プロジェクト リンク
EQT
MEDIA

BBS (参加メンバー限定)

趣旨説明
【Under the Sunってなに?】

【あなたもUnder the Sunに参加しませんか】

参加してくださる方は、上の「Under the Sunってなに?(趣旨説明)」の記事に参加表明のコメントを入れるか、あるいは参加表明エントリをTBしてください。

メールはこちらに
uts_home@excite.co.jp




プロジェクト参加メンバー
    現在119名

underground railroad
マイナス思考
希望をもちたい
ポラリス-ある日本共産党支部のブログ
にほん民族解放戦線^o^
鳥居正宏のときどきLOGOS
kimera25
ちろの はねっかえりブログ
どうする日本 北欧の福祉を日本へ
本当のことが知りたい!そして日本の未来を語りたい
プレカリアートのなく頃
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
社会民主主義者の声
poppoのブログ
競艇場から見た風景
花園はここにありました!
Saudadeな日々
PAGES D'ECRITURE
護憲+グループ・ごまめのブログ
そいつは帽子だ!
Meditations-現代の自省録。 現代人への金言集。
ricanikanmuri
老人党リアルグループ「護憲+」ブログ
音楽写真。音楽映像。photographer / Kaz tanaka
真silkroad?
ツァラトゥストラはこう言っている?
非国民通信
日本国憲法万歳
オヤバカ男の言いたい放題
津久井進の弁護士ノート
穴に向かって叫ぶ
風を変えよう
ICCで「人間の安全保障」
どこへ行く、日本。
関係性
tamyレポート
九条を考える
青山はここにありました~社会批判がてんこ盛り!!
星月夜
Lonesome-happy-days
高野 善道のブログ雑記帳
作図屋の独り言
アッテンボローの雑記帳
弱い文明。
そういちの平庵( ゚ ρ ゚ )ボーーーー
映画と出会う・世界が変わる
気まぐれな日々
楽我記画像メッセ
大津留公彦のブログ
正しい人のままで死なせてください。
アルバイシンの丘
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
★平和と健康★守ろう生かそう憲法9条25条
dr.stoneflyの戯れ言
観劇レビュー&旅行記と日記
Tomorrow is Another Happy
萌え萌え研究日誌
NHK独立運動
f t v 部炉具 -言葉の装い-
Some Kind of Wonderful
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
おにぎり的生活
川辺より
一滴の水
ペガサス・ブログ版
闘うリベラルのチャンネル
労働相談・JMIU博多協議会
日本国憲法擁護連合
ミクロネシアの小さな島・ヤップより
徒然気儘な綴方帳
エクソダス2005《脱米救国》国民運動
TONYの”あなたとJAZZとカクテルと・・・”
ヲシュレッター宣言
愚樵空論
あきおの日記
こんな日は、虹が出るんだ
真実のステートメント
とむ丸の夢
医療制度改革批判と社会保障と憲法
憧れの風
after 911
S氏の時事問題
妄想to悪口
カナダ de 日本語
考えてみよう
doll and peace
正直正太夫の時評
非国際人養成講座
Lovely Lovely
へっぶしんのニュースや日記
土佐高知の雑記帳
Cherchez la Cinemanie!!( 事件の裏に映画バカ有)
気韻頭日記
友だち一万人!
寝言日記
雑談日記(徒然なるままに、。)
反戦な家づくり
BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
北京でライフォ(≠2nd)!
Jovanniの"雨ニモマケズ"
かわうそ実記
世相春秋
独裁制をぶっこわそう!今こそ良識を持つ人は日本の民主化のために勇気を持って発言しよう
そぞろ日記
逍遥録 −衒学城奇譚−
小泉内閣の支持率が一桁台になるまで
華氏451度
はじめの一歩
再出発日記
Watermark
吾輩は猫である
BLOG BLUES
Les Chemins De La Liberte'
A tree at ease
tsurezure-diary-
晴耕雨読
toxandriaの日記
玄耕庵日乗
T.N.君の日記
以前の記事
最新のトラックバック
君よ永遠のうそをついてくれ
from BLOG BLUES
[政府の首脳は全員刑務所..
from 大津留公彦のブログ2
夏まつりが終わりました。
from 大津留公彦のブログ2
きっといいことがあるよ
from BLOG BLUES
ラジオは上杉隆、ニュース..
from 大津留公彦のブログ2
「プロメテウスの火」をコ..
from 大津留公彦のブログ2
ぴあ廃刊に想う、我がここ..
from BLOG BLUES
22人の期間工の挑戦(傍..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
あなたは原発推進ですか廃..
from 大津留公彦のブログ2
俺たちは部品じゃない、人..
from 大津留公彦のブログ2
ソニーは22人の雇い止め..
from 大津留公彦のブログ2
盛田 昭夫さんの教えをス..
from 大津留公彦のブログ2
「人間は忘れることによっ..
from 大津留公彦のブログ2
平成23年中島らもの祥月..
from BLOG BLUES
「旧体制の政治警察」とし..
from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
頑張れ!藤波心「反原発の..
from 大津留公彦のブログ2
制服向上委員会がフジロッ..
from 大津留公彦のブログ2
「原発の電気は安い」は本..
from 大津留公彦のブログ2
<   2007年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
風が吹くとき---T.N.君の日記
 心地よい風に促されて、久しぶりの朝寝坊から僕はゆっくりと目を覚ました。こんなにも柔らかな陽気にもかかわらず、最近の僕は、夢の中で「線と風」にうなされてばかりいる。

