プロジェクト リンク
EQT
MEDIA

BBS (参加メンバー限定)

趣旨説明
【Under the Sunってなに?】

【あなたもUnder the Sunに参加しませんか】

参加してくださる方は、上の「Under the Sunってなに?(趣旨説明)」の記事に参加表明のコメントを入れるか、あるいは参加表明エントリをTBしてください。

メールはこちらに
uts_home@excite.co.jp




プロジェクト参加メンバー
    現在119名

underground railroad
マイナス思考
希望をもちたい
ポラリス-ある日本共産党支部のブログ
にほん民族解放戦線^o^
鳥居正宏のときどきLOGOS
kimera25
ちろの はねっかえりブログ
どうする日本 北欧の福祉を日本へ
本当のことが知りたい!そして日本の未来を語りたい
プレカリアートのなく頃
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
社会民主主義者の声
poppoのブログ
競艇場から見た風景
花園はここにありました!
Saudadeな日々
PAGES D'ECRITURE
護憲+グループ・ごまめのブログ
そいつは帽子だ!
Meditations-現代の自省録。 現代人への金言集。
ricanikanmuri
老人党リアルグループ「護憲+」ブログ
音楽写真。音楽映像。photographer / Kaz tanaka
真silkroad?
ツァラトゥストラはこう言っている?
非国民通信
日本国憲法万歳
オヤバカ男の言いたい放題
津久井進の弁護士ノート
穴に向かって叫ぶ
風を変えよう
ICCで「人間の安全保障」
どこへ行く、日本。
関係性
tamyレポート
九条を考える
青山はここにありました~社会批判がてんこ盛り!!
星月夜
Lonesome-happy-days
高野 善道のブログ雑記帳
作図屋の独り言
アッテンボローの雑記帳
弱い文明。
そういちの平庵( ゚ ρ ゚ )ボーーーー
映画と出会う・世界が変わる
気まぐれな日々
楽我記画像メッセ
大津留公彦のブログ
正しい人のままで死なせてください。
アルバイシンの丘
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
★平和と健康★守ろう生かそう憲法9条25条
dr.stoneflyの戯れ言
観劇レビュー&旅行記と日記
Tomorrow is Another Happy
萌え萌え研究日誌
NHK独立運動
f t v 部炉具 -言葉の装い-
Some Kind of Wonderful
嗚呼、負け犬の遠吠え日記
おにぎり的生活
川辺より
一滴の水
ペガサス・ブログ版
闘うリベラルのチャンネル
労働相談・JMIU博多協議会
日本国憲法擁護連合
ミクロネシアの小さな島・ヤップより
徒然気儘な綴方帳
エクソダス2005《脱米救国》国民運動
TONYの”あなたとJAZZとカクテルと・・・”
ヲシュレッター宣言
愚樵空論
あきおの日記
こんな日は、虹が出るんだ
真実のステートメント
とむ丸の夢
医療制度改革批判と社会保障と憲法
憧れの風
after 911
S氏の時事問題
妄想to悪口
カナダ de 日本語
考えてみよう
doll and peace
正直正太夫の時評
非国際人養成講座
Lovely Lovely
へっぶしんのニュースや日記
土佐高知の雑記帳
Cherchez la Cinemanie!!( 事件の裏に映画バカ有)
気韻頭日記
友だち一万人!
寝言日記
雑談日記(徒然なるままに、。)
反戦な家づくり
BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
北京でライフォ(≠2nd)!
Jovanniの"雨ニモマケズ"
かわうそ実記
世相春秋
独裁制をぶっこわそう!今こそ良識を持つ人は日本の民主化のために勇気を持って発言しよう
そぞろ日記
逍遥録 −衒学城奇譚−
小泉内閣の支持率が一桁台になるまで
華氏451度
はじめの一歩
再出発日記
Watermark
吾輩は猫である
BLOG BLUES
Les Chemins De La Liberte'
A tree at ease
tsurezure-diary-
晴耕雨読
toxandriaの日記
玄耕庵日乗
T.N.君の日記
以前の記事
最新のトラックバック
君よ永遠のうそをついてくれ
from BLOG BLUES
[政府の首脳は全員刑務所..
from 大津留公彦のブログ2
夏まつりが終わりました。
from 大津留公彦のブログ2
きっといいことがあるよ
from BLOG BLUES
ラジオは上杉隆、ニュース..
from 大津留公彦のブログ2
「プロメテウスの火」をコ..
from 大津留公彦のブログ2
ぴあ廃刊に想う、我がここ..
from BLOG BLUES
22人の期間工の挑戦(傍..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
憲法21条と19条違反の..
from 大津留公彦のブログ2
あなたは原発推進ですか廃..
from 大津留公彦のブログ2
俺たちは部品じゃない、人..
from 大津留公彦のブログ2
ソニーは22人の雇い止め..
from 大津留公彦のブログ2
盛田 昭夫さんの教えをス..
from 大津留公彦のブログ2
「人間は忘れることによっ..
from 大津留公彦のブログ2
平成23年中島らもの祥月..
from BLOG BLUES
「旧体制の政治警察」とし..
from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
頑張れ!藤波心「反原発の..
from 大津留公彦のブログ2
制服向上委員会がフジロッ..
from 大津留公彦のブログ2
「原発の電気は安い」は本..
from 大津留公彦のブログ2
<   2007年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
韓国に拘る by「再出発日記」くま
遅刻しました。御免なさい。
9月3日から10日にかけておそらく8回目の韓国旅行をしてきました。いわゆる観光コースではない所ばかり行ってきました。ブログ読者から、「韓国がクマさんを引きつけるのは何によって?」という質問を頂きました。それには「日本に興味があるからです。日本のことをもっと知りたいと思うから、先ずはお隣の国を知りたいと思ったのです。」と答えました。
私が韓国に拘るのはその一言に尽きているのですが、もう少し詳しく説明することによって今回の御題の責を果たそうと思います。

