sunに。

More
[PR]
by uts_home | 2006-06-16 00:01 | コラム
トップ