 他人の悪夢は支離滅裂で、語られても迷惑千万なのだが、誰かに伝えないと恐くていられないのでお許しいただきたい。

Nightmare
[PR]
by uts_home | 2007-04-30 00:49 | コラム
「風の寓話」
あらら、華氏451度さんと題名が被ってしまったと、思いつつ、ほかの題名も思いつかないので、えい!やー!とそのまま投稿いたします。「そぞろ日記」のmiyauでございます。

統一地方選挙が終わって、今の日本の民主主義の度合いがどの程度かが、ある程度示されたのですが、最大多数は、投票に行かない人々ということで、さぞや首相殿は胸をなでおろされていることでしょう。

これで、国民は政治を監視する気力を無くしている事が明らかになったのですからやりたい放題ですね。国民投票法案だろうが少年法改正案だろうが、だれが異論反論を唱えようが、イケイケドンドンと景気良く地獄の釜の蓋を開けようと必死でございますね。私は、彼らとともに地獄に行く気はさらさら無いので、徹底的に抵抗勢力としてがんばろーと思っているのですがね。

前置きはこれくらいで
[PR]
by uts_home | 2007-04-25 23:56 | コラム
「風の童話」by華氏451度
 雨の音が眠りを破ることはめったにないのに、風の音でしばしば目覚めるのはなぜだろう。雨は目に視えるが風は視えず、雨は貯めることができるが風は掴むこともできず、そしていつも何処か遠いところからやってきて立ち止まることなく去って行く感じがするからだろうか。
 思えば風というのは本当に不思議な存在だ。確かに在るのは感触と、そして音だけ。しかも音の方は耳元でヒュウヒュウと鳴る音などそれ自体の――空気の流れが発する音よりも、葉ずれの音であったり何かがはためく音であったり、つまり風によって引き起こされたものを耳にしていることが多い。姿形は無く、匂いもない。風の匂いと言われるのは、正しくは風が運んできた匂いである。花の香りも海の匂いも近所の夕食の匂いも、風が運んでくる。

 今日は、その「風」を登場させた短い童話?(もどき)でお茶を濁そうかと……。

More
[PR]
by uts_home | 2007-04-24 02:07 | コラム
翼なき風見鶏……by 【Les Chemins De La Liberte'】 kikyo

片翼をもぎ取られ急激に右へと傾いた風見鶏が、横殴りの雨に打たれたまま彼方を指し示した。其処は、嘗て一瞬にして壊滅した原爆の地……ナガサキ。


志半ばにして無念の死を遂げた、長崎市長伊藤一長氏。

……事件当夜、市長殺害に際して「捜査当局において厳正に捜査が行われ、真相が究明されることを望む」などと、何等緊急性のない些事扱いで表面的/御座なりの「感想」を述べてのち眠りを貪った安倍晋三は、一夜明けて大衆に与えた衝撃の深さと己の浅はかさをようやく思い知り、寝呆けた頭のまま大慌てで次の如き発言を付け加えた。

「民主主義への挑戦、許さぬ」=長崎市長銃撃で安倍首相

安倍晋三首相は18日午前、長崎市の伊藤一長市長が銃撃され死亡した事件について「選挙期間中の凶行というのは、民主主義への挑戦であり、断じて許すわけにはいかない。こうした暴力を断固として撲滅していかなければならない」と述べ、政治活動や言論への暴力には断固とした姿勢で対処する考えを強調した。また、首相は「(伊藤市長を)県議会議員時代から存じ上げていた。ご冥福を衷心よりお祈りしたい。家族の皆様の悲しみや怒りを察すると余りあるものがある」と語った。首相公邸前で記者団の質問に答えた。【2007.4.18 時事通信】