More
[PR]
by uts_home | 2007-09-28 07:45 | コラム
こだわらない自分にこだわる-- by Luxemburg
 言葉の意味は変転するもので、以前はこだわりというと悪い意味どころか、こだわりを捨てろ、などと捨てる対象であることも多かった。逆に、こだわりのない性格は、子供には望ましいとされ、確かに新しいものを柔軟に取り入れていく長所であって、それは性格というより能力ともいえるものだったように思う。
 ところがいつの頃からか、シェフのこだわり、などという言葉がほめ言葉になり、昔ながらの製法にこだわった、といわれるとそれだけでなんだかおいしいように思えるようになってきた。もちろん、以前からラーメン屋や寿司屋のオヤジのがんこさは、おいしさの象徴のようなイメージがあったが、それはこだわりというよりそのオヤジの味に対する信念のようなものだった。

More
[PR]
by uts_home | 2007-09-20 20:31
血の絆…… by 【Les Chemins De La Liberte'】 kikyo
歳をとった所為か、もしくは新米の父親として愛する子どもと日々接している所為なのか、今までは見過ごしがちであった「家族」を巡る社会的事件に、激しく心を揺さぶられることが多くなった。中でも、幼児虐待や子殺し/親殺しという極めて異常なケースに色濃く漂う絶望感/頽廃観には、時に茫然とする程の衝撃を受けている。極限的状況で立ち現れる「血の絆」にこだわれば、自ずと視えてくるものがある。


本日(2007.9.18)京都府京田辺市に於いて、警察官の父親を持つ16歳の少女が、近所のホームセンターで購入したとされる斧で父親の首を切り、殺害した。「父が嫌いだった」というのが其の動機だという。特筆すべきは、其の残忍極まりない殺害方法である。親子という関係性を一瞬にして断ち切ろうとして、少女は敢えて「手斧」を選んだのであろうか。だとしたら、彼女は裏切られたであろう。振り下ろした斧によって大量に浴びた「返り血」とは、親子としての「血の繋がり」をまさに象徴し、其の痕跡を消し去ることなど不可能である、と逆に悟ったであろうから。

More
[PR]
by uts_home | 2007-09-18 18:50 | コラム
七歩の詩(22)--日替わりコラム(「逍遥録-衒学城奇譚-」発掘屋)
【迷走の旅を終えたひ弱な少年がソコにいる】
2007年9月12日、われらが偉大なるシュショーにして、おとぎの国“うちゅくぴいくに”の創造主たるアベタンが、辞意を表明しました。
ホントなら「Under the Sun」のコラムでこういった話題をしちゃうと、それこそKYコラムになっちゃいますが、今回だけはご容赦いただいて今回のお題「こだわっているコト」とからめて少しだけ書いてみたいと思います。

f0051075_21511325.jpg


More
[PR]
by uts_home | 2007-09-14 00:40 | コラム
「日本酒ルネサンス」by玄耕庵日乗
バイト先の郵便局が民営化を10.1に控え、バイトの身分の私も何だか少し気忙しく感じる今日この頃です。みなさま如何お過ごしでしょうか、素楽です。
郵政解散による総選挙の余波が、2年後の今頃、現場にはリアルなものとなっているわけですが、気楽なバイトの身分から観察していますと、まあやっぱり図体の大きいところは、その体を変えるのも中々難儀で面倒臭そうなわけであります。おかげさまで、いろんな意味で面白い毎日を過ごさせて頂いております。

さて、今回のお題の「こだわり」、私、この言葉にあまりポジティブなイメージを抱いておりません。どうにも「拘泥」するといったような負の印象を持ってしまいます。試しにいつものように「新明解国語辞典(第五版)」を引いてみます。

こだわる<拘る>
一、どうでもいい(とらわれてはならない)問題を必要以上に気にする。
二、他人はどう評価しようが、その人にとっては意義のあることだと考え、その物事に深い思い入れをする。

この一、のほうの意味が私の頭にこびり付いているようで、あまりこだわりなく今までの日々を送って参りましたので、あまり「私のこだわり」といったようなものがありません。なので、二、のほうの意味での、最近のマイブーム(古!)についてなぞ綴っていこうかなと思います。

More
[PR]
by uts_home | 2007-09-11 00:04 | コラム
次節のお題は「こだわり」
 残暑お見舞い申し上げます。

 と挨拶したものの、南北に長い日本。9月の風景は各地で表情が様々といったところでしょうか。

 これまで20あまりのお題のもと、コラムをリレーして来ました。この度、ソーシャル・ブックマークサービスからUnder the Sunへのアクセスが期待されるようにと、そぞろ日記のmiyauさんが、これまで綴って来た過去のコラムをアクセスし易いように整理し(まだ管理パスワードを持っている方限定であるところが心苦しいところですが・・・)、はてなブックマークなどのソーシャル・ブックマークサービスにUnder the Sunの記事が反映されるようにしてくださりました。ありがとうございます。
 その過程で、改めて各々のコラムを読み返す機会に遭遇しました。同じお題でも切り口も語り口も様々で、コラムニストのこだわりや個性が随所に溢れていることに気づきます。その時あまり気にかけずにいたフレーズが今になって甦ってくる、そんな感覚もありました。

 そんな個性豊かなコラムニストに今度は「こだわり」というお題で一筆したためて頂きたく存じます。

 順番ですが、例によってくじを引かせて頂きました。

9月10日(月) 玄耕庵日乗
9月13日(木) 逍遥録-衒学城奇譚-
9月17日(月) Les Chemins De La Liberte'
9月20日(木) A tree at ease
9月24日(月) ミクロネシアの小さな島・ヤップより
9月27日(木) 再出発日記
10月1日(月) 華氏451度
10月4日(木) T.N.君の日記
10月8日(月) 徒然気儘な綴方帳
10月11日(木) そぞろ日記

宜しくお願いします。

(文責:T.N.君の日記)
[PR]
by uts_home | 2007-09-06 21:43 | お知らせ
夏と、浴衣と、線香花火…… by 【Les Chemins De La Liberte'】 kikyo
少年時代。

家族でよく近所の夏祭りへと出掛けた。
左手に幼き妹の手を握りしめ、右手にはボロボロになった団扇。

白と藍色で彩色されたぶかぶかの浴衣の裾を引き摺りながら、
カランカランと下駄を鳴らし、人いきれの中をそぞろ歩く。

遠く連なる山の上空に、紅いアンタレスの輝きと、
流れゆく薄い雲の隙間には、上弦の月を掠めゆく名も知らぬ鳥の影。

More
[PR]
by uts_home | 2007-09-03 14:25 | コラム
トップ