流石は人心を掌握する才能を一切持ち合わせない御仁である。
祖父の代から土足で踏み躙ってきた泥塗れの「民主主義」を、都合の良い時だけ我が物顔で持ち出し、「民主主義への挑戦」「暴力を断固として撲滅」する、と武装した護衛の隙間から能面を覗かせて呟く。

More
[PR]
by uts_home | 2007-04-19 16:16 | コラム
七歩の詩(18)--日替わりコラム(「逍遥録-衒学城奇譚-」発掘屋)
【風の中でボクらは】

白い帆に風をはらませて、海の上を走るヨットの原理をご存知でしょうか?
ヨットは動力を持たず、またヒトが漕いで前進するのでもなく、まったく純粋に風の力だけで動きます。

人類が丸木舟や葦を編んだ船で最初に海に乗り出したころは、推進力はヒトが手で漕ぐだけでしたが、すぐに帆を揚げて、風の力を利用することをおぼえました。
古代エジプトでは、数千年前から帆走する船があったそうです。
しかしその原理は、船の進行方向に対して直角程度に張り渡した帆に風を受けて、後ろから押されることによって前進するだけであり、ほぼ風下方向に推進するコトに限定されたものでした。
これを横帆と云います。
そのため航海する方向が限定され、漕ぎ手を併行して使ったり、風待ちの必要があったりと、ついやされる労力も時間も効率的ではありませんでした。
また風向きが変化しやすい、沿岸付近での操帆がむずかしかいといった欠点もあります。
そこで人類は、やがて風上方向へ進むための技術を考えだします。

More
[PR]
by uts_home | 2007-04-15 23:39 | コラム
次回コラムのお題は 『風』 です
 お待たせ致しました。次節コラムのお題を発表致します。
 お題は、華氏さんのアイディアで、『風』です。

 落胆と憤慨ばかりですが、草花の香りを大きく吸い込み、新緑の淡い黄緑色をただボーッと眺めていると、なんだか生命力が漲ってきます。

 「人生はながいよ」
 先日、先輩にそう諭されました。
 「何を言ってんだよ」と思いつつ、徐々に、「そうかもしれないな」と、思うようになりました。
 そして、全く微力だけれども、UTSに復帰しようと思いました。
 
 華氏さん、発掘屋さんはじめ、コラムニストの方々、UTSを応援して下さった方々、色々と本当にありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。(文責:T.N.君の日記)


 さて、順番ですが、僕の方で勝手にあみだくじを引かせて頂きました。今節はGWと重なるため、都合の悪い方は是非早めに申し出て下さったらと思います。なんとかやりくりしていきましょう。

第 1回 4月16日(月) 逍遥録-衒学城奇譚-
第 2回 4月19日(木) Les Chemins De La Liberte'
第 3回 4月23日(月) 華氏451度
第 4回 4月26日(木) そぞろ日記
第 5回 4月30日(月) T.N.君の日記
第 6回 5月 3日(木) 再出発日記
第 7回 5月 7日(月) A Tree at ease
第 8回 5月10日(木) 徒然気儘な綴方帳 
第 9回 5月14日(月) ミクロネシアの小さな島――ヤップより
第10回 5月17日(木)  (ゲスト)

(文責:T.N.君の日記)
[PR]
by uts_home | 2007-04-11 23:19 | お知らせ
アンケート結果発表です
【設問:国民投票法案は必要か?】

「Under the Sun-EQT-」では「国民投票法案」についてのアンケートをおこないました。
結果をごらんください。

文責:「逍遥録−衒学城奇譚−」発掘屋
[PR]
by uts_home | 2007-04-04 00:58 | お知らせ
選ぶことを選ぶ--by luxemburg
 私は結構選択というものそれ自体が好きで、ものを買うときにも結構確信を持って選択する。たかがレストランで料理を選ぶときでも、これだ、とひらめいたように決めてしまい、そうなると他の料理はまずそうにすら思えてくる。ただし、その選択に固執するわけではなく、何らかの情報が与えられた瞬間(選んだ料理のカロリーが高すぎることに気づいたなど)、全く別の選択にこれまた確信を持って乗り換える。

More
[PR]
by uts_home | 2007-04-02 00:13 | コラム
トップ

プロジェクト ホーム
by uts_home
   新着情報


ブログランキング・にほんブログ村へ

↑各種ランキングに参加しています。投票、よろしくお